★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [人と話] マリファナ 1g 3000ウォン,エクスタシー 1錠当たり4万ウォン,ヒロポン 0.03g 10万ウォン
2009年08月16日 (日) | 編集 |
追徴金で推正した麻薬気配

マリファナ 0.5g 1500ウォン,エクスタシー一錠 4万ウォン,ヒロポン 1回分 10万ウォン,ケタミン 1袋 15万ウォン….

最 近麻薬投薬疑いに起訴された芸能人たちに対する判決が出ながら麻薬相場輪郭を現わした.麻薬事犯には投薬した麻薬の全国平均価格を計算して法院が追徴金を 賦課するのに,これを通じて相場知られているのだ.隠密に取り引きされる特性のせいにその間麻薬気配はよく知られなかった.

まず大麻を 3回立てた疑いに起訴された映画俳優オグァンロク氏は去る 7日執行猶予とともに追徴金 4500ウォンを宣告受けたが,これを通じて見れば大麻を一度立てる量(0.5g)の現価平均は 1500ウォンだという計算が出る.検察関係者は "大麻は全世界的に物量が多くて 1970年代取り引きした相場今まで維持されている"と言った.

去る 6月タレントチュジフン氏は新種麻薬類であるエクスタシー一錠半分(6万ウォン),ケタミン 2袋(30万ウォン)を投薬した疑いが認められて執行猶予と追徴金 36万ウォンを宣告受けた.

エクスタシーは概して一錠に 3万~5万ウォン線で取り引きされると言う.

海外で麻薬を大量に密搬入した疑いで実刑を宣告受けた芸能人ユンソルフィ氏は大麻濃縮液であるハッシシを流通したところに対する追徴金で 4万ウォン(1回分)を宣告受けた.

ヒロポン 1回分(0.03g) 価格は全国平均が 10万ウォンだが,1g当たり大量小売値は地域別で差が大きい.2008 麻薬類白書によると全国 5大都市の中で仁川(30万ウォン)が一番安くて,釜山(100万ウォン)が一番高い.検察関係者は "1970年代ヒロポン製造·密輸が盛んだった釜山で麻薬が一番安かったが,2001年仁川空港が門を開きながら後先になった"と説明した.捜査機関の取り締まりがひどくなれば値段が飛び上がってその反対なら下がるなど麻薬気配も需要と供給の原則に徹底的に従うともする.

[朝鮮日報 2009-08-14 23:35] 元記事はこちらから

※追徴金って使用料で決まるの? ケタミン 2袋も使用したとは思えないけど(-_-;
それにユンソリってそんなに安かったっけ?と、過去記事探したらちゃんと金額出てる記事がなかったので下にあらためしまいます~。ちなみに彼女は1,293万ウォン。ひさびさ麻薬事件関連記事にしょぼん・・・。


[READ MORE...]
スポンサーサイト

 'マリファナ吸入' 財閥3世·俳優執行猶予
2009年08月08日 (土) | 編集 |
マリファナを吸った疑い(麻薬類官りえ官した法律違反)に起訴された俳優オグァンロクさんが執行猶予を宣告受けた.

ソウル中央地方法院刑事9単独部(判事金東完)はオさんに対して懲役 8月に執行猶予 2年,社会奉仕 80時間を宣告して保護観察を受けることを言い付けたと 7日明らかにした.

裁 判府は "オさん自ら最後陳述を通じて '公人としてこんな行動をして申し訳なく思う'と言ったが,公認というのは自分がやらかした過ちを一般人よりもっと重くなって責任を負うことを意味したり する"と "公認としての自負心を持つことも良いが責任を負うことも重要だ"と判示した.引き継いで "被告人が家族に正当な人になったら良いだろう"と付け加えた.

オさんは去る 2月ソウル城北区自宅で IT業社代表パク某(40)さんと一緒に紙に大麻を巻いて立てるなど何回にかけてマリファナを吸った疑いに拘束起訴されたし,去る 7月 24日保釈申し込みが受け入れられて釈放された.

一方同じな法院刑事合意28部(部長キムギチョン)は最近マリファナを吸いこんだ疑いに起訴された某大企業家門自制チョン某(19)氏など 3人に対してそれぞれ懲役10月に執行猶予 2年を宣告した.

チョン氏は Hグループの前名誉会長の甥孫と同時に S社の前名誉会長の孫であり,一緒に執行猶予宣告を受けたチェ某(20),パク某(20)さんは大企業 Sグループ某系列社社長と前職役員の息子であることと知られた.これらは去る 3月ソウル梨泰院で 30万ウォンに購入した大麻 3gをソウル道谷洞 Tアパートの休息空間で二度,梨泰院 Kホテル近所路地で一回分けて吸いこんだ疑いに起訴された.パクさんは 2007年 7月香港友達家で大麻数だ(一名ハッシシ)を吸いこんだ疑いも受けている.

[ソウル経済 2009-08-07 17:57]  元記事はこちらから

※日本も突然麻薬事件が浮上、傷心で行方知れずと心配していたノリピーにまさかの逮捕状;; ママドルイメージ崩壊に現実から逃れたいという気持ちは想像できますが、お子さんのためにもなんとか自ら出頭して欲しいと願います。そして押尾学の逮捕で矢田亜希子は離婚を決めたとか。罪を重ねて孤独に追いつめられる彼らに比べて罪を認め償い更生する一歩を踏み出したジフニにはたくさんのファンも、身近に支えてくれる人もいる。それってすごく幸せなことだ。谷村新司のポスターで知った「社会を明るくする運動」のコピー文句をふと思い出しました(過去記事はこちら)。自分のことを信じて待っている人が大勢いるって、ジフニはもう十分わかっているから二度と繰り返したりなんかしない。

明日は普通にお仕事のため更新は帰宅後になります~。でも「タムナ」があるからなる早で帰ります~(爆)。というわけで今日はここまで^^

 'マリファナ拘束' オグァンロク,執行猶予
2009年08月07日 (金) | 編集 |
オグァンロクが法院から執行猶予を宣告受けた.
ソウル中央地方裁判所刑事9単独裁判府は 7日午前麻薬類管理法違反疑いで形事裁判を受けたオグァンロクに対して懲役 8月に執行猶予 2年保護観察及び社会奉仕 80時間と追徴金 4500ウォンを宣告した.

裁判府は "オグァンロクが公人として深く反省している点をあげて執行猶予宣告を下した"と明らかにした. オグァンロクは宣告の前最後陳述で "公人としてこんな事に掛かり合ってすごく申し訳ない"と言った.

オグァンロクは去る 6月12日ソウル南大門警察で外事課によってマリファナを吸った疑い (麻薬類管理法違反)で拘束,収監されてから去る 7月下旬保釈に釈放された.

1982年演劇 'セールスマンの死'でデビューしたオグァンロクは以後映画 '吸血刑事ナドヨル','青い自転車','マリンボーイ',ドラマ '太王四神記' などに出演して '個性派助演'で名前を知らせた.

[イーデイリー SPN  2009-08-07 10:47]  元記事はこちらから

20090807-1.jpeg

※保釈はされましたけど判決出たのですね。
オガンロク氏は大麻を他の方にも勧めていたところで大麻初犯(?)としては比較的重い求刑なのではないかしら(素人想像ですが)。ジフニ一人が見せしめにならなくて良かったなんて思ったりしてスミマセン。。。


食事に~。

 ‘麻薬投薬事件’ チュジフン,贖いの 120時間
2009年08月07日 (金) | 編集 |
麻薬投薬事件で摘発されてファンを失望させたタレントチュジフンが熱い贖いの汗を流している.

法院から社会奉仕命令 120時間を宣告受けた彼は今月初からソウル松坡区巨余洞東部保護観察所の指揮の下障害者と老弱者のためのボランティアに入った.

東部保護観察所によれば,チュジフンは一日 8~9時間ほど社会奉仕活動に参加している.毎日午前 9時まで東部保護観察所に出て午後 6時まで多様な社会奉仕を実施している.

主に障害写や乳児福祉施設を尋ねて直接運転することでぶつかるボランティアが大部分だ.去る 6日には地域福祉館で運営する移動お風呂サービス活動に参加して挙動が不便な障害者のお風呂を助けた.彼はこんな式で今後の約 3週間社会奉仕命令を遂行するようになる.

東部保護観察所執行チームの金竜成チーム長は 7日 "今月初チュジフンシが初めて観察所へ来た時は帽子をがっくり目深にかぶって顔に心配が一杯に見えたが最近社会奉仕活動に参加しながら徐徐に表情が明るくなっている"と "奉仕命令が終わった後にも続いて障害者を助ける事をしたいという意味を仄めかしたりした"と言った.

引き継いで "チュジフンさん外にイ・ギョンヨン·キムチァンリョル·イ・スンヨンさんなど芸能人が社会奉仕活動をすることを見守った.こんな活動を通じて自分の反省の機会を持って世の中の隣りをもう一度振り返るようにするようだ"と付け加えた.

一方社会奉仕活動近況を問う質問にチュジフン側は非常に控え目な反応を見せた.チュジフンの所属社側は "法院の判決に対してまじめに遂行するだけだ.本人が深く悔やんでいる位社会奉仕命令を去って積極参加している"と明らかにした.

チュジフンは去る 4月同僚俳優たちと一緒にエクスタシーなど麻薬類を投薬した疑いで非拘束起訴されて懲役 6月に執行猶予 1年,社会奉仕命令 120時間を宣告受けた事がある.

[日刊スポーツ 2009-08-07 10:03]  元記事はこちらから

※ジフニの最新消息、すでに社会奉仕活動を始めていたのですね;;
マスコミ記事には誤解ある内容に悲しまさせられることもありますが、今回は無事の知らせをいち早く伝えていただきありがたいです。こういう復帰に向けた活動(罪の償い)こそヨベクは積極アピールするものと思ったのに控えめ反応とはちょっと意外。ジフニの近況、少なくともファンに対してはマスコミを通してでなく事務所から知らせて欲しかったなあとか思ったり(昔の写真をアップするヒマがあったら)。ともかく新しく生まれ変わっての第一歩、障害者の方々とのふれ合いや介護者方々の指導からいろいろなことを吸収し学んで欲しいです。ジフニあじゃあじゃ^^


 オグァンロク保釈で釈放になって..現在自宅で休息中
2009年08月04日 (火) | 編集 |
抗訴可否はまだ知られなくて

大麻疑いで拘束された俳優オグァンロクが保釈に釈放された.

4日オグァンロクの所属社はオグァンロクが先週法院の保釈決定に釈放されたと伝えた.連れて "調査当時大麻に対して養成で出たことが国科捜分析結果陰性で出てボブウォの保釈決定に影響を及ぼしたことで分かる"と付け加えた.

オグァンロクは保釈釈放以後現在自宅で休息中のことと伝わって抗訴可否はまだ正確に知られなかった.

オグァンロクは 'チュジフン麻薬事件'があるいくら後去る 6月大麻吸入疑いに検挙されて検察に拘束送致になったバイッダ.演劇舞台,ドラマ,映画を通じて名前を知らせたオグァンロクは '太王四神記'で印象的な演技を広げて多くの人気を集めたりした.

[トゥデーコリア 2009-08-04 13:53] 元記事はこちらから

20090804-3.jpg

※大麻と麻薬ではずいぶん対応が違うのですね。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。