★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 [上半期事件決算] キーワードは張自然·チュジフン…芸能界暗い影
2009年07月30日 (木) | 編集 |
クッキー芸能チームでは毎週歌謡,映画,ドラマなど演芸街ホットイシュー及びキーワードを分析する時間を持つ.7月には 2009年上半期を飾るんでしょうか,映画,放送など各分野をよく見る.この前は上半期歌謡,映画,放送(バラエティー,ドラマ)を仕切った.今週には芸 能界を落ち込むようにした事件及び事故を整理する.

芸能人と麻薬,切ることができない鎖関係

今 年全国民を衝撃に追いこんだ事件を指折ったら一部芸能人たちの麻薬服用であるでしょう.麻薬服用疑いを受けた芸能人たちは一様に首を下げて国民に謝罪し た.しかし国民は過ぎてはいけない線を超えてしまった人々を易しく許さなかった.毎年絶えないで起る芸能人と麻薬であるかを整理して見た.

ま ず,MBC ドラマ ‘宮’ 映画 ‘西洋骨董洋菓子店アンティーク’ ‘キッチン’ などを通じて韓流スターに急浮上したチュジフンは麻薬服用でファンに大きい失望感を抱かれてくれた.チュジフンは去年 3月頃懇意な仲間と同時にモデルであるイェハギョンと似合いながら二度位麻薬を服用したし,去る 4月末警察によって摘発された.

この事件にはチュジフンを含めて映画俳優ユンソルフィ,モデルイェハギョン掛かり合った.特にユンソルフィは麻薬ゴンググブチェックとしてモデルイェハッギョンなどから麻薬購入資金をもらってエクスタシーとケタミンなどを 14回にわたって搬入,販売した疑いを受けた.

チュジフンは麻薬投薬で懲役 6ヶ月,執行猶予 1年,社会奉仕 120時間,追徴金 36万ウォンを宣告受けた.映画俳優ユンソルフィは懲役 3年を,モデルイェハギョンは懲役 2年6ヶ月に執行猶予 4年,社会奉仕 200時間に処された.

20090730-5.jpg

[READ MORE...]
スポンサーサイト

 “麻薬捜査兔罪符検察と隠密な取り引き芸能人いる” 検察警察国政院補修団体フル稼動放送界ピバラム吹く
2009年07月30日 (木) | 編集 |
芸 能界が麻薬マリファナスキャンダルでつかれ病いを病んでいる.去る 4月タレントチュジフン(27)を始まりに幾列にも起こり始めた麻薬事件で放送街はほとんどパニック状態に陷っている.

去る 3日には麻薬類管理に関する法律違反疑いで現職芸能人 3人と前職歌手 1人を含んで 84人が立件される事件が発生した.この時摘発された芸能人たちはクラブの中の密閉された空間はもちろんホールなどでもエクスタシーなど錠剤形態の麻薬を 公開的に楽しんだことで現われた.また警察はチュジフンとともにユンソルフィ,イェハギョンなど芸能人 3人を摘発した事がある.また麻薬のみならずマリファナ芸能人も立件された.映画俳優オグァンロク(47)とチョジェジン(56)がまさに彼らだ.

芸能人麻薬 捜査は 故チャンジャヨン氏自殺事件にもう予告された.日本で逃げたチャンさんの前所属社代表キム某さんを捜査する過程で麻薬芸能人と係わる諜報が警察に流れたしこれにより捜 査兆しがあちこちで捕捉された.検察と警察の芸能人麻薬捜査は易しく終わらないとの観測が支配的だ.今度芸能人麻薬捜査が現政権の放送街手懐けることにつ ながる可能性が大きいと見るためだ.方法が問題だ.麻薬捜査を放送街全般で拡大するか内部非理を理由で捜査するかはまだ確かではない.検察はもう放送街に 対する内査に取り掛かって相当部分進捗を見たことと知られた.

芸能人麻薬捜査と関連,意図的に芸能人たちを集中捜査しているのではないかと言う疑問がはみでている.

[READ MORE...]
 [取材手帳]麻薬芸能である,こわごわ気付き作戦
2009年07月23日 (木) | 編集 |
今年上半期芸能界はいつより賑やかだった.その中一つが麻薬.去る何ヶ月の間多くの芸能人たちが麻薬疑いを受けて衝撃を投げてくれたしフポックプングは続いている.

一番最近マリファナ喫煙疑いで拘束されたオグァンロクは続いた映画出演でつかれ病いを病んでいる.もちろん拘束の前撮影された部分関する論難だ.一刻では事件以前撮影分を言い訳でごまかして復帰になるのではないのかに対する疑問も申し立てている.

オグァンロクは 22日言論試写会を通じてベールを脱いだ映画 ‘国家代表’(監督金縁化,製作 KMカルチュア)で薬剤師にびっくり出演して今一度話題に浮び上がった.

試 写会党であるオグァンロクの出演は熱いじゃがいもだった.キムヨンファ監督は “オグァンロクが大きい罪人なのかに対して編集の中に悩みをしたが比較的楽に決めた”と “良しからる事があったが映画で人為的に (出演分を) 削除することはその方の熱情に対する裏切りだと思う.社会的波長を起こすかは分からないが修正するつもりはない”と念を押した.

映画広報社側も “映画は監督の意味だ.監督の意見を反映しなければならないことだからオグァンロクの出演分に対して私たちが別に言うものはない”と立場を伝えた.

オグァンロクは ‘国家代表’ だけでなく,映画 ‘梨泰院殺人事件’(監督紅旗船,製作ソンフィルム映画社すいか)の封切りも控えている状況だ.

‘ 梨泰院殺人事件’ 側は ‘国家代表’ 側に比べてちょっと控え目な雰囲気.ある関係者は “映画撮影は皆終えた状態で編集の中にある.オグァンロクの場合分量がちょっと減ることができる.しかし最初に特別出演だから分量は多くな かった”と説明した.

思 わないオグァンロクのスクリーン登場によって麻薬事件に巻き込まれた他の芸能人たちの近況にも自然に視線が移されている.最近ソウル江南のあるクラブで新 種エクスタシーを服用したキム・ジフンは去る 2005年同じ疑いで非拘束起訴された事があって処罰守衛に関心が集められている.‘初めて服用で問題になった後わりと難しくないように復帰 したせいに再び麻薬に手を出さなかっただろうか?’という視線も少なくない.

過去麻薬事件に巻き込まれたまた他の芸能人のある関係者は “復帰はまだどんな計画もない”と言いながらも “どんなふうに復帰すると良いか知れない”と自問を求めていたりする. その姿はやや苦い印象を残す.

そ の間麻薬に手を出したファン・スジョン、ソン・ヒョンナ、ヒョン・ジンヨン、サイ、ジョン・イングォン、イスンチォルなどは易しくないように活動の道を開いた.朴 船主、スティーブキム(アップタウン前メンバー) コホギョン同じ場合,相変らず芸能活動はしていない.去る 6月宣告を受けたチュジフン、イェハギョン、ユンソルフィは自粛の中だ.オグァンロクは幸いなのか,不幸なのか宣告公判の前意図しないように作品で観客た ちと会った.

演芸街が麻薬事件で相変らず搖れている中に該当の芸能人たちがいつどんな形態で大衆と遭遇するか, 充分に自粛をした後復帰を模索するか分かりたい書き入れ時だ.

[2009-07-23 17:02] 元記事はこちらから

20090723-1.jpg
▲ソンゼウン芸能部記者

※罪の償いである社会奉仕と現役お務めに対する今後の立場表明もないまま一部のファンにしか届かない公式FCばかり更新されるのは良いとは思えないのですがいつ初めの一歩を踏み出すのでしょう?(もしやイオン君の一周忌が終わってからとか。。。)

今日こそ心を鬼にして更新は超控えめにしたいと思いますのでご了解ください。
とりあえず食事前15分ほどがむしゃらにチェック~。

 故チャンジャヨン文件捜査陰謀では暴いて見たら
2009年07月16日 (木) | 編集 |
大型事件が起こった後何の捜査成果が現われなければあらゆる推測とルーマーが横行するものと決まっている.そこに良い 'コリ'まで裏付されれば陰謀論で発展したりする.韓国社会を搖るがした故チャンジャヨン文件波紋は所属社代表キムソンフンさんが強制帰国した後にも何の捜査成果を現 わすことができなかったまま難航を繰り返えしている.そうな間あらゆる推測とルーマーだけ横行しているのにぞくぞく裂けた芸能人麻薬波紋の良い素材になっ てくれながら多様な陰謀論まで生じている.

問題は陰謀では位に心に刻んでおいてしまうにはあまりにも多い疑惑を伴っているという点だ.言葉とおり危機の連続,四面楚歌だ.性上納,お酒接待強要など 芸能界の裏面でルーマーにだけ流れた事案が張自然の自殺を通じて水面の上で現われた.故人が関連内容が込められた文件を残して自殺しながら警察が捜査に取 り掛かったが何の成果を出すことができなかった.所属社代表キムソンフンさんが帰国すれば一瀉千里で解けることのように見えたがキムさんが送還された以後にも捜査 はめったに進展を見せていない.難しく拘束するのに成功したが疑いを立証することができなかったら警察はもう一度強い非難に包まれるしかない.

一方今年に入って警察が芸能界と係わって一番かっかくした球をあげた部分は麻薬捜査だ.チュジフンで始めてオグァンロクを経ってキム・ジフンまで警察の引続いた芸能人麻薬捜査は言葉とおりヌンブシンソングとをあげている.ところで全然無関係に見える 'チャンジャヨン文件波紋捜査'と '芸能人麻薬捜査' の間に妙な係わり合いが覗き見える.

まず警察がチャンジャヨン文件波紋から危機に追われる度に芸能人麻薬事件がはみでた.代表的な場合がチュジフン麻薬投薬事件だ.去る 4月 24日盆唐警察署が中間捜査発表を通じて事実上の捜査中断を宣言すると警察は不実捜査論難に包まれた.そして二日後の 4月 26日チュジフンが麻薬投薬で非拘束立件されたという事実が知られた.警察は異例的に捜査中間に捜査内容を発表してチュジフンの実名まで公開した.すると警察 がチュジフンをチャンジャヨン文件波紋不実捜査論難撫摩用で活用したという非難が集中された.

そのように腰砕けになった故チャンジャヨン文件波紋捜査にまた関心が集中されたことはチャンジャヨンが世を去ってから 100日目になる日の 6月 14日に臨んでからだった.マスコミたちがこの頃故チャンジャヨン文件波紋にまた関心を持ち始めたが警察はまた一つの大型麻薬事件を発表した.警察は 6月 8日に臨んで中堅映画俳優と演劇俳優,映画監督などが掛かり合ったマリファナ事件を南大門警察署外事課が捜査中なのを公開したし,11日オグァンロクを 検挙した.以後一日二日間隔で映画監督金門生,ギターリストイ・ウォンジェ,映画俳優浄財陣などを相次いで検挙された.芸能界が再び芸能人麻薬捜査で賑やかになりながら張自然が世を去ってから 100日目になる日の意味は褪せてしまった.

また一月になって行って流れてキムさんが強制帰国措置されて拘束されたし警察は去る 10日事件を検察に送致した.本格的な検察捜査が始まったが検察内外では懐疑的な声だけ流れ出ている.こんな時点で今度は歌手キム・ジフンがエクスタシー 及びマリファナ投薬疑いで非拘束起訴された.チャンジャヨン文件波紋捜査論難と芸能人麻薬事件の妙な時点的一致が三度や繰り返されながらまた他の陰謀論が登場し た.三番目交差点で会ったキム・ジフンはチャンジャヨンの葬式当時影幀写真を持った人物だ.故人と親しみが厚かった数少ない芸能人であるキム・ジフンは遺家族とも 親しみが厚い.あるスポーツ新聞で遺家族単独インタビューをした当時にはキム・ジフンの奥さんイジョンウンさんが記者とともに遺家族の家を尋ねた位だ.

警察はキム・ジフンが麻薬類管理法違反再犯なのを強調しながら拘束しようと努力したが法院は警察の逮捕状申し込みを棄却した.他の芸能人麻薬事件と違いキ ム・ジフンの捜査は警察ではないソウル東部地方検察庁が担当している.チャンジャヨン文件波紋捜査で一番難しい部分は大多数の参考人がキムさんの疑いを否認している という部分だ.こんな状況で検察がキム・ジフンに故チャンジャヨンと係わる決定的証言を言ってくれる条件でプルリバゲニング(特定証言を言う条件で疑いや形量を軽減受けること)を提案しようと思ったという話が出回った.キム・ジフンが拘束される場合プルリバゲニングを提案するのにもっと良い条件が用意されるから検察が逮捕状発行に真心を入れたしまたあれほど惜しがったということ.

巷間ではこのために検察がキム・ジフンに対する標的捜査をしたという話まで出回っている.もちろんこんな主張は現在一つの陰謀では位に受け入れられているがあれほど警察の故チャンジャヨン文件波紋捜査と芸能人麻薬捜査が妙な係わり合いを見せているのも事実だ.

[日曜新聞 2009-07-16 16:51]  元記事はこちらから

20090716-3.jpg

※チャンジャヨンさんの自殺から明らかになった事件は、2人を逮捕、5人を在宅起訴する方向性で捜査を終結したそうです。絶妙なタイミングで報道された麻薬事件はいまだ全貌は霧の中でもどかしい限り。

 チュジフン,“常勤予備役で現役入隊”
2009年07月14日 (火) | 編集 |
麻薬服用疑いで懲役 6ヶ月に執行猶予 1年を宣告受けたチュジフン(本名チュ・ヨンフン)が現役入隊をする.

チュジフンは今年で 28歳.その間各種インタビューを通じて “現役に入隊する”と言い放って来た事があって今度麻薬事件によって彼の余分の問題の方向に関心が集められた.

チュジフンのある側近は “懲役 6ヶ月に執行猶予 1年を宣告受けて現役勤務が可能だ.兵務庁に連絡して見たら常勤予備役でファックゾングナッドだと”と明らかにした.懲役 1年以下の実刑を受ける場合,現役服務が可能だ.

常勤予備役は現役入営対象者の中で選抜する.入営をすれば 5週間軍事基本教育を受けてトエソした後,決めた勤務地で行いながら勤めるようになる.

この側近は “チュジフンは去年軍入隊を延期した.支援ができない立場だから口につけることは兵務庁の決定に従わなければならない”と伝えた.

チュジフンは現在自宅で自粛中.これから保護観察所指示に従って社会奉仕命令に臨まなければならない.

一方,先月 23日ソウル中央地方法院刑事27部(漢陽席部長判事)はエクスタシーとケタミンを服用した(麻薬類管理に関する法律違反) チュジフンに懲役 6ヶ月に執行猶予 1年,社会奉仕 120時間,追徴金 36万ウォンを宣告した.

[経済トゥデー 2009-07-14 09:30] 元記事はこちらから

20090714-1.jpg

※とうとう日程が決まったのかとドキッとしましたが状況変わらず。
刑が確定してから来週で早1ヶ月、社会的にもファンに対しても具体的な今後の立場表明が求められる時期かと思われます。さびしいけれど未来への一歩を踏み出すためだから。


 '芸能人麻薬調査' 悔しい被害事例消えると
2009年07月13日 (月) | 編集 |
最近何ヶ月の間麻薬投薬疑いに立件された芸能人たちの事例が相次いで報道されながら芸能界と麻薬の連関掛けがねに対する批判世論が荒々しい.

その間芸能界麻薬事件が短くは 1~2年を週期で起きた点を勘案すればこのような反応は当たり前だという指摘も存在する.

しかし芸能人と係わった麻薬事件の裏面にはよく知られなかった不当な事例も相変らず存在する.最近麻薬無嫌疑判定を受けて悔しさを訴えた演技者 Aさんの事例が正しくそんな場合だ.

去る 5月麻薬投薬疑いで警察の調査を受けた Aさんは最近検察で無嫌疑が確定されると 10日報道資料を通じてその間精神的,物質的苦痛を経験して来たことを明らかにして言論と警察を相手で名誉毀損訴訟を進行する意思を表明した.

Aさんに対する政府の麻薬の調査当時ある地上波放送社がこれを報道しながら視聴者たちが Aさんなのを見知ることができるほどにだけモザイク処理された画面を出したからだ.彼はまた性急に被疑事実を露した警察にも法的措置を取るという意志を明らかにした.

これに関して Aさんは "検察の調査で '無嫌疑'で明かされたが調査を受けたという事実が公開されたことだけでももう芸能人として手におえにくい被害を被った"と吐露した.

[READ MORE...]
 麻薬無嫌疑 A "名誉毀損言論相手損害賠償請求"
2009年07月11日 (土) | 編集 |
去る月麻薬投薬疑いルーマー論難に包まれた演技者 Aさんが所属社を通じて公式的な立場を明らかにした.

去る 5月麻薬服用疑いで警察の調査を受けた Aさんは最近検察で無嫌疑が確定されて完全に疑惑から脱した.

しかし所属社によれば当時警察はまるで Aさんが麻薬を服用したことが既定事実引揚記者会見をしたし,地上波放送までも露骨的に Aさんの身の上を露出,彼に大きな精神的な衝撃を抱かれた.またこれにより模範的だった彼の普段イメージと名誉が失墜された状況.

特にネチズンたちと視聴者たちに麻薬投薬芸能人に指目されながら Aさんは最近放送出演だけではなく外部人と接触することまでもまともにできない苦痛を経験するなど大きな精神的,物質的苦痛を経験して来た.

こ こに Aさん側は麻薬芸能人疑いに関した報道の中で無断で自分の身の上を露出させた空中波放送局と担当記者を相手で名誉毀損に関する損害賠償を請求することに決 めた.現在弁護士を先任して法的措置を依頼したし性急に被疑事実を露したことに対してもやっぱり法的措置を取る意思を表明した.

A さんは "今度事件を通じて演技者としての名誉毀損は勿論で到底言えなく大きな精神的物質的被害を受けるようになったし調査を受けたという理由だけでどんな事実も 確認されない中に悔しく麻薬ルーマーに巻き込まれて麻薬芸能人で烙印を押された点に対して大きい傷とイメージ失墜に対して力強く法的に対応するでしょう" と伝えた.

[テレビデイリー 2009-07-10 14:01]  元記事はこちらから

20090710-3.jpg

※無実であればそれは正統な主張といえるでしょう。罪を犯したとはいえ事件発覚当日からただ一人実名報道でジフニの受けた精神的&社会的打撃だって相当なものだから。なのに判決が下ってもなお主犯がユン某氏とかイェ某氏と書かれてるのを見るといったいどんな仕組みになってるのか腹立たしいことこの上なし。

 Y-STAR 取材ファイルQ 「芸能界麻薬警報」(動画)
2009年07月08日 (水) | 編集 |
衝撃!芸能界を搖るがしたまた一つの麻薬事件.
個性派俳優オグァンロク,彼がマリファナを吸った?
チュジフンエクスタシー服用,懲役 6ヶ月執行猶予 1年.
芸能界の染みこんだ麻薬の影!
どうして芸能人たちは麻薬に易しく露出するか?
芸能界あくまで侵透していることだろう?
芸能界をだしぬけに襲撃した麻薬の恐怖!
果たして,その実体は何だろう?

[Y-STAR 2009-06-29 12:14:47] 元記事はこちらから

20090707-6.jpg

※Y-STARさんの麻薬事件取材番組がアップデートされてました!
24分ほどの動画、番組は当然日本語字幕無しですがテロップを頼りに見てみます~;;


[READ MORE...]
 キム・ジフン,再び麻薬疑い逮捕!
2009年07月08日 (水) | 編集 |
デューク出身のキム・ジフンが 2005年に引き続き再び麻薬疑いで逮捕した.

ソウル東部地検は 7日歌手キム・ジフンをエクスタシー投 薬(麻薬類管理に関する法律違反) などの疑いで逮捕して逮捕状を請求した.検察によればキム・ジフンは去る 1月エクスタシーを服用してマリファナを吸った疑いを受けている.現在検察は金さん周辺に対して捜査を拡大している中だがいまだに他の有名芸能人はいない と明らかにした.

キム・ジフンは去る 2005年にも一回エクスタシー投薬及びマリファナ喫煙疑いで非拘束立件された事がある.当時懺悔の意志を仄めかしたりした彼は 2007年結婚とともにお子さんを得たにもかかわらず麻薬の誘惑を振りはなすことができなかった.8日令状実質審査が開かれる予定だ.

[スポーツカン 2009-07-07 21:19]  元記事はこちらから

20090707-5.jpg

※反省自粛、結婚、復帰、そして再逮捕。これも現実と言うことで記録。

 麻薬疑いキム・ジフン,‘ジャンジャヨン事件’と烏飛梨落?
2009年07月07日 (火) | 編集 |
デューク出身キム・ジフンの麻薬疑いで放送活動に急制動がかかるのはもちろん,チャンジャヨン事件と烏飛梨落状態になって四面楚歌にあった.

ソウル東部地検が 7日キム・ジフンを新種麻薬投薬疑い(麻薬類管理に関する法律違反)で逮捕,逮捕状を請求した.

キム・ジフンは 3年前から歌手活動を折って放送人かたがた演技者で変身を模索して来た.現在 SBS TV 'ダーリング'に固定出演しているし,最近にはミュージカル '偉いショー'で可能性を見せてくれた.

しかし今度麻薬事件で彼は今後の芸能界活動に多い制約を受けるはずだという視線が圧倒的だ.2005年デューク活動当時,キム・ジフンはもうエクスタシーとマリファナを服用した疑いで一度非拘束立件された事がある.再び麻薬疑いで処罰されたら,大衆の冷ややかな視線を避けることができないようだ.

キム・ジフンは 2005年麻薬事件後,去る 3年間妻と家族の愛で自ら慎んでいる途中最近難しく再起した.特にチャンジャヨン事件と係わって過去の親しみを公開して,切ない心境を明らかにして話題になったりした.

去る 4月彼は MBC TV '気持ち良い日'に出演して自分の妻とチャンジャヨンが親しい関係であることを打ち明けながら目頭を赤くした.チャジャヨンの前所属社代表であるキム某さんが最近警察に送 還されて,チャンジャヨンを麻薬とかかって脅かした内容が知られたがキム・ジフンさえ麻薬疑いを受けて '烏飛梨落' 状態になった.

キム・ジフンは 8日令状実質審査を受ける予定だが,疑い事実を否認していなくて拘束される可能性が高い.

[日刊スポーツ 2009-07-07 22:03]  元記事はこちらから

※家族の支えがあっても再起は難しく、また麻薬に手を出してしまったキムジフン氏。彼はいまどんな思いでいるんだろう。家族やファンの気持ちを思うと切ないです。

滅入ってきたのでお風呂に~。

 '麻薬疑い' キム・ジフン所属社の '外れたリスクマネージメント'
2009年07月07日 (火) | 編集 |
"ジフンが階段を下って足を踏みはずして少し挫きました.それで内であるケーブル放送プログラム MCに出演することができないです.ところでこのような記事が出ればこのごろ熱心に努力しているのに (ジフンが)イメージが毀損されることができます.記事書かないでください."

初めて歌手キム・ジフンの近況を問う取材陣にキム・ジフン所属社関係者が言った言葉だ.それとともに自分の事業も解けなくて今日非常に大変だという話まで付け加えて取材陣の取材意志を弱化させた.

しかし何時間後キム・ジフンが '麻薬投薬疑い'で逮捕したという消息が聞こえた.模倣輪警察発でこの日午後キム・ジフンが新種麻薬投薬疑いでソウル東部地検に逮捕したと報道したこと.

何時間を置いて 180度変わった状況に取材陣もあっ気にとられた.すぐ知られる事をおいて所属社関係者がこのように平気に嘘をつかなければならないかというつもりまでした.たぶん彼はこのような対応を 'リスクマネージメント'で分かっていたようだ.

この前マネージャーたちは所属社芸能人が事件·事故にフィマルリルテなら一応連絡を受けないなど '潜りに乗って',二番目全然違った事実を言って時間を引きずることを主要事件対処法で分かっている.

しかしこのような方法はこのごろ時代の 'リスクマネージメント'とは距離が遠い行動だ.このごろは社会的な物議をかもす犯法行為をやらかした場合企画社は一応真実を明らかにしてダメージを最小化する方法を選ぶ.例えば 'キム・ジフンがこのような犯法行動をした.しかしまだ警察で特別な発表がないからあの時まで報道を慎んで違う.一応すべての活動を折って,法の処罰され た後未来を約束する'と言うふうの論理で言論に対処しなければならないというのだ.

どうせ明かされた状況で嘘をつく場合後で所属芸能人がカムバックする時嘘芸能人,あるいは嘘企画社という汚名が付きまとうしかないからだ.

もちろん当時状況が急迫してみればどんなに対処するか決定が下す事ができない場合もあって,警察が発表する以前だからどうしても阻んで見ようと思う場合 もあるが,このような偽りが繰り返されるほど '草取り鎌で阻むことができることをシャベルで阻む結果'をもたらすこともできる.もう芸能関連マネジメント事業ももう産業化されなければならない.どん ぶり勘定式マネジメントは信頼を失うようになって,結局はもっと大きい難しさになることができるということを忘れてはいけないだろう.

[アジア経済新聞 2009-07-07 21:38] 元記事はこちらから

20090707-4.jpg

※うちのジフニは嘘つかない。しかしヨベクはFCには事件後そして判決後と公知してくれたけど、肝心な事務所HPなんもアナウンスないのはどうなんでしょう。

 去年復帰キム・ジフン,エクスタシーに大麻まで
2009年07月07日 (火) | 編集 |
映画俳優チュジフン, オグァンロクドングエクスタシー及びマリファナ喫煙で社会的論難を起こした中に歌手キム・ジフン やっぱりエクスタシー投薬疑いで緊急逮捕された.

ソウル東部地検は 7日新種麻薬である `エクスタシー 'を投薬した疑い (麻薬類管理に関する法律違反 ) などで歌手キムジフン(36)を逮捕して逮捕状を請求したと明らかにした.

検察によれば , キム・ジフンは去る 1月エクスタシー 1錠を投薬したことはもちろんマリファナも吸煙した疑いを受けている.

キム・ジフンを逮捕して調査中の検察は “キム・ジフン 外に他の投薬者がいるという情報を手に入れて捜査を拡大しているが今までは捜査線上にキムさん外に他の有名芸能人はいない "と言った.

一方 , キム・ジフンは去る 2005年にも同じ疑いで非拘束起訴されて裁判を受けた事があり,去年初放送に復帰した.

[ビーズプレイス 2009-07-07 21:43:28] 元記事はこちらから

20090707-3.jpg

※自粛期間を経てようやく復帰したのに再逮捕とは、ファンは切ないですね;; でもジフニは違う。

 デュークキム・ジフン,またエクスタシー投薬疑い逮捕
2009年07月07日 (火) | 編集 |
デューク出身の歌手兼演技者キム・ジフンが 4年ぶりに再び麻薬投薬疑いで逮捕された.

ソウル東部地検は新種麻薬である ‘エクスタシー’を投薬した疑い(麻薬類管理に関する法律違反) などでキム・ジフンを逮捕して逮捕状を請求したと 7日明らかにした.

検察によればキム・ジフンは 1月ソウル江南のあるクラブでエクスタシー 1錠を投薬してマリファナを吸った疑いを受けている.

キム・ジフンは 2005年にも同じ疑いで非拘束起訴されて裁判を受けた事がある.当時キム・ジフンは初犯である点を勘案して罰金刑を受けた.しかし今度再び同じな疑いで逮捕されて軽くない処罰されるようになることと言う観測が出ている.

キム・ジフンは疑いを否認して検察が具体的な証拠を提示すると投薬事実を認めたことと伝わった.キム・ジフンは 8日令状実質審査を受ける予定だ.

検察はキム・ジフン外に前職モデル 1人など他の投薬者がいるという情報を手に入れて捜査を拡大した.しかし現在捜査線上にキム・ジフン外に他の有名芸能人はいないことと伝わった.

キ ム・ジフンは 2006年デューク解体後演技者変身を試みたし,2月にはそのチャンジャヨンの側近である事実が知られながら大きい注目を引いた.最近には MBC ‘スターの友達を紹介します’,SBS ‘スター夫婦ショーダーリング’ などに妻と一緒に出演しながら再起を模索して来た.

[スポーツ東亜 2009-07-07 22:07] 元記事はこちらから

20090707-2.jpg

※せっかく初犯で罰金刑にしてもらったのにまた薬に手を出すなんてバカなことを。ジフニは厳しく罰せられたしもうそんなことしない。

 キム・ジフン検挙,芸能界 '麻薬政局' 衝撃再び始まるか?
2009年07月07日 (火) | 編集 |
俳優チュジフンなどが麻薬投薬疑いに検挙されたのに相次ぎ歌手キム・ジフンが再び麻薬投薬疑いに検挙されながら芸能界全般にわたって麻薬フポックプングが予想される.

7日ソウル東部地検によればキム・ジフンは去る 1月江南某クラブで新種エクスタシーなど麻薬を投薬した疑いで逮捕して逮捕状が請求された状態で来る 8日令状実質審査を受ける予定だ.

去る 4月俳優チュジフン,ユンソルフィ,イェハギョンなどが麻薬疑いに立件された後やや過ぎて俳優オグァンロクと映画監督金門生がマリファナ喫煙疑いで拘束されてファンに大きい衝撃を抱かれてくれた.

しかしわずかひと月も経たなくてキム・ジフンが麻薬投薬疑いに検挙されながら芸能界はもちろんファンまで大きい衝撃に抜けた.

特に検察は麻薬を投薬するとか服用したことに疑心されるモデル出身なども調査していることと知られて再び芸能界が緊張している. 俳優だけではなく歌手など芸能界全般に手を伸ばしている麻薬に対して警察と検察の追後捜査方向に芸能界関係者たちが触覚を逆立てている.

一方キム・ジフンは去る 2005年にもエクスタシーとマリファナなどを投薬した疑いで非拘束立件された事がある.

[アジア経済新聞 2009-07-07 21:29] 元記事はこちらから

20090707-1.jpg

※七夕一発目がこんな話題とは;; 星も曇って見えないし凹む;;
キムジフン氏は再犯!?さらにチェック続けます~。


 オ・ヒョンギョン,長い気苦労後 ‘The First Wives Club’で愛取り戻す
2009年07月07日 (火) | 編集 |
最近裂けたチュジフンとオグァンロクの麻薬及びマリファナ吸入事件はファンにもう一度衝撃を与えた.特に韓流スターとして力強く背伸びしていたチュジフンが芳しくないスキャンダルに掛かり合ったという点はファンに少なくない失望だった.

その間芸能界には麻薬?兵役非理?飲酒運転?賭博?学歴偽造など毎年事件と事故が絶えなかった.その時ごとに該当の芸能人たちは活動を中断して自粛の時間を持っている途中カムバックするのを繰り返した.

カムバックに一番長年の時間がかかる否定的なスキャンダルは麻薬と兵役,不適切な性関係などだった.事件?事故類型によるファンの心理的な抵抗線がどの位なのかうかがうことができた.

[READ MORE...]
 Y-STAR 取材ファイルQ
2009年07月04日 (土) | 編集 |
ワーナーマイカル浦和美園(昨日で延長延長の「アンティーク」終了コマスミダ;;)での日本ファン直接取材は叶わなかったものの同時に募集された意見メールが大きな役立てとなったはずな麻薬事件レポートの放送はけっきょくもう終わったのでしょうか?(6/25予定)

番組サイトではこの取材番組予告編が見られるようになってました。
放送後VODで永続的に視聴可能になるようですがまだ更新されておらず待ち遠しいです!
ただこの番組20分くらいあるようで(韓流地図の回をちょっと見てみましたが)テロップで内容を推測しながら見ないとなのでどれだけ理解できるかちょっと心配。でもって内容もドキドキ。

20090704-1.jpg
番組サイトは(こちら

 芸能界幻覚スキャンダル実際 - 麻薬服用芸能人殺生簿出回る
2009年07月02日 (木) | 編集 |
-チュジフン麻薬であってオグァンロク·金門生監督などマリファナ摘発暴風前夜
-似たもの同士ヒューマンリレーションズの中隠密に拡散,球である壁閉じこめられて公開治療憚って


芸 能界に再び幻覚の渦が急きまくっている.芸能人の麻薬-マリファナ疑いによる警察の調査が始まると芸能界内外のうわさも繁茂だ.“Aは今度麻 薬の調査を避けてもう海外でトッダだったよ,B業界は 90% 以上が麻薬経験があるんだって,Cと D,Eが親しいから皆疑心される,Fと Gが恋人だから一緒にしなかったか…” 実体なしに流れるうわさとおりなら芸能界に麻薬事件に掛かり合わない人がない位に事実を装った無責任なうわさたちがフェングフェングしている.芸能界従事 者たちの離婚,結婚消息劣らず忘れるに値すれば出るのが人々の ‘麻薬服用説’だ.創作活動による精神的苦痛から脱するため,人気維持のためのストレスを忘れるためになど服用事由も多様だ.最 近幻覚スキャンダルでごっちゃになった芸能界の実際を取材して見た.

“ 芸能人は限りなく派手に見えます.しかし中をのぞき見ればさびしくていつわりでむなしいこと言い尽くせないですね.それに創作に対するストレスもひどい職 業です.だから麻薬の誘惑にも易しく抜けるしかない.” 長年の期間芸能界に携わった芸能関係者 Hさんの言葉だ.大衆は芸能人が華麗だと思う.しかしその裏面にはさびしさが落ち着いているということが分からない.かなり多い数芸能人たちが照明が消え た舞台後一人きり残された時押し寄せる極限感情によって大きい苦痛に苦しむと言うのが彼の説明だった.

[READ MORE...]
 チュジフン,宣告公判控えて世論集め - 一日あけずに報道資料広報
2009年07月02日 (木) | 編集 |
-最近担当弁護士通じてびっくり解明記者会見
-23日法院判決念頭に置いた包攝,後書き無声


俳優チュジフン(27)が麻薬投薬事件の宣告を控えてぞくぞく報道資料を通じて世論集めに出た.チュジフンが麻薬類投薬疑いで懲役 1年,追徴金 44万ウォンを求刑受けて来る 6月 23日結審を控えていてこのような歩みの背景が何なのか知りたい事を起こさせている.

チュジフンの所属社である余白エンターテイメントは去る 10日に引き続き 11日再び報道資料を配布した.今度報道資料は日本など海外ファンがチュジフンを信じて待つという内容を記している.所属社によれば,日本ファンがインター ネット署名運動を始めて受けたサインブックを会社に行かせたと伝えた.

また韓流担当芸能関係者の言葉を借りて麻薬事件に掛かり合ったチュジフンに日本芸能界 が寛大な気配りして異例的なことだと明らかにした.所属社が公開したこのサインブックには “私たちはあなたに多くの幸せを受けました”,“今度は私たちがあなたに返す順番です” などハングルで書いた文が盛られている.チュジフンはこの本を受けた後涙を流してむしろもっとすまないと思ったという裏話も報道資料に盛られている.10日 報道資料には ‘嘘ができない’ チュジフンが調査で自状したという点,常習投薬ではないという点等心情的な訴えを盛っていた.

所 属社はその間所属俳優であるチュジフンが麻薬類投薬疑いを受ける当時からこれといった対応をしなかった.新世代スターであるチュジフンが麻薬類投薬疑いを受け ていてこれに対する謝りを願うファンの要請にも黙黙無答だった.代わりに所属社側はいくつかの芸能関係者たちと出会いを持って今後のどんなに対応するか助 言を聞くことに集中した.そのため検察の調査,球形,そして結審公判を残しているところにぞくぞく報道資料を通じて感情に訴える ‘戦略’が風変わりに近付く.

特 に所属社側は麻薬類投薬疑いにもチュジフンの日本活動が問題がないと主張している.11日報道資料にはチュジフン主演の映画 ‘アンティーク’が東京など大都市に長期上映の中で,ドラマ ‘宮’ やはりフォックスライフ放送社を通じて現地に電波に乗っているという内容が載せられている.所属社は “スターの道徳性を先にする日本大衆文化が麻薬事件に掛かり合った他国俳優に寛大に映画上映まで承諾したことは非常に異例的な事で受け入れら れている”と強調した.ある関係者は “報道資料にはチュジフンの道徳性に問題があるという自認とファンの愛が便していないという言い訳が盛られているが,ファンを向けた心の中深い 謝りのものはなかった”と言った.

[ヘイメンニュース 2009-07-02 02:13] 元記事はこちらから

20090702-10.jpg

※ヘイメンニュース(初めて知りましたメディア)から今日は麻薬事件関連記事アップ多し。

ジフニFCが明日7/3から平常運営されるらしいタイミング、その方向性を知る前の今夜がよい機会かと最後につぶやこうかなと予定は未定~。

 芸能界麻薬フポックプング - 睡眠痲酔剤諜報再び暴風前夜
2009年07月02日 (木) | 編集 |
-チュジフン放送退出であって疑惑芸能人相次いで活動中断して海外出国
-麻薬ルーマー被害芸能人続出,ク・ジュニョプ虚偽情報提供 7年の間警察調査


麻 薬フポックプングが演芸街を強打している.エクスタシー投薬疑いを受けているチュジフンなど一部芸能人たちの一部放送社退出が可視化されながら一部芸能人の 場合初めから活動を折って隠れて関係者たちのいらだてている.だけでなくク・ジュニョプが麻薬をしたことのように誤解を受けているといきなり記者会見を 持つかと言えば,何人の芸能人の場合麻薬投薬疑いを受けている人々と名前が似ていて麻薬容疑者に追い込まれて心痛をしている.優に麻薬フポックプングが芸能界をそそのかしていると表現するに値する.

[READ MORE...]
 ユンソルフィ,麻薬ゴンググブチェック変身うちまく - “遊興業店借金のため…”
2009年07月02日 (木) | 編集 |
-芸能人過半数月収 100万ウォン,借金と生活苦でさ迷い
-大部分ナがヨゴルトザブ生活費充当,ゴンググブチェックもっとあって


‘チュジフン麻薬事件’の背後には俳優兼タレントユンソルフィ(27)があった.
映 画とドラマで喫茶店レジデントやルームサロンお嬢さんなどの端役級俳優ユンソルフィは今度事件では断然主役だった.彼女は去る 2007年 8月から 1年になって行った芸能人たちから麻薬購入資金 1億余ウォンをもらって 14回にわたって日本でエクスタシー約 289錠とケタミン約 280gを搬入して販売して投薬した疑いを受けている.その間 14,15人に麻薬をゴンネッウであり,この中半分ほどは芸能人だった.

ユンソルフィは生理用ナプキンの中に麻薬を隠した後下着を一枚もっと着こむ方法で麻薬を搬入したことと知られた.芸能人が直接麻薬購入代金を提供して密搬入,販売,投薬などすべての過程に関与した事例は今度が初めてでもっと大きい衝撃を与えている.

し かしユンソルフィが麻薬を密搬入するまでひどい経済難に苦しんで来たことと知られながら,‘チャンジャヨン事件’に引き続き芸能界の奇形 的経済構造にまた関心が集まっている.一部言論ではユンソルフィ知人の言葉を借りて ‘生活でだからしばらく遊興業店で働いたが,増える借金のためつらがった’と伝えた.ユンソルフィは実際に 2007年から昨年末までソウル駅三洞車病院近くと盆唐遊興業店などから働いて来たことと知られた.

芸 能人と経済難,遊興業店はたびたび相次いで起こって悪循環を繰り返す.ソウル江南の高級遊興業店で働く室長級マネージャーによれば,芸能人たちはいわゆる ‘品位維持費’だと呼ばれる各種衣装費,メーキャップ費,車維持費などを手におえることができなくてまた他の収入源を尋ねる.こ のマネージャーは “スポンサーを雑居や高位層を応待することはいわゆるうまく行く俳優たちの話だ.それさえならない芸能人たちは遊興業店を通じて生活費をあてる”と言った.ユンさんはその中でも麻薬密売を通じていわゆる ‘マイキング’と呼ばれる手付け金をあてようと思ったことと見える.

[ヘイメンニュース 2009-07-02 01:42] 元記事はこちらから

20090702-9.jpg

※こんな方法でなくもっと別の道はなかったのかな。
でも彼女の私欲のために、こんな大それた事を長期間行っていたとは考えにくいけれど。


 芸能人麻薬震源地江南クラブ密着取材 - 音楽と照明に酔って漫酔状態で幻覚パーティー
2009年07月02日 (木) | 編集 |
-インターネット上に J,I,K,P,L氏など ‘芸能人麻薬リスト’ 一波万波
-伏魔殿江南一帯 L,I,Eクラブ·弘益大 Mクラブなど足ぱったりとフポックプング
-クラブ関係者,週末 70~80人スター出沒なかでも A級行き付けも多くの人


‘ 花美男スター’ チュジフン(27)が去る 4月 26日麻薬投薬疑いに立件されて芸能界がひっくりかえって引っ繰り返った.チャンジャヨン波紋に引き続き盛んにうまく行ったチュジフンが含まれた麻薬スキャンダルが 起こって演芸街がざわめいていること.その上に以前麻薬事件と違い芸能人が直接日本で麻薬を密搬入して販売して衝撃の強盗が大きい.警察は麻薬捜査を進行 しながらもう非拘束立件した俳優チュジフンと似ている級の芸能人が捜査船上にあると明らかにして芸能界はぐっと緊張している.

警 察の麻薬捜査が引き立ちながら芸能界が超緊張状態だ.特に警察が非拘束立件した俳優チュジフンと同級の芸能人が捜査船上にあると明らかにしながらその対象が 誰になるか関心が集められている.もう何人の名前たちが実名に挙論されながらこれを確認しようとする電話たちがこれらの所属社で飛んで入っている.またチュジフンと普段親しみがあったモデルたちの名前と確認されない ‘芸能人麻薬名簿’ までインターネット上に流れている状況だ.

[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。