★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 'クリックB' オジョンヒョク "お金欲心出たらミュージカルしないんです"(インタビュー)
2009年01月11日 (日) | 編集 |
グループ 'クリックB' 出身オジョンヒョクが 'アイドル' '花美男' '芸能人' などの荷札をはなしてミュージカル俳優で新しい道に立ち入った.

それも今月初舞台に上がったミュージカル 'オンエアシーズン2'の男主人公でいきなりキャスティングされたのだ.

オジョンヒョクと一緒にトリプルキャスティングされたミュージカル俳優蔵書院と 'コーヒープリンス 1号店'のキム・ドンウクは演技経験が多いが,オジョンヒョクは 8月中旬から演習に合流,心理的負担が大きいしかない.

しかし去る 27日 'オンエアシーズン2'の公演場であるソウル大学路スターシティで会ったオジョンヒョクはしきりにミュージカルに対する期待感と楽しさに染まっていた.

特にスター級芸能人が小規模公演場で開かれるミュージカルに出演するためにはいろいろ '甘ったるい誘惑'を振り撤かなければならなかったはずだ.当然人なのでお金問題も除くことができない法.

"率直にミュージカルをすれば放送に比べて収入がずっと少なくないか"と言う質問にオジョンヒョクは照れくさいように笑って首をうなずいた.

引き続き彼はお金よりは芸術を接して,感じて,楽しみたかっただけと言う覚悟を伝えた.

"来年 1月 4日までミュージカルをするうちに放送を含めて他のスケジュールを皆折りました.個人的な親しみと尊敬心の表現でアンドレ・キム先生のファッションショーにだけたまに参加するだけです.お金です?車はなして,砲はなしてからノーギャランティーでミュージカルに臨むという心得です."
ミュージカルをしながら同僚俳優たちと一緒にする時間自体がとても楽しくて意味あるという所感も伝えた.

"クリックB 時代にも友達と一緒に交わって活動したが,ミュージカルをしながら仲間たちと寝転びながら苦労することは特別な魅力とやりがいがあります."
もちろん演技チォチァである彼がミュージカルの主人公を引き受けるということが易しくはなかった.オジョンヒョクは一月半分と言う時間の間強行軍で演習に臨まなければならなかった.

しかしそんなオジョンヒョクの姿が刺戟剤になって他の俳優たちももっと熱心に練習したし,自信感と団結力をもっと高めることができたということが同僚俳優たちと演出陣の後門だ.

それなら来年初 'オンでシーズン2'が幕を閉じた後オジョンヒョクの進路は?映画やドラマなど他の演技分野でラブコールがある法もする.

"私の欲心はただ今臨むミュージカルに最善をつくそうというのです.敢えて他の分野や作品まで欲張る立場ではないと思います.'オンエアシーズン2'が幕を閉じるまでこの作品にだけ集中します."
呉ゾンヒョクは劇中では鼻が高くてしょうがないスターアレックス役を演技していたが,現実では謙遜さと誠実を失わない正しい俳優と同時に青年だった.

[アジア経済 2008-10-28 09:51]  元記事はこちらから

20090110-10.jpg 20090110-11.jpg

※ジフニもミュージカル演習にオールインしてるでしょうか?無事歌唱できるかも心配ですが、まわりの共演者方々に主役として認めていただき、仲良くしてもらえるといいなあなんて(爆)。

記事アップ途中で寝込んでしまった昨夜最後に準備してた分。。。
オジョンヒョク君、歌手だから上手いの当然~とか思ってたけど、演技もすごく良かった!「オンエアシーズン2」再演後の活動も楽しみです~。ついでにアンドレキム先生のショーの様子も探してみました~。

20090110-12.jpg 20090110-13.jpg 20090110-14.jpg 20090110-15.jpg
思ったよりは普通(笑)。
スポンサーサイト

 オジョンヒョク "派手な活動したが,底で泳ぎもチョブァッダ"
2009年01月11日 (日) | 編集 |
"誰より私が引き受けた役目をよく理解する."
アイドルグループ 'Click B' 出身オジョンヒョクがミュージカルデビュー作である 'オンエアシーズン2' フレスコを現場でこのように明らかにした.

27日午後ソウル大学路スターシティで開かれた行事でオジョンヒョクは "アレックスと私はたくさん似ている.軍隊に行かなかったがその心情をよく分かるようだ"と "私もアイドルグループのボーカルで派手な芸能界活動をして見たし,大変を経験しながら底で永いで見たりした"と打ち明けた.

オジョンヒョクは劇中最高のアイドルグループグリフィンのリーダーでおびただしい人気を享受したが所属社との葛藤で無理やりに軍に入隊した後人気を忘れてしまった往年のスター 'アレックス' 役を引き受けた.

このミュージカルでアレックスは除隊後人気ない深夜ラジオ DJ 役でカムバックするようになるが,芸能界と人に対する不信でラジオ製作陣たちと年間であるなんだかんだと言う.

オジョンヒョクは "グループ時代良くないことが生じながら人々と壁が生じ始めた.誰かが近付くのがムソウォッコしきりに壁後に隠れたかった"と直接経験した派手なスター後の裏面を伝えた.

オーダーメード洋服みたいなキャラクター ‘アレックス’を演技するようになったオジョンヒョクは自らも自分の焚身を見せてくれるという覚悟で演技に臨んでいる.

歌と踊りでキャラクターを表現するミュージカル演技の魅力にすっかりはまって仲間俳優やスタッフたちとともに一日 14時間以上練習して汗ばんでミュージカル 'オンエアシーズン2'を作って行く喜悦を感じている.

初盤催星辰演出の手酷い焼きに精神がぴかっと持ったという彼は,第一歩を踏み出す ‘新人’であることを毎度自覚して他の配役のせりふまで皆暗記して製作陣たちをびっくりさせているという裏話だ.

オジョンヒョクは “歌手に名前が知られて作品のために前に乗り出すことはできるが演習室と舞台ではミュージカル専門俳優たちの後や横に一緒に立つことができることだけでも嬉しい”と所感を明らかにした.

[毎日経済 2008-10-27 18:48]  元記事はこちらから

20090110-8.jpg 20090110-9.jpg

※下積みを重ねながらトップを目指して努力するミュージカル俳優方々と一緒の舞台に立つジフニ。経験もないのに主役に抜擢されるからには死ぬ気でがんばらんといけんよー。

 歌手オジョンヒョク?ミュージカルスターオジョンヒョク!
2009年01月11日 (日) | 編集 |
グループクリックB 出身歌手オジョンヒョク(25)が熟されて帰って来た.タイトルももう一つ得た.ミュージカル俳優.

易しく得たタイトルではない.甘く見て挑戦してから手酷い申告式を支払った.“そのまま漠然と新しいジャンルに挑戦して経験を広げようと思った.そのまま本のミュージカルオーディションにぎくっと付いてしまった.歌手で 9年位活動をしたし歌と踊りにはもう慣れるからミュージカルもそんな式にすれば良いと思ったが酷い目にあった”と言う告白だ.

“ オーディションを通過と熱心にしなければならないという考えたが歌手が身についていて見たらミュージカルの基本的なこと自体を受け入れることができなかっ た.過ちきたかたかった.初盤からずっとパニック状態だった.デビュー以後 9年の間いろいろなことを経験したがこんなに大変で見た事がない”と打ち明けた.

中間に放棄を思い浮かんだことも一二回ではない.“演出は中間にあきらめたい私の心情を見抜いたのか間違えば切ってしまうという脅迫ではない脅迫をした.一緒に徹夜してシナリオ演習を手伝ってくれた俳優たち,同じアレックス役を演技するキム・ドンウクと蔵書院さんは自分たちの演技秘法まで知らせてくれて私にお手助けになった”とありがたがった.

“ 書院さんは真剣でおとなしいアレックス,ドングウクさんは悪戯をする可愛いアレックス”と区分した.自分のアレックスはまだいない. “私は二人の長所を見て学んで私だけのアレックスを作って行く過程だ.公演終わるテツムには私の色の明らかなアレックスが出ないか ”と期待した.

ミュー ジカルを舞台にあげる前演習期間はぽつんと一月半分だった.オジョンヒョクはこの期間の間ほとんど一日に 3時間だけ字で練習した.集中するためにすべての芸能活動は中止した.こんなに大変にさせられた結果物が ‘オンエアシーズン2’だ.一杯になる客席と歓呼する観客たちが彼の努力を報いる.

こ んなに遂げた ‘オンエアシーズン2’だが相変らず舞台は難しい.特に歌手活動をしながら生じた癖はよく直らない.“煮こむことを 出す時首をねじるとか手をあげるとか相変らず歌手の時のジェスチャーが出る.徹底的にアレックスにならなければならないのに歌中間に急にオジョンヒョクにな る”と言うのだ.

ア レックス役は愛着が行くしかない.“アイドルスターだったがいろいろの事で崩れる.そんな事を経験して強く見えようと労力するアレックスだ.人 々とどうして距離を置いて壁を積むのか理解することができる.そしてまた周り人々によって暖かい心を捜す.私が経験したことと似ている”と言 う判断だ.

難しく 人に近付く点も似ている.“キムスジョンPDから自分に似ている点を捜し出した.私一人だけ傷を受けたと思って一人で寝るのを閉じこめておいたが自分ではなくて傷ついて一人で苦しがる人がいた. 見守りながら似ている痛みを持ったというやけどする共感した.自分だけ分かって保護しようとする人が勇気を出して他人に近付こうと試みるその心情が分かる ”と説明した.

底 から始めて手酷く叱られてミュージカル俳優で少しずつ成長して行くオジョンヒョクだ.夢がもう一つ生じた.“割焚くとても大変で終りまでやりこ なすことができる剥いてしたが手始めをしてみるから欲心が生じていたよ.ミュージカル俳優で認定を受けたら良いだろう.”
“オンエアが終わる来年 1月頃時期上にアルバムを出さなければならないのに率直にミュージカル一篇を加えて見たい心情”と言いながら愛着を隠さなかった.

‘オンエアシーズン2’は 2009年 1月4日までソウル大学路スターシティ 3館で公演される.率直を越した鼻が高いことで人々を荒てるようにするアイドルグループ出身 DJ アレックスとどんな男に会っても事毎にぶつかる融通性ない PD キムスジョンの愛を愉快に盛り出している.

[ニューシース 2008-10-18 13:22]  元記事はこちらから

20090110-7.jpg

※歌手であってもミュージカル初挑戦には相当な苦労があったそうで、でもこの「オンエアシーズン2」、好評につき早くも今月後半再演が決まっていますがオジョンヒョク君のアレックスとってもオススメ~^^

 ソウルひとり旅(081229-090101) 3日目(12/31)その4 COEXでお買い物
2009年01月08日 (木) | 編集 |
「オンエアシーズン2」で心がほっこりあったかくなったので寒さもどこへやら(笑)。恵化からまた東大門運動場で2号線に乗り換え、COEXのある三成までしばらく電車に乗ります。

普段は席が多少空いてても後からアジュンマとかハルモニとか来ると困るんで立ったままでいるんですが、わりと余裕で空いてたんで座ってみます。初日みたく寝過ごさないようにしないと(笑)。で、途中から若いグループが乗り込んできてわたしの両脇に座ります(ヤバイ)。最初はマジ寝ないようにタヌキ寝入りをしようかとも思ったんですが気の毒だし気になるし(笑)、「チェンジ」と唐突に話しかけて席を替わってあげましたら「アリガトウ」と言われました!なんでわかったんだろう日本人てってバレバレでしたでしょうか(爆)。

081231-74.jpg
COEXに到着、相変わらずすごい人でした~。夜はツリーが特にキレイ!

「霜花店」カウントダウンは23:45の回。まだ21:00くらいでしたのでお店がやってるうちにお買い物だー。事前に欲しいものは韓国語でメモ書きし用意。任天堂DSのフィギュアスケート育成ゲームみたいのが年末出るというのを、DS専門店があったんで聞いてみますと「ああ」と言いつつ入ってないと;;

なんかうまく意思の疎通ができなくて(爆)、説明に困った店員さんがメモに”12/30”と書き込んでくれたんですが余計に???だって今日12/31じゃん?でもないの???  なにやらフロア地図を出してきてバンディ&ルニスを指し示します。この本屋さんにはあるのかなー。コマスミダ~とショップを後してさっそく行って聞いてみたんですけどやっぱりなかったガッカリ。いったい”12/30”ってなんだったんだろう・・・。

せっかく本屋さんに来ましたが、初日リブロでたんまり買ったんで特にもうお目当てはなし。でも本屋好きのわたしとしてはぶらぶらしてみますと、新刊コーナーになにやら見たことのあるロゴ、そしてシルエット!見たことない「ベバ」の本があってビックリ!こんなの出るの知らなかった~。思いがけずゲットできてラッキ~。ついでにリブロでは悩んでやめた「ウインク」を。最新号は「宮」載ってないんですけど記念に^^

あとはCD!ミョンミン氏のクラシックセレクトアルバム~。メモにタイトルを書いてきたんで店員さんに見せれば楽勝かと(笑)。でも売り場に行ってびっくり!ミョンミン氏だらけだ感動;;

081231-77.jpg 081231-76.jpg 081231-78.jpg
入ってすぐ、目立つ棚とか、レジ前とか

081231-75.jpg
祈りのミョンミン氏、ステキ~。

聞く必要もなくゲットでレジへ~。「ミョンミン氏好きなんです」って言ったらこの同じポスター出してきてくれて、「ヨナたんも好きなんです」(もう1枚買った)って言ったらポスターと、店頭用のでっかいタペストリーもいります?なんて、目が点になるくらいでかくてかさばりそうだけど後先考えず「イェ~イェ~;;」

いまミョンミン氏が貼ってあるような縦長の、なんか裏に両面テープがついたまま斜めに巻かれてて直しようもない。紙袋からむっちゃ飛び出していますがこれ持って映画見るほかないし重いし~。でもなんて太っ腹なんでしょう(捨てるだけだったのか?)。くださったアジュンマに「韓国語勉強してまして~」とか「ひとり旅で~」とか言いつつ、写真撮ってもいいですか?って言って上のあれこれを激写した次第。帰る時に「サヨウナラ」って言ってくれて嬉しかったです。

081231-82.jpg 081231-83.jpg 081231-84.jpg

ベッドの横よりもずっと大きいタペストリー。ホテル戻って両面テープ全部はがしてもベタベタしてて、ティッシュを細く切って貼り付けて巻き直したらなんとかスーツケースに収まりホッ(爆)。その他ジャウリムも。

「霜花店」まではまだ少し時間がありますんで腹ごしらえマクドナルドで韓国ならではの「プルコギボゴ(バーガー)」を頼みます。いや~テリヤキバーガーみたくちょっと甘くておいしかった。食べ終わり会社の友だちへソウルタワーで買った絵はがきで年賀状を書き書き。海外からなんてちょっとステキじゃない?だったんですけどうっかりAIRMAILって書くの忘れていまだ届いてないという・・・船便になってたらどないしよー;;

この後はいよいよMEGABOXに移動!いきなり来月公開のキムガンウ君主演「マリンボーイ」なディスプレイ発見!昨日はなかった気が~。

081231-79.jpg
「キッチン」と同じ日に公開なのよね、楽しみ楽しみ。

そうしてまだも少し早いけど入口の近くに行ってみますとやたら人が多い!そしてなにやら賑わいが~。そう、「霜花店」舞台挨拶はカウントダウンだけではあらず、その前の回もあるんですね~。じゃあここにいればインソン君やジヒョリン見られるかも!;; そう思った矢先「キャー」目の前のなにやら花道状態、その人垣の向こうにSP(じゃないかも)に誘導されてインソン君~;; ジンモ氏は確認できず、ジヒョリン~;; 一瞬ですが反対側のスクリーンへの移動を見ることができましたー。ああカメラ用意する余裕もなかったバカバカ・・・。

待ってれば次のスクリーンに移動するところも見られるかも!すでに待ちの花道ができつつありますその前の方に位置取ります。ポスタータペストリーの袋が重いんで足下に置いたりして。でもだんだん上映時間が迫ってきますので入場も始まってますし諦め列を抜けます。もうまもなく見られるし!

次はいよいよカウントダウン上映会の話題~。
でも席はむっちゃ遠かったんで写真も撮れず~。韓流日本人目指した取材のカメラクルー多数で目が合わないようにおとなしくしてました(笑)。というわけで続きは明日~。帰国してからますます目の下のクマが濃くなっていくとはこれいかに(-_-;

 ソウルひとり旅(081229-090101) 3日目(12/31)その3 ミュージカル「オンエアシーズン2」
2009年01月06日 (火) | 編集 |
会場は4号線の恵化にある大学路スターシティ。5号線でず~っと東大門運動場まで乗って乗り換えです。ホテル出るのにもたついて開演時間が迫りますが道順の地図があったんでこれもスムーズに行けました到着~。

081231-61.jpg 081231-62.jpg
でもあれ?なんかポスター違うけど、、、、、あれーーー???;;

なんとキムドンウク君が出演すると思ったら別の人だったのですー。チケット取る時この日昼夜ともキムドンウク君で、間違いないか一応確認して取ったんですけどね。変更なんてざらにあるでしょうし、というか合間1時間もないのに昼夜続投なんてあり得ないか普通;;

ショック、かなりショック、、、でもだからと言ってしかたないですからもちろん入ります。かなりテンション下がってますがもう開演なので会場に入りますが狭~い!席の間隔も近くてそのまま座っちゃったからコート脱げないけどみんな着てるからいいか(笑)。

081231-71.jpg
前から二列目、通路から二番目。むっちゃ近いです!

18:00きっかりくらい唐突に激しくテンション高い前説の芸人みたいな男性登場~。拍手やかけ声(ひゅ~ひゅ~)の合図と練習なんかしてわたしも一緒にひゅ~ひゅ~やってて、あらやだ楽しいじゃないの、みたいな(爆)。

舞台はラジオ局のスタジオ、元アイドルで兵役帰りのアレックスがDJとして戻ってくると、かつての熱狂的なファンである放送作家の女の子がむちゃむちゃ萌え萌えして、当時のラストコンサートの様子が再現されたり(ここでアレックス役のオジョンヒョク君を見るんですがむっちゃかっこえーー・爆)テンポ良く進みます。

ストーリーは下の方の記事なんかにありますんで割愛しますが、すごいよかったー。歌ありダンスあり(ミュージカルだから当然ですが)、ラジオのDJも観客は事前にメッセージとか書いて出してるらしく、読み上げてプレゼントをあげるとか、カップルをステージにあげて告白タイム、彼女のOKが出て公開キス~とか(笑)。

客席から登場する時もあってすぐ隣の通路を通ったり!とにかくツバが飛んできそうな、飛んできたら間違いなくあたる位置で堪能しました。もちろん上演中は撮影禁止なんですけど(たぶん)、ラストは撮って撮ってモードでみんな立って激写しまくり~。

081231-63.jpg 081231-64.jpg 081231-65.jpg 20090104-19.jpg

デジカメ電池温存のため携帯で!

081231-67.jpg 081231-66.jpg 081231-68.jpg
左は秋山(うそ)。いや~ほんと近かった。これがドンウク君だったら、、、なんて考えいつの間にか消えてて^^

オジョンヒョク君のステージを見られたのは神さまのいたずらというよりも、贈り物だったのかなあなんて思ったりして。だってぜったい自分では選ぶ機会100%なかったですから。でも一目見たらなんというか中一の時のふたつ上のあこがれの先輩を見るような(爆)、くらもちふさこの「東京のカサノバ」の暁を見るような(古!)、胸きゅんハ~トを鷲掴みされました!歌も上手くてね~。でも設定は年下男子なんで”ヌナ!”なんて言ってくれるのも萌え萌え~(爆)。

081231-70.jpg 081231-69.jpg
オジョンヒョク君バージョンポスター。

081231-72.jpg 081231-73.jpg
ロビーにありましたミニパンフとハガキ。ハガキの裏にDJアレックスへのメッセージを書くものですが記念にゲット^^

客席を出ると次の回待ちの方々がたむろしています。いいなあドンウク君見るんだ~。
でもだからといって当日券があるかを確認する必要もなく、次はCOEXで「霜花店」カウントダウンだし、これが縁というもの。ドンウク君にはまた別の機会にきっと会えると思うから!

いっぱい笑って胸キュンじ~んときて、とっても心があったかくなるミュージカルでした。
途中ジャウリムの「アンティーク」Xmasシーンで流れた曲なんかもあったりして別の意味でも萌え~。やっぱりいいなあこういう生の舞台。もっと言葉がわかったら77回笑えたんでしょうが、それが残念。もっと語学をしっかりせにゃ~;;

また見たいなあと思ったら4月にシーズン3があるらしい。
まわりはカップルや仲間通しでにぎやか。大晦日の夜はまだまだこれから~ということで、COEXに向かいます~のカウントダウン編はまた明日!

最後にオジョンヒョク君、見られなかったドンウク君の歌が聴けるYT動画を下にしまいます~。
予想外のサプライズはステキな想い出になりました^^

[READ MORE...]
 ミュージカルオンエアシーズン2,カップルには ‘強力お勧め’ ソロには ‘悲秋’
2009年01月06日 (火) | 編集 |
移民頃·スモモ·金猿梨の実など豪華キャスティング視線

今こそ恋愛の季節が帰って来た.あらゆる花たちが飜る春も,熱い日ざしが照り付ける夏も,抜歯に落ち葉が寝転ぶ秋も冬に喩えることができない.まず冷たい 風で恋人たちをもっと抱き締めるようにして,ロマンチックな風景を催す白い雪が降って,クリスマス·除夜の鐘·バレンタイン デーなど恋人たちだけのイベントを夢見るようにする各種イベントまで… そうだ.断然として冬は恋愛の季節だ.

そこに一つをもっと加えようとすると恋人の感性を刺激する暖かい舞台の存在だ.ミュージカル ‘オンエアシー ズン2’はラジオ放送スタジオを背景でふっと見ればドラマ ‘オンエア’で登場した作家と PD,俳優の間の神経戦を予想するようにする.しかしこのミュージカルも愛に陷りたいすべての青春男女たちの心に火をつける典型的な ‘塩蔵用ミュージカル’だ.公演を見た観客たちの中で恋人たちはより一層相手に対する切なさが増えて,ソロたちも ‘これから恋愛を始めて見るか’ と思う考えが煙突みたいになる.

ひととき大衆の歓呼を受けたアイドル歌手アレックスは 願わなかった口どおり空白期を持って,ラジオ DJにシムドロングするように復帰する.しかし復帰したラジオプログラム ‘マジックタイム’には初めて会った男と 15分の内に争うという一名 ‘けんか鶏’ キムスジョン PDが堪えている.そして過去アレックスを追い回した熱誠ファン出身ウアミ作家もいる.アレックスは初めて金純情と事毎になんだかんだと争うが意図しない 事件を一緒に経験した後好感が芽ぐむ.

‘オンエアシーズン2’は俳優兆民坊出演したシーズン1に喩えるに値する豪華キャスティングを誇る.グループデ-バ出身の移民頃と歌手スモモ,そしてコメディアン金猿梨の実が舞台で隠しておいた演技力をお目見えする.また前もって観客たちから事情を受けて公演中間に自然にとかして入れて現場感も倍加した.そしてギムジンテ,呉大患,正弦株な どで成り立った助演陣も甘草役目をたっぷりする.しかし何より ‘オンエアシーズン2’の価値は ‘愛したい季節’ 冬によく似合う恋物語をおいしそうにお目見えしたと言うのにある.精神健康のために絶対ひとり見ることはお勧めしない.来年 1月4日までソウル大学路スターシティ 3管,4万5000ウォン.(02)517-8642

[スポーツカン 2008-12-04 21:08]  元記事はこちらから

20090105-11.jpg

※というわけでお勧めされないひとり身で見に行ったわけですが(爆)、むちゃむちゃ良かったですー;; 劇中歌は既存のヒット曲だったんですね~、数曲はわかりましたが一番好きだったのがアレックスの歌だったとは!オリジナル探してみましたんで想い出に下にしまいます~。オジョンヒョク君の甘い歌声もむちゃステキでした~*^^*

[READ MORE...]
 俳優キム・ドンウク,ミュージカル「オンエアシーズン2」から ‘女心’ 振る~
2009年01月05日 (月) | 編集 |
俳優キム・ドンウクがミュージカルデビュー作 <オンエアシーズン2>で水準級の歌唱力と好演をお目見えして人目を引いている.

“舞台の上で観客と会う瞬間が一番幸せだ”はキム・ドンウクはミュージカル <オンエアシーズン2>を通じて学生時代から夢見て来た舞台に上がって自分の熱情を燃やしている.

ミュージカル <オンエアシーズン2>で主人公 ‘アレックス’を演技しているキム・ドンウクは映画撮影とミュージカルを竝行しなければならない大変なスケジュールにもかかわら ず演習を繰り返えしてミュージカル初舞台を成功的にやっと終わりつくしている.

キム・ドンウクは劇中林再犯の ‘非常’,アレックスの ‘君なら’,深玄補の ‘愛はそんなこと’を完璧に熱唱して水準級の歌唱力で観客たちを魅かせている.

また公演の中で観客たちの事情を読んで明るいほほ笑みをする時や,劇の中で屋台場面で相手役である金純情 PDに向けて “ヌナ”と呼ぶ場面では客席を尋ねた女性観客たちの歓呼を催すようにする.

ミュージカルある関係者は “最近になって ‘コーヒープリンス 1号店’が日本に放映されながら日本観光客たちが公演場を尋ねる場合も増えている”と “俳優キム・ドンウクの ‘女心雑記’にもう一度驚いている”と言った.

一方事もなげな演技と可愛らしい愛嬌,水準級の歌唱力まですべて等しく取り揃えた俳優キム・ドンウクがお目見えするミュージカル <オンエアシーズン2>は来年 1月 4日まで大学路スターシティ 3管で公演される.

[DIP通信 2008-11-11 13:31]  元記事はこちらから

20090105-9.jpg

※本当ならわたしもドンウク君目当ての日本人だったんですけどね~。
オジョンヒョク君の”ヌナ”にしっかりやられました!(爆)


20090105-10.jpg
ドンウク君バージョンのポスター

 俳優オテファン,ミュージカル…生きている演技で勝負する
2009年01月05日 (月) | 編集 |
ミュージカル ‘オンエア’ のマルチメンで席を固めて即興的なコミック演技で人気独り占めに出たミュージカル界演技派俳優オテファン(29)に会った. 臍つかんで帰って来るというかなりの公演舞台でモルティメンに名前を知らせた学ぶのに彼の演技は卓越だ.観客を引き入れる妙な魅力を持っている呉大患の ミュージカルの中演技に対して虚心坦懐な話を聞いて見た.

‘オンエアシーズン1’ の中ベテランミュージカル俳優たちの即興演技が‘オンエア’の笑いポイントです.大学路公演係が不況という言葉がぎこちなく ‘オンエアシーズン2’は好況を享受している.観客たちは ‘オンエア’がシーズン2でもっと笑わせると公演始終笑うために忙しいという好評を列べている.

“ シーズン1 から観客を笑わせようとすごく努力した.初演の時,原稿を毎日直して行きながら準備した.不足だと思えば修正してまた修正して,ほとんど 10回以上修正したことで憶える.シナリオだけ見て人を笑わせる事がいくら難しい事であって分からない.練習する度に続いて笑わせようと原稿を修正した. ”

オテファンは ‘オンエア’ シーズン1 でシーズン2 を続いて来る唯一の学ぶ.‘オンエア’の人気独り占めの中で ‘オンエア’ マスコットだと呼ばれるほど ‘オンエア’スターでたけなわだった.

20090105-7.jpg 

[READ MORE...]
 ミュージカル 'オンエアシーズン2' 報告 “77回笑おう”
2009年01月05日 (月) | 編集 |
金融危機による経済的沈滞,就職難,修学能力ストレスなど笑いよりは歎息と絶望の音が高くなっているこのごろ,某通信企業の '笑い'TV広告から企業らの 'FUN'マーケティングまで国民に笑いと希望を伝達しようとする努力が高くなっている.

そんな中観客たちに '大きい笑い'と 'ビッグ楽しさ'をプレゼントしているミュージカルが観客たちの笑いくちのうわさにこの不況期にも年間である売り切れ行列を引き続いていて公演界に話題だ.

週末だけではなく坪である公演まで売り切れを記録して公演がつながるほど観客たちの自発的くちのうわさでもっと大きい反応を得ているミュージカル ‘オンエアシーズン2’がまさにその主人公だ.

10月オープン以後爆発的な人気を集めている ‘オンエアシーズン2’は愉快なストーリーと俳優たちの事もなげなコミック演技に観客たちの気ばたらきまで似合って,公演が進行される 110分間総 70回以上の大きい笑いをプレゼントする.

某通信社で最近発表したアンケート調査によれば大人男女の一日平均笑う時間が '90秒'しかならないという衝撃的な結果が出たが,ここに根拠すればミュージカル 'オンエアシーズン2'は見当をつけて一周日分以上の笑いと活力を伝達しているという観客反応だ.

20090105-3.jpg 20090105-4.jpg

[READ MORE...]
 ソウルひとり旅(081229-090101) 3日目(12/31)その2 テディベアミュージアム Nソウルタワー
2009年01月04日 (日) | 編集 |
ソウルタワーには4年前に一度登ったことがありました。当時は「キムサムスン」の前なので「パリの恋人」気分、帰り道は徒歩で降りながらドラマを思い浮かべて萌え萌えしたものでした。

で、久しぶりということで行き方がいま一歩わからず、ウルジロ入口で下車して明洞方向に向かう途中の観光案内で教わり、パシフィックホテルの右の道を延々歩きます。

081231-10.jpg
韓国の鳩も同じようですね~。

途中までは案内板もあって調子よく歩いてましたが坂を上ってちょっと戸惑っていたらその場にたむろしていたアジュンマがタワーなら階段上だと教えてくれてほっ。そのまま直進してもたどり着けたようですが近道だったみたい。こますみだアジュンマ!(爆)

その先にあるのはケーブルカー乗り場。今回は時間短縮と体力温存のために往復切符を購入。前は友達と一緒で切符も買ってもらったんですが今回はひとりで買えました!(爆)

081231-11.jpg

あっという間に到着ー。今日もお天気が良く日差しが眩しいです。新しくできたというテディベアミュージアムへ心が急ぎますー。おっあれはパワースポットとか言われてる八角堂!

081231-12.jpg 081231-13.jpg 081231-14.jpg
中央に立ってみます。天井とってもキレイ~。あとでまた来るとして先を急がねば、あっ!

081231-15.jpg 081231-16.jpg 081231-9.jpg
あの三角の紅白はまさにー。縛られちゃってすごいむぎゅむぎゅですー(爆)。ああ触ってみればよかったけどロープ張られてるってことはやっぱNGよね。

081231-17.jpg 081231-18.jpg 
まずはミュージアムへと入り口を探しますがよくわからん。すぐそばのミュージアムショップで教わりますがグッズがいっぱいだー後でのお楽しみに。

081231-19.jpg
入り口は地下1階、ちょっとわかりにくいかも。入ってチケットを購入しますが最初なんか緊張してミュージアムオンリーなのを買ってしまい、やっぱり来たからにはタワーにも登りたいじゃんと、すみませんがタワーもと、セットチケットと変えてもらいました(爆)。

081231-20.jpg
というわけで1館からスタート!しかしバシバシ写真を撮りまくりたいところなんですがデジカメ電池、2つ持ってきた1つを使いきってしまったハイペースに、今夜のカウントダウンのためにも電池は温存しなくては(-_-;) ネットで見られる写真はこの際ある程度省略し(N。さんとことか)わたし的萌えポイントに重視!いざ中に入りますー。

081231-21.jpg 081231-22.jpg
ちょっとSFちっくなトンネルを越えると(「時間のトンネル」と言うそうです)そこは一気にタイムスリップした歴史館。大きなベアもお出迎えー。

081231-23.jpg 081231-24.jpg 081231-25.jpg
ミニチュアは目の前に立つとそれぞれ動き出して楽しいです。パネルには英語表記もありますが韓国語の方がなんとなくわかる自分がちょっと嬉しい!

081231-26.jpg 081231-27.jpg 081231-28.jpg
王室の伝統結婚式、これすごい気に入りました!だってお嫁さん頭下げすぎで机ぶつかりそうだしってまるでチェギョンじゃん!(爆)そう思うとシン君のベアが凛々しく見えて萌え萌えですー。

081231-29.jpg
あと撃鞠とか~。

081231-30.jpg 081231-31.jpg
宮と別にしてもいろんなシチュエーションがテディベアで表現されていてとても楽しかったです。
最後まで行ってからまた戻って最初から見直したくらい^^

081231-32.jpg
次は2館ー。こちらは現代の世界を再現。


081231-34.jpg
明洞はお約束でしょう、町中でキスしてるカップルベアを激写!
東大門、市庁、仁寺洞、大学路などなど、わたし的には歴史館のベアたちの方が表情(はないけどそんな雰囲気)があって親しみやすかったなあ。このへん写真省略(爆)。

081231-35.jpg
ちょっとテンション下がり出したところでキターー!宮ゾーンです!

081231-36.jpg 081231-37.jpg
 仲良く並んだシンチェベア、でかいというかデブ(爆)。とくにロープもないんで人もいないし触ってみます(爆)。きゃっ!

081231-44.jpg 081231-42.jpg 081231-43.jpg
おー、ドラマのラストに登場したベアたちだー。そしてとりわけ大切にディスプレイされてる子は本物アルフレッド!感激ー。

081231-45.jpg
とにかく激写!センパのチェジュに行けなかったうっぷんをここではらします(爆)。おっ、このショーケースは?うおーん、ファンPD愛用のものたちです!個別に解説しますね!

081231-46.jpg 081231-47.jpg
左:ファンインレ監督が撮影当時よくかぶっていた帽子
右:「宮」撮影当時俳優ユンウネがファンインレ監督の誕生日プレゼントに贈ったルドルフカチューシャ

081231-48.jpg 081231-49.jpg
左:台本に書き込みする時に使った鉛筆と鉛筆削り
右:ファンインレ監督が撮影当時使用して直接書き込みした台本

これいままでチェジュにあったものでしょうか?それともこのたび用意されたもの?当時を忍ぶことができるアイテムを実際こうして見ることができて感激ですー(ToT) でもって本物アルフレッドとかがソウルにいたらチェジュの宮ゾーンはどうなってるんだろう謎(爆)。

081231-38.jpg 081231-39_20090104210724.jpg 081231-40.jpg
そして真ん中には大きな正装シンチェベア、これ二人の間に椅子があるんで記念写真撮れるというもの。普段自分が見たままの風景を記録に残すことが第一で、自分の写真には興味ないわたしなんですがこればっかりは話は別です!(爆)でもみまわしてもひとっこひとりいないんですがヤバイ(-_-;) 

081231-52.jpg 081231-53.jpg
とりあえず先に進むとショップでレジにお姉さんがひとり、最悪この方に頼むか?(爆)まずはお買い物ー、シンチェベアは手に入れているんで今回はポストカードに韓服チェギョン風ベアのストラップにノートなんかをご購入ー。この先はもう出口、もう一度宮ゾーンに戻りますとおお、大人なカップル発見ー。

081231-41.jpg
タイミングをはかりお姉さんの方にお願いしたら快くタテヨコ2枚撮ってくださいましたコマスミダー。目をつぶってようが写真写り悪かろうが構やしない!シンチェの間で一緒に映ったことが大事!手もしっかり繋いだしー(爆)。

081231-50.jpg 081231-51.jpg
たっぷり堪能し次はタワーです。たしか上にもベアがいるとか?それは見ないとですからー。
いちおうジュンベアコーナーも保存!

081231-54.jpg 081231-55.jpg
眺めがいい~。まぶしくて上手く撮れませんでしたがベアの親子?カップル?

081231-56.jpg 081231-57.jpg
けっこうのんびりしてしまいました。お昼もホットドック簡単に食べて済ませちゃったし。
名残惜しいけどさようなら~。

081231-60.jpg 081231-58.jpg 081231-59.jpg
さようなら八角堂、さようならNタワー。後ろ側も激写!(N。さんに捧ぐ・爆)

明洞に戻りコインロッカーから荷物をピックアップしてホテルに戻ると15:30過ぎ。次は18:00から恵化でキムドンウク君主演のミュージカルですが、その後COEXでオールナイトになるため荷物の整理をギリギリまで。初生ドンウク君、初生ジヒョリン楽しみだ~。

ということでミュージカル編&カウントダウン上映会編は今日中にアップできるのか!?
予定は未定ですがしばし休憩~。

 ソウルひとり旅(081229-090101) 3日目(12/31)その1 起床~明洞
2009年01月04日 (日) | 編集 |
今日もちゃんとアラームかけて8時過ぎに起床~。長い一日の始まりです!

081231-1.jpg 081231-2.jpg
まだ「宮」には早いけどつけてみたら前にYTで見たヨナたん特集が再放送されてた~。

081231-3.jpg 081231-4.jpg 081231-5.jpg
この日は後ろからハグ~、パーティードレスにドキっ&タンゴの回で萌え萌え^^
そして明日は里帰りひとつベッド~これは見逃せません!

今日のプランはソウルタワーに登ってテディベアミュージアムを見た後に明洞のコインロッカーから昨日の荷物をピックアップして必ずホテルに一度戻る。なので荷物は最小限で出かけます!

081231-6.jpg 081231-7.jpg 081231-8.jpg
移動の地下鉄構内にてミョンミン氏(これはホーム撮影・爆)、ヨナたん&テファン君発見~。
ツリーはどこもキレイでついつい激写してしまいます(笑)。

と、ここから南山に向かいますが外出せねばなんで夕方まで続きはお待ちください~。

081231-9.jpg
チャッカンマンキダリョジュセヨ~(ぎゅうぎゅう)

 ソウルひとり旅(081229-090101) 2日目(12/30)その3 MBC演技大賞
2009年01月04日 (日) | 編集 |
考えてみたら演技大賞は写真も撮れないし本編はKNTVで放送されたりリアルタイム視聴されてる方も多かろうから感想程度で済むんだった~なのでそれほど長くなることはないかと続けます(たぶん・爆)。

081230-44.jpg
いただきましたチケットは”カ”の50番台って一列目の端とか?番号は遅いけど会員じゃなくて一般参加だからしゃ~ない。でもむしろこれが後々幸いするのでした(こんなんばっか)。

20:40 入場~と思いきやけっこう待たされ並ばされ寒い思いをしました。
入るとスタジオってこういうんだ~と新鮮な感動。いままで画面で見ていた授賞式がこんなコンパクトな会場で行われてるなんて!

席を探しますと”カ”はカナダラの最初ではありますが1列ではなくて舞台向かって一番左のブロック、つまりわたしの場合一番最後尾列だったのですオーノー;; でも考えてみたらまわりはみんなSS氏またはBY氏ファンばかりのアウェー、目立たずに観察もしつつ見られる絶好のポジションじゃないですかと瞬時に立ち直る!(爆)

さっそく観察を始めますが、舞台の下のフラットなところにノミネートされてる方やプレゼンターの円卓が8個くらい?それぞれの椅子には俳優さんのお名前が書かれた紙が貼られてます!こっから肉眼ではぜんぜん見えないものでホント双眼鏡持ってきて良かったよー。はやる心を抑えつつじ~っとひとつづつ確認します。

わたしのところからの角度だと、円卓に座られてるかたのうちまともに見えるのは2人程度、それ以外は背中向き、これって非常にやばい状況~ああ神さま~;;

ホント韓国語読めるようになってて良かったとここでもつくづく思いました。ああ、パクヘジン君見える席~とか、ウネちゃんの名前もあるじゃん見えるじゃん!とかスンホン氏も見える位置なのはちょっとお得とか(爆)。そしてお目当てのキムミョンミン氏もばっちりだー;;

21:55から生放送始まるまではまだ相当ありますがテンション上がってます。徐々に出演者も入場してきて~、あっイル君!チョンイル君が登場~。椅子は見えなかったけど座ると横顔がばっちりだ~。ミョンミン氏の隣はイジア嬢、グンソク君。ソンオクスクさんは本来背中になるんですが、お仲間の方を見られるのでお顔がよく見えます。チョジェヒョン氏~。パクチョルミン氏は遅れてきましたが「ニューハート」のお席ながら「ベバ」も隣なんでちょうどいい感じ(笑)。

ウネちゃんはいつ登場するのかなあ、ずっと見てますが空席のまま演技大賞本番スタート!
オープニングは派手なステージを期待しいていたのにスタンバってるのはイヨニ嬢???エデン祭りのスタートかい。普通ノミネート作品のミュージカル風メドレーとかでない?そうでないとしてもノミネートされてる当の本人が舞台にあがるってなんかおかしい。お人形みたいでかわいいですが彼女に歌わせた演出はやりすぎだと思いました。まあハンジヘ嬢が歌いながら登場するよりはまだいいですが。

各賞についてはいろんな記事もありますし放送もあったところで割愛。
見えないところでの補足だけ。

ミョンミン氏はほんとステキオーラ発していました!(爆)
彼が登場した途端あちこちから人が集まって、手をさしのべ握手。どんなことを話してるんだろう、笑顔で談笑。チョゼヒョン氏とも仲良さそう1部終わって2部が始まるまでの間並んで話してたし^^

「ベバ」のジュニ嬢、遅刻で本人ノミネートの新人賞にはいなかったのにいつの間にかイジア嬢とグンソク君の間に座ってました。どうせ受賞しないなら遅れついでに欠席してもいいものを、やっぱり「ベバ」の仲間たちとその栄誉を分かち合いたいからかなあと勝手に推測。一緒の円卓に座ってるのも楽しそうで^^

ぜんぜん余談ですがチョゼヒョン氏のことを呼ばれるたびに”チュジフン”に聞こえた(爆)。

「エデンの東」ドラマ紹介の時に急激に睡魔に襲われる。イダヘ嬢登場シーンほとんどなかったですね~。ちなみにバックの勢揃い画像も普段良く見るのとは違っててハンジヘ嬢がセンターよりでイダヘ嬢がいないんですがこんなバージョンのポスターありましたっけ演技大賞オリジナルか?(爆)

「エデン」関係ですごい歓声が上がるたび、グンソク君とチョゼヒョン氏が速攻反応、いつも振り向いてグンソク君は面白そうに、チョゼヒョン氏は怪訝そうに見てましたっけ。

ウネちゃんはただ授賞のためだけに登場。でもミョンミン氏とのツーショットは嬉しかった!
終わるとお席に来るかしら~と見てたら、ささっと「ぶどう畑」で共演したイスンジェ氏のところにだけご挨拶握手をして、あとグンソク君にも会釈して会場を去られましたるるる~。

そして満を持しての登場ペヨンジュン氏、なんか意味もなく恐かった。まるで去年の映像を巻き戻して見てるようで、一瞬松葉杖ついてるのかと思ってしまったわたしが変なのか。でも初ヨンさまは貴重な経験でした。

あと飛び入りジソプも韓流的にナイスなタイミングでしたが唐突過ぎ(爆)。ステージ降りてグンソク君に会釈して出ていったような。

それから飛び入りではないですが、プレゼンターにどんな方が来るのか考えてなかったんでイソンギュン氏やキムチャンワン氏、チェブラム氏、イル君が出たのは嬉しかったですね~。思いがけずイジュンギ君も。ああこれでキムガンウ君が来てくれたら~ってぜんぜん関係ないから来ない来ない(-_-;

というくらいでしょうか~そして
2008年MBC演技大賞-エデンの東=これが本当の結果 、であるとわたしは思います(爆)。

その年を代表するドラマが競い合う場に、未完のドラマがどうして肩を並べるんだろう、そんな矛盾を感じながらもあの受賞オンパレードに辟易。会場は日本人が溢れ、番組も佳境になった頃になってから通路を埋めるくらいにバタバタと入場してきた方たちも多数。なんのために誰のために賞があるんだろう、日本人を集めるため?ドラマ制作に携わった方々の誇りと真心が生み出した結果を讃えるためじゃないのかな。韓国の授賞式を見守るのが自国民でなく外国人(日本人)の割合が高いってなにかおかしくない?

なんていって来年も絶対見に行きたいって心に誓ってるんですけど(爆)。
ともかく今年の結果には半分満足半分不満、ミョンミン氏の大賞は共同受賞だからといって半分の価値ではなく、100%彼のための大賞です。信じて努力すれば必ず伝わるし願いは叶う。韓流は避けられない目の上のたんこぶでしょうが、それでも上手く付きあいバランスを取りながら、決して自分を見失うことなく、我が道を突き進んで欲しい。だからまた日本に来てくださいね、ミョンミン氏^^

番組終了後はまた人の輪がミョンミン氏に集まり、その後ステージ上で受賞者の記念撮影が。席を離れて自由に移動して見られるんですけど(一般席までですが)、なんかテレビで見ていた方々がすぐそこに普通にいるって不思議~。ずっと見てたかったけど団体行動集合なのでさようならミョンミン氏~;;

気持ちよく終わったものの実はここからが大変で長かった(爆)。
わたしのホテルはヨイドから乗り換え入れて4,5駅なんで、タクれば近いじゃん~とか軽く思ってたんです。でもなかなか停まらないし停まっても今度は近すぎて乗車拒否;; しかたなく他の方々と一緒にバスで明洞に戻り、そこからタクシーをつかまえて元来た道を戻ることになりました。

大勢乗れるような大きなタクシーでもこの際仕方ない。ホテルもわかるそうなので乗り込み心配くださった係の方、今日お会いした方々に見送られ明洞を後にします。韓国でタクシー乗るの久しぶり、しかもこんな遅い時間に(1:30頃)どっか連れてかれても誰もわたしがいなくなったことわからないじゃーん;; とか急に不安になるもずっと黙りで。

信号で止まったときふと前を見るとヨイド公園の看板があって、「あっ、ヨイドだ」と声が出てしまったのをきっかけに、ええいと「韓国語勉強してるんですが」作戦で思いきって話しかけてみますと好感触、それからは「明日ソウルタワーに登るんですがお天気どうですか?」とか「一人で旅行なんです」とか(これって場合によっては危険だわね)片言、返事もいまいちわからないながらもホテルまでお話ししつつ楽しい道のりでした。

081230-45.jpg
記念にタクシーの中からの眺め^^

ホテルに無事到着~。お値段31,400w、けっこうかかったわね~。
でもお財布から32,000wお渡しして少しですが気持ちです~と言ったら笑ってました(ほんと少しだし)。で、ジフニを真似して「ヘンボッカセヨ~」と降りましたらタクシーのアジョシは立ち去るときに窓から手だけ出して振ってくれてなんかそれがとっても嬉しかったです。

ホントはタクシー止めるまえにコインロッカーから荷物ピックアップすれば後が楽だったなあとか思ったんですけど、そうしてたらあのタクシーには乗れなかっただろうしやっぱりタイミングってある。アジョシで良かった~そんな旅の想い出がまたひとつできました。

ホテルの地下にあるファミマで今日もお買い物~。またヨナたん別の箱もあったのでゲット。
部屋に戻るともう2:00、テレビつけたらなんかジホ氏に似てる~なんで激写!
それからシャワーして、明日はカウントダウンもあるしチェックアウトの準備もいまのうちしておかねば~と荷物の整理なんかもしててまた遅くなりました。

081230-46.jpg

いよいよ大晦日、予定はまず「宮」見て(爆)、ソウルタワーに登りテディベアミュージアムを見て、ミュージカルに「霜花店」カウントダウン!その間にCDも買いたいし年末発売されるらしいDSヨナたんソフトも探したいし~と、これまたとんでもない一日になりそうです。しっかりアラームセットして寝たのはいったい何時だったろう。こうして2日目も無事終了~。

と、やっぱり長くなってしまいました~しかも文字ばっかだし。
3日目はその分もりだくさんなのでお楽しみに!なんとか今日中にそこまでは終わらせたい;;

 ソウルひとり旅(081229-090101) 2日目(12/30)その2 MBCドリームセンター
2009年01月04日 (日) | 編集 |
MBCドリームセンターって過去記事にあったんですけど(こちら)ホントにここに行ったんだ、感激~。

081230-7.jpg 081230-8.jpg 081230-9.jpg
どれくらいバスに乗ってか、爆睡してたんでわからず。到着~。

081230-10.jpg 081230-11.jpg 081230-13.jpg
MBC「コプ」本店?(爆)
エレベーターホールには社員さん向けの正式オープンを知らせる貼り紙がありました。

081230-12.jpg
あとこんなのも~。労働組合のなんかかなあ。

081230-41.jpg 081230-17.jpg 081230-16.jpg
一行はタレント室に通されました。今回局内を案内してくれるのはMBCタレントのチュウさんで、一覧のボードを記念に激写!真ん中あたりの中村雅俊似のやさしげな男性でした(MBC演技大賞優秀賞の時、チョミンギ氏に花束を渡してました方)。あとタレント出演予定表も。

081230-14.jpg 081230-15.jpg
おっと、PD一覧!昔ならファンインレ監督やイジェギュ監督もここにいたのよね~と感慨に耽っていますとイユンジョン監督発見~。でもがっかり手ぶれってる;;

081230-18.jpg 081230-19.jpg 081230-43.jpg
それから歴代タレント局室長?チェブラム氏~。あと室長席、お名前確認するの忘れた。
部屋の中かなりマニアックにあやしく動き回って激写するわたし(爆)。

081230-20.jpg 081230-30.jpg 081230-31.jpg
ドラマの撮影セットがあるところに案内していただきますが、局内の方にむしろ興味津々。

081230-22.jpg 081230-23.jpg 081230-24.jpg
が~ん、ロゴをそのまま使いたかったんでしょうけどあんまりだよMBC;; 

081230-25.jpg 081230-26.jpg
大勢日本人がやってきてもぴくりともしないお疲れスタッフゥ~(爆)。
ツーショットに笑顔で応じるチュウさん。

081230-21.jpg 081230-29.jpg
こんなのが廊下にあるなんて萌え~^^

081230-28.jpg 081230-27.jpg 081230-32.jpg
局内のファジャンシル~。女性用実際使ってみましたの中もちょっと激写!失礼しました~。

081230-33.jpg 081230-34.jpg 081230-35.jpg
窓から、外からの眺め。ステキなこの夕焼けを忘れない!

081230-36.jpg 081230-37.jpg 081230-38.jpg
ありがとうMBC、さようならMBC。

081230-39.jpg 081230-40.jpg
ああまた手ぶれってるし;;

他の方々はチュウさんとツーショット撮ったりサインをいただいたりしてましたが、わたしは終始個人行動でたぶん端から見たらろくでもないものを撮ってる変な人に見られたでしょう。でも我が人生に悔いなしー(爆)。いよいよ次は演技大賞生本番!

081230-42.jpg
バスはヨイドに移動して近くで食事となりました。
ご飯なしかと思ってパン買ってたんだけど嬉しいよー;; 大勢なんでブデチゲにサムギョプサルにと、一人旅では味わえないものをいただきマジ感謝でした。ただ胸いっぱいであまし食べられず。

食事後トイレを済ませバスで待機。
係の方からは「近いですから双眼鏡はいりませんよ~」なんて言われたものの重いは重いけど細かな表情も見るし~と一応持参しますが、この決断を後々どんなに感謝することになるか。つづきの演技大賞本編はまた明日~^^

 ソウルひとり旅(081229-090101) 2日目(12/30)その1 起床~COEX
2009年01月04日 (日) | 編集 |
昨日から映画で爆睡したり電車乗り過ごしたりで今度は寝坊ですか?;;
先が思いやられます~。でも正負の法則とも言える~(爆)。

081230-1.jpg 081230-2.jpg
MBCのケーブルチャンネルで「宮」が再放送してたのです~。この日は5話!
ならば当然見るでしょう。10時くらいまでなので「霜花店」は11:15か11:45の二択ですが!

映画は133分、MBC演技大賞ツアーの集合は明洞で16:00。場合によっては戻ってこられないかも~と、慌てて荷造りしながらテレビ鑑賞。字幕なしで見るってなんかリアルタイム視聴を思い出して新鮮~(笑)。

なんて悠長にしている場合じゃないでした。カメラと双眼鏡と、夜トイレに行けなくなるから朝コーヒー一杯を飲み納めに(爆)。10時に終わってまもなく出発。今日も時間との闘いだー。

081230-3.jpg 081230-4.jpg
やって来ましたCOEX!
「霜花店」初日~。今回も今日と明日の時間を書き入れたメモ持参でチケットカウンターに突撃です。するとカウントダウン上映会、後方真ん中らへんの席がぽっかり1席だけ残ってるんだと、やったー;; けっきょく駅に着いてからもMEGABOX遠いんで11:45の回を鑑賞。なんか人がらがらなんですけど~。みんな明日の舞台挨拶狙いなのかな。

というわけで無事「霜花店」1回鑑賞~。いや~すごかったです。なにがってナニがです(爆)。
詳しくはここでは書きませんがわたしは好きです。前にも書いたけど「茶母」とどこかリンクする部分があるのと(わたしの勝手な思いこみでしょうが)、3人ともすごく良かったし。音楽はブラームスの交響曲第3番が印象的に使われててムードを盛り上げ(気になってCD聴きまくって探しました・爆)、ジンモ氏の歌う「霜花店」とジヒョリンの歌う歌も耳に残り、つい口ずさんでしまいます(笑)。

でもそんな余韻~に浸っている間もなく、帰り道急ぎ足でBASICHOUSEに立ち寄り物色お目当ての先月買ったトートバッグの色違いや着替えのセーターを購入。するとレジで「前も来ましたよね~、これ買った」ってなんで覚えてるんだろう~(笑)。その時一緒に買ったあったかコート着てたんでバレバレでしたでしょうか。でもなんか嬉しくて~、今日は「霜花店」を観に~、一番好きなのはジフニなんですけどとかなんとか。「韓国語勉強して~でもあんまり」と言うと「上手いですよ~」ってお世辞でも嬉しい;; 

次の日は到着遅いんでもう閉店してるだろうから無理してもここに寄って良かった!さすがに2月にまた来ますとはその場で言えませんでしたがまた「キッチン」観にここに来たいなあ^^

CDショップは夜遅くまでやってるんで明日にするとして、これにてCOEX脱出ですがホテルに戻るには微妙な時間。集合時間に間に合わなくなる危険を冒すよりは潔く予定変更、そうなるとこの大きなBASICHOUSEのお買い物バッグをどうにかせにゃ~;;

今夜MBCが終わってからピックアップしやすいようにホテル近くの駅まで行って預けるか、、、いや探したりなんだりの時間が読めないしまずは明洞を目指すがいい!

081230-5.jpg 081230-6.jpg
どこで乗り換えたか忘れた(爆)。でも地上の駅でなんか新鮮だったんで激写!
ツリーは明洞だったかなー。

集合場所に近い改札を出たところ目の前にコインロッカー発見!事前に預け方をネットで見てはいたんですがちょっとドキドキ。Tマネーカードを使ってやりますのは日本のスイカのロッカーみたいなものですね。スムーズに預けられて良かった~。

というわけで15分ほど前に余裕で集合場所に到着。これで演技大賞に参加できる;;
一行バスに乗りまして、本日のスケジュールの発表があったのですが、夜の本番前に一山のMBCドリームセンターが見学できるんだとか去年2月にできた新社屋。嬉しいよ~。お昼を食べ損なったのでコンビニで買っておいたパンをひとり車中食べつつ心はワクワクドキドキとテンション上がってきました~^^

次は「宮」の故郷あこがれのMBCへいざ突撃~。

 ソウルひとり旅(081229-090101) 1日目(12/29)その5 キムチャンワンバンド
2009年01月04日 (日) | 編集 |
このライブを知ったのも12月初旬(元記事はこちら)、タイミングってあるもんですね~、キムドンウク君のチケットを頼んだ直後だったんで一緒に取ってもらえるか問い合わせたらOKと!無事事前にチケットも手元に届き安心して開演時間に行くことができました~の予定だったんですけど!;;

到着して中に入ったらもうライブ開始から30分経過くらいでしょうか、すでに熱気ムンムンしかも男性率高くてみんな背が高い~。後ろからひょいひょいのぞき込みますがチャンワン氏をなんとか背伸びして確認できる位置で荷物を足下に置き、コートを抱えて眺めます。

081229-62.jpg 081229-63.jpg 081229-64.jpg
とにかくすごいんですよ~、手を伸ばして撮ってこれだから。ひ~ん;;

間もなくメンバー紹介がありまして、日本人の方がいるのを初めて知りました。
でもってキムチャンワン氏、おやじロッカーかっこいい!みんなと心の垣根がない感じ!

081229-65.jpg 081229-66.jpg 081229-67.jpg
そしてみんなすごく楽しそうで~、いい大人な男性が拳あげて大声で歌ってたり、明らかにアジュンマな方とか、家族とか、あまし若い子は少なかったような安心感(爆)。揃いのTシャツを着てる方々がいてファンクラブかな?背中にサインが入ってるのを後ろからじっと見てしまいました(笑)。

081229-68.jpg 081229-69.jpg
チケットで1ドリンクフリーらしかったんですけど慌てて入ったらチケットどっかいっちゃって(爆)。なんだかライブ後はサービスみたいに手渡ししてましたがメクチュ(ビール)だったんで遠慮しちゃいましたが記念にもらえばよかったかな(爆)。

081229-70.jpg 081229-71.jpg 081229-72.jpg
外に出ると小雪が舞っててステキ~。テントにはCDを買うため人だかりです。

081229-73.jpg 081229-74.jpg 081229-75.jpg
タイトル通り、みんな幸せな気分で会場前でわいわいとたむろしています。
わたしも言葉はわからないけどほっこりいい気分。名残惜しいですが会場を後にします。
上水駅構内のツリーを激写!

いや~韓国での初ライブハウス体験楽しかったです。次は身軽で(爆)。
日々がむしゃらに韓国メディアを検索してるおかげでこのライブや展示会に行くことができましたそのタイミングに感謝感謝。いい想い出になりました^^

081229-76.jpg
ホテルに戻ったのは23:00頃、地下のファミマで夜食などを買い込みますがヨナたんのウィスパー発見!(爆)レジがナムジャだって構わずアジュンマは買いますとも。ちなみにテレビはMBC芸能大賞がまだやってましたののファニ&ファヨビのライブ^^

081229-77.jpg 081229-78.jpg 081229-79.jpg
今日の収穫~買うも買ったり。キムチャンワン氏のCDは見たらサイン入りでした!
あ、チケットはけっきょく後から見つかりましたのです(笑)。

カップラーメン食べながら明日の予定を立てますが、COEXで初回8:00、8:30、9:00がありますがここから1時間以上みないとなんでその次10:45、11:15、11:45のうち早めに見るのが安心だなあと計画。

シャワーを浴びてベッドにもぐり込み、いったい何時にアラームかけようかしら、、、と考えているうちに寝込んじゃって起きたらもう9時近く!;; やっちまったよー、また予定が狂う。11:15ならいいかなあ、急ぎ着替えて昨日買ったパンを食べようと、とりあえずテレビをつけてザッピングゥ~、すると・・・(12/30に続く)

ようやく1日が終わった;;続きはまたのちほど~。

 ソウルひとり旅(081229-090101) 1日目(12/29)その4 リブロ・純情マンガ展
2009年01月04日 (日) | 編集 |
梨大駅を降りて地図をたよりにリブロを目指します。意外と簡単に発見!
12月初旬に知りましたこの展示会(関連記事はこちら)、到着したのは18:50ということであまりじっくり堪能するヒマはありません急げ~;;

081229-45.jpg 081229-46.jpg 
では行きま~す!

081229-47.jpg 081229-56.jpg 081229-49.jpg 
誰もいませんねふふふ。
081229-50.jpg 081229-52.jpg 081229-48.jpg
でもちゃんと写真撮っていいか聞きました(笑)。
081229-60.jpg 081229-53.jpg 081229-54.jpg
あった、パクソヒ先生~。後ろからハグシンチェ^^

081229-51.jpg 081229-55.jpg
右の絵、展示会ポスター描かれた方かなあ。すごいかわいかったんでこれも激写^^

あとは書店の普通のフロアの棚脇にもあちこち原画が飾られてました。
そこはさすがにはばかられて撮影してませんが、「宮」は17巻の表紙原画がありました!

081229-57.jpg 081229-58.jpg
よしながふみさんコーナー!手書きポップがとってもかわいい^^
なにやら割引らしく、韓国版「西洋骨董洋菓子店」は2巻の愛蔵本を持ってるんですけどこのたび映画化の帯がついてる4巻ものをお買い上げ~。

あとせっかくなので「CIEL」もハニル堂さんで買えなかった7~10巻と、「タムナは島だ」1巻だけお試しと、幻のウネちゃんジフニ共演作「個人の趣向」小説も(爆)。したらちゃんと”2008年秋にMBCでドラマ化~”みたいな帯がついててより切ない。

これからスタンディングのライブに行こうってのにわたしったら・・・。
そういえば「リアルパープル」あるかどうか確認するの忘れた;; でもこれ以上この日は持てなかったしまたの機会に。

081229-59.jpg
乗れなかった京義線・新村駅。またいつか梨大に来る時は乗ってみたいです~。

と、ここでまだ次に移動せず、新村駅にはミリオレがありまして、そこにあるMEGABOXを目指します。でも実はすでに開演時間が迫ってて寄ったりすると遅刻決定なんですけど、明日の大晦日COEXである「霜花店」のカウントダウン上映会のチケットがどうにか取れないかなあとダメモトで!

いくら同じMEGABOXでも別の店だったら無理かな、無理よね、でもなんか韓国だったらネットワークとか発達してて予約もできちゃったりしないかなとかなんとか。で、片言ながら日付と時間と場所を描いた紙を見せながら「別の劇場の予約はできますか?」と聞いてみたらやぱしできずー;; がっかりですがやるだけのことはやった(爆)。

でもこうなったらなるべく早く現地に予約しに行くしかないけど無駄に時間を費やすわけにもいかん。翌日はMBC演技大賞ツアーで16:00に明洞集合、「霜花店」初日の午前にCOEXこれだ!と急きょスケジュールを立て直します。時間調べておいて良かった~。上手くしたら2回見られるし!

キムチャンワン氏のライブ会場は6号線上水駅。梨大から4駅だけど乗り換えがあるんで意外に時間がかかってしまった。到着したのが20:20、うわ~ん;; 

081229-61.jpg
ライブハウスの前にはチャンワン氏をデザインしたテントがあってCD売ってましたを即ゲット!
山ほどマンガを買った荷物もそのままに(ロッカーあったのかなあ)焦って中に入ります。

は~ようやく1日目のクライマックス。続きは後ほど~。

 ソウルひとり旅(081229-090101) 1日目(12/29)その3 景福宮~COSER
2009年01月03日 (土) | 編集 |
景福宮までは5号線そのまま光化門まで行って歩こうかなあとまだ時間もあるし乗り換えめんどいし。意外と空いていて座れたので20分くらいありますのでちょっと目を閉じます、、、、、と気づいたらなんか東大門とかとんでもなく乗り過ごしてますが!;;

しまった「ロマアイ」に続いてまた失敗。タイムロスとなりましたので光化門から歩くプランは却下、最短コースで3号線で景福宮で下車しますがあぶなかったわ~。ゴールはペヨンジン先生のお店コセル(COSER)ということで、左側からスタートします。

081229-24.jpg 081229-14.jpg
迎秋門。グンソク君が歩くの好きだって言ってた景福宮の左側に萌え~(爆)。
このあたりで警備の方に呼び止められます(ドキっ!)大統領府が近いからの厳重警備です。
あうあうしてたら「ウォーキング?」と(笑)。イエーイエーと歩くジェスチャー付きで答えましたら笑顔で通してくれました~。この頃はもう17:30近くて薄暗く、わたし以外歩いてる人はほっとんどいませんでした。

081229-18.jpg 081229-15.jpg
青瓦台(大統領府)が近づいてきたところ左前方になにやらキレイなところがあり激写のみ!

081229-16.jpg
ここが青瓦台?この付近はとにかく警備の方が多かったですね~。なので激写するのもはばかられますがどうせ観光客丸出しなんで気にせず撮り続けます。

081229-17.jpg 081229-19.jpg 081229-20.jpg
ちょうど景福宮の裏側あたりにあります神武門。雪が残っていて滑りやすくて恐かった~。

081229-21.jpg 081229-22.jpg 081229-23.jpg
景福宮の右側は車の通りが多くてうるさい。たしかに左が雰囲気あって良かったな。建春門。

081229-25.jpg 081229-26.jpg 081229-27.jpg
もうこのあたりで通りの向こうにコセルが見えますが景福宮ゴール到着~。もう18:00近く。

081229-28.jpg 081229-33.jpg 081229-29.jpg
お店の中だけ一際明るいです~。わあクマ発見!アルフレッド!?

081229-30.jpg 081229-31.jpg 081229-32.jpg
残念、そうではなかったけどクマをディスプレイするって「宮」意識してるっぽくて嬉しい。
あとフェイスショップのパクトも飾られてました^^

081229-34.jpg
思いきって中にも入ってみたんですけど無人で(爆)、時間も押してますし小心者のわたしは写真も撮らず(前に店内はNGと言われたんで)上に声をかけることもできず、そのまますごすごと帰ってきてしまいました~。

もしペヨンジン先生がいらしたらディレクターズカットDVDの宮BOOKお見せしたかったんですけど、結構分厚くて重かったんですけど(爆)。またの機会を楽しみに~。

もう18:00、この後新村(梨大)にあるリブロに行って20:00がライブなんで急ぎ移動です。
でもソウル駅から初めての鉄道、キムガンウ君繋がり京義線に乗るのはリスクが大きすぎるので今回は断念、光化門から市庁の通りのイルミネーションがキレイらしいのは下調べしてたのでまたまた歩きます。

081229-35.jpg 081229-36.jpg 081229-37.jpg
光化門から通りを見ますとキレイ~。工事中の門の一部にはこんな子どもたちの絵がたくさん!遠くから見てピンクの部分かな~。

081229-38.jpg 
反対側の通りに世宗文化会館。キレイだったのにぶれちゃった;;

081229-39.jpg
清渓川のとこ。まわりの壁が白い光でいろんな風に変わってステキだったー。

081229-43.jpg 081229-44.jpg
教保文庫の近くだったかな~記念に激写。

081229-41.jpg 081229-40.jpg 081229-42.jpg
市庁到着~。ここには大きなクリスマスツリーと、スケートリンクがありました(製氷中)。
ヨナたん効果でしょうか?待ってる方多数。見ていたいけど時間もないのでそのまま地下鉄2号線で梨大へ直行!

ようやくリブロ編へ~。思っていた以上にレポ時間かかってスミマセン・・・。

 ソウルひとり旅(081229-090101) 1日目(12/29)その2 金浦到着~ホテル
2009年01月03日 (土) | 編集 |
行きはJL8831便、羽田8:20発ソウル10:45着の予定だったので、空港にあるCGVのスケジュールを事前に調べ11:45からのミンギ、イソンギュン氏の「ロマンティックアイランド」を観るプラン。これならホテルのチェックイン14:00以降なんで無駄なく過ごせるし~。

と、そうしたら意外と飛行機到着が遅れまして出てくるのに手間取り焦ります。着陸したのが11:00位だったか?時間が迫りますが、金浦内に手荷物を預かってくれる場所があるというのをネットで知り、初めてですが利用してみます。アジョシにスーツケースを渡すと9000wと、サインして引換券をいただきます。結構高い?壁を見ると大・中・小で値段が違ってわたしのは大なんだ~へ~うそ~;;

でもコインロッカーを探してる時間の余裕はありません。だってもう時間なんだもん!
というわけで走ってCGVに行き「ロメンティックエイレンド~」と、怪しい英語で恥ずかしながら言ってみますがいちおう買えまして(爆)座席が選べるんですががら空きなんで一番後ろの通路側をチョイス。好きなんです最後尾の端(爆)。

入りますともう予告編が始まってます。で、座ってる人たぶんヒトケタ(爆)。
公開して一週間も経ってないんじゃん?だいじょぶかミンギー!でもわざわざ空港で見ようっていう人はそれほどいないのかな。

ようやく落ち着いて座りました。ふ~それなりに予定通り^^
で、ここからが予定外。映画始まって数分、とてつもない睡魔に襲われて爆睡です自分!;;
昨夜の睡眠不足に、乗り物酔い対策の酔い止めが効きました。目が覚めたらミンギとユジンちゃんがすでに出会ってて、また目覚めたらイムンシクさんと彼女が○○してて、イソンギュン氏に至っては途中ほとんど記憶にないー(号泣)。

とにかく目薬さしたりラスト30分は死ぬ気で目を開けてましたが、南国風な音楽がまた心地よくて睡眠療法のような催眠効果があります映画でした(爆)。ということで感想一切なしエヨ(爆)。

081229-11.jpg 
CGVとこのフードコートで食べたビビンパ。思えば渡韓中これが一番まともな食事だったかも(爆)。

081229-5.jpg 081229-6.jpg
明日から公開「霜花店」~。

081229-7.jpg 081229-8.jpg 081229-9.jpg
ミアネミンギや~。いつかかならず雪辱戦を。「ポニョ」と「加速スキャンダル」も激写!

081229-10.jpg
地下鉄に向かう途中にて。韓国はまだどこもツリーが残ってるのであちこち激写しました。

5号線、ホテルがあるのは20分ほど乗ったヤンピョン駅。ホームは地下5階でビビりましたがすべてエレベーターが利用できたので楽勝です。ちなみにとなり駅はCGV木洞があるオーモッキョ駅。ヨナちゃんがアイスショーをした木洞アイスリンクがある場所でもあります。

081229-12.jpg 081229-13.jpg
すると窓から見える景色にな~んとそのアイスリンク発見!むちゃ感激や~;;
角度的に窓から見える部屋ってそうそう多くはないと思うんですけど嬉しいサプライズ~。

と、ホテルに着いたのはもう15:00をまわっていますので、そうそうのんびりもしてられません。
この後のプランは景福宮徒歩で一周&ペヨンジン先生のコセル訪問(いちおう宮BOOK持参)、京義線に乗って新村に移動してリブロでパクソヒ先生の原画もあるという展示会に突撃~の後が本日のメインイベント、キムチャンワン氏のライブ~。どこまでどれだけミッション遂行できるか時間と相談でいざ出発!

 ソウルひとり旅(081229-090101) 1日目(12/29)その1 出発前
2009年01月03日 (土) | 編集 |
渡韓を決めたのは11月の中頃?会社に気がねせず行ける機会は貴重!30日の「霜花店」公開も後押しして生涯初海外での年越し、しかも一人旅という大プロジェクトです。

でもそこからがばたばたで、エアは高くなってもいたしかたなしと押さえたもののいつもの日本語PC使い放題なホテルが取れず近場の安宿ものきなみ満員。視点を変えて行き帰り空港からの便が良いところを口コミ情報を確認した上で押さえてホッと一息。

その後ラッキーにもMBC演技大賞観覧ツアー募集に滑り込みセーフ、もともと行きたかったキムドンウク君のミュージカルをは滞在中鑑賞可能な彼の出演日が大晦日の18時と21時のみ、ホテルに戻ると深夜になるため早い回を選びます。ソウルタワーのテディベアミュージアムオープンやキムチャンワン氏のライブ、韓国女流漫画家展、ミョンミン氏CDの話題など情報が入るたび旅のプランは雪だるま(爆)。チケットがあり時間が決まっているものの前後に移動時間を考慮してどう配分すべきか延々頭を悩ませることに。

さらに直前「霜花店」のカウントダウン上映会もあるという記事が出て、これは行かねばでしょうと!ミュージカルの時間も幸い都合よく間に合うし、行けば当然夜明かしすることは明らかですが構やしません(COEXからヨイドより向こうまでひとりでタクシーつかまえて帰るなんて無理だし;;)。問題はチケットが取れるかどうか。

荷物着替えはとにかく最低限、事前に買ってたシャンプーリンスも重くなるんで現地調達に切り替え、ホッカイロが意外と重いですがこれは向こうで使いきるということで靴用、貼る用、揉む用と十分装備。空港で計ったら10kgちょい、でもこれが限界でした。ということを出発当日直前までやってましてご存じの通り睡眠時間30分、4時起きで出かけます(爆)。

081229-1.jpg
フニたん、ママ行ってくるよ~;; 相変わらずクールです。

081229-2.jpg 081229-3.jpg 081229-4.jpg
羽田出国ロビーに「ベバ」パネル発見~。ミョンミン氏、今からあなたに会いに行きます!

って前置き長いですか?(爆)次はいよいよ金浦到着から!

 バス車中より無事に帰国の第一報です!
2009年01月01日 (木) | 編集 |
コメ多数ありがとうございますー。無事ほぼ予定通りこなして十二分に満喫してきました!唯一計算違いはチケット申し込みする時点ではドンウク君だったのに行ってみたら違ってたこと。残念ながらハリムには会えなかったけどトリプルキャストの彼がルックスもいいし歌も上手いしでそんな出会いは逆にラッキーだったかと(爆)。

映画は「ロマアイ」「加速スキャンダル」に「霜花店」だけ3回見ました!いやー良かったです。なんかわたし的に「茶母」と重なるのは気のせいでしょうか。今日は機内をのぞき一睡もしてないので夜は最小限のチェックで失礼します。ミョンミン氏ヨナちゃんネタもありますが先が長くなるので(爆)。

では家に着いて落ち着いたらまたー(^-^)/

 秋改編に帰って来たミュージカル 「オンエアシーズン2」
2008年12月31日 (水) | 編集 |
• 題目ミュージカル <オンエアシーズン2>
• 公演期間 2008年 10月 7日(火) ~ 2009年 1月 4日(日) 総105回
• 公演場所大学路スターシティ 3管
• 公演時間坪である 20:00 / 土 16:00,19:00 / 仕事 15:00,18:00(月休み)
• 製作 ㈱エンターテイメント森
• 年間出催星辰
• 劇本の朴新春
• プロデューサー正月化,金型中
• 院中幽玄数
• 出年間キム・ドンウク呉ゾンヒョク蔵書院移民頃有情は金猿梨の実者もギムジンテ呉大患正弦株
• 観覧等級小学生以上観覧可
• チケット価格全石 45,000ウォン
• 公演前売りインタパーク 1544-1555
• 公演お問い合わせ 02-517-8642


[ 公演情報]

深くなった ‘ラジオ感性’と現実的な ‘キャラクター’が主要観覧ポイント!
ミュー ジカル <オンエア>は ‘ラジオ’という媒体が持った特有の暖かい感性で始まった.この作品を企てたエンターテイメント森の正月化代表は実際ラジオ作家 に活動した経験をいかして作品を企てた.SBS ‘チョン・ジェヒョンホン・チンギョンのミュージックパワー’ の最後の放送日,DJが製作陣の名前を一つ一つ呼んでくれることを聞いて涙をこぼした事がまだ鮮やかだという正月化代表は聞き取り者たちの喜怒哀楽が盛ら れた多様な事情たちと思い出を思い浮かぶようにする音楽が共存するラジオスタジオこそミュージカルそのものという考えをした.そうしてラジオを素材にした 初ミュージカル <オンエア>が誕生された.来る 10月 7日大学路スターシティ劇場で始まるミュージカル <オンエアシーズン2>はラジオ放送局スタジオを背景でアイドル歌手出身の率直堂堂年下の男 DJ アレックスと純粋陣地年上女 PD 金純情がラジオを通じて心の傷を治癒して新しい愛を広げるようになるロマンチックミュージカルで,シーズン1のさまざまな面をアップグレードさせた作品 だ.

何より目立つことはラジオの性 格がもっと強まったという点だ.<オンエアシーズン2>は事情を読んでくれてリクエスト曲を聞かせて聞き取り者たちと疏通するラジオ形式を借 用して他の公演では感じることができないラジオの感性をそっくりそのまま感じることができる唯一の公演だ.公演手始めの前観客たちが携帯電話を通じて文字 メッセージを送るとか,公式カフェーを通じて事情とリクエスト曲を応募すれば本当のラジオのように DJ アレックスを通じて公演の中に紹介される風変わりな参加コーナーも用意された.特に今度は公演場にはがきを備えて観客たちが現場から即席に事情とリクエス ト曲を応募するようにして観客たちのもっと大きい呼応が予想される.このように ‘ラジオ’というマスコミを直接目で見て実際経験するようになる今度公演を通じてラジオを主に聞いて思い出を作って行った世代の ラジオの感性をもっと濃く感じるように再構成された <オンエアシーズン2>は舞台デザインやはり観客たちに実際にラジオ公開放送に来たような感じを伝達するためにラジオスタジオの感じを充分に いかしてまた製作,見えるラジオを目の前で楽しむことができるただ一つの特別な公演に記憶されるでしょう.

ミュージカル <オンエアシーズン2>は主人公たちのキャラクターも多くの部分変わった.シーズン1からリップシンク波紋で人気が下落した歌手だった主人公 アレックスは,今度シーズン2ではアイドルグループ出身で軍隊を除隊した後自分ばかりの音楽を夢見る歌手でいっそう具体化になった.1990年代と 2000年代アイドル出身歌手たちがカムバックして 90年代スターたちがラジオDJに帰って来るこのごろトレンドを反映して,もっと立体的で現実的なキャラクターに変貌したのだ.

若い歌謡でもっとふんだんになったミュージックナンバー,もっと若くなった俳優たち!
愛を歌うミュージカル <オンエアシーズン2>
ミュー ジカル <オンエアシーズン2>は国内代表的な創作ジュークボックスミュージカルらしく多様な大衆歌謡を編曲して楽ながらも楽しい舞台をプレゼントす る予定だ.ジャックスキスの ‘フォームに生き、フォームに死ぬ’,林再犯の ‘非常’,ソン・シギョンの ‘われらは結構よく似合います’ など 2030世代の目の高さに当たる多様な大衆歌謡で成り立った 20余曲のミュージックナンバーは破格的な編曲で風変りな感じをプレゼントする.ミュージカルがちょっと疎い若い観客たちも慣れたラジオの感性を感じなが ら学生時代好んで聞いた歌謡を従って歌ってみると,無限なミュージカルの魅力にたっぷり陷るようになるでしょう.

ミュージカル <オンエアシーズン2>は出演俳優たちがいっそう若くなった点も目立つ.‘コーヒープリンス 1号店’で注目されたさわやかな魅力の俳優キム・ドンウクと主人公アレックスキャラクターとそっくり似ている呉ゾンヒョク,<殺してく れる話> <失恋> などの演劇舞台でがっちりしている実力を積んで来た俳優蔵書院が並んで DJ ‘アレックス’にキャスティングになってそれぞれ他の魅力のアレックスを善報であり,<愛は雨に乗って>の移民頃と <私の心の風琴>のユゾングウンが純粋陣地した年上女 PD ‘金純情’ 役を引き受けた.去るシーズン1でコメディアンギムヒョジンが引き受けて話題を集めたオングトング溌剌とするラジオ作家 ‘ウアミ’役はコメディアン金猿梨の実と歌手スモモが受け継いで甘草役目をたっぷりする予定だ.

韓国芸術総合学校演劇院出身でミュージ カル<インダングスサラングが>,<張金がの夢> などを通じて注目された催星辰が演出を引き受けて,<インダングスサラングが>で催星辰演出と呼吸を合わせた朴新春作家と現在公演係で注目さ れるスタッフたちが大挙参加して,若い俳優と若い歌で新しく改編されたミュージカル <オンエアシーズン2>は今年の秋をピンク感性で染めて 2008年 10月 7日から 2009年 1月 4日まで大学路スターシティ 3管で公演される.

*Synopsis
最高人気ダンスグループメインシンガーだったが 3年前盛んなうわさを残して突然の郡口どおり芸能界を発ったアレックス,もうちょうど除隊してソロで派手な復帰を夢見ている.
深夜ラジオプログラム <マジックタイム>の DJで芸能界に帰って来たアレックスはちょっとシニカルだが,純粋な心を持った金純情 PDと無茶な発想と行動が得意であるウアミ作家と会う.
しかしマジックタイムスタジオはアレックスと金純情PDの意見対立で静かな日がない.
気が向かなかったラデ-オDJだったが徐々にアレックスは取り取りの事情 の中でいつのまにか一緒に泣いて笑って疎通の喜びが分かるようになって,自分をオープン海歌であり暖かい慰労と激励の力を節減するようになる.
アレックスの変化された態度に金純情PDも彼をまた見るようになるのに…

20081228-18.jpg 20081228-17.jpg

※大晦日、2回公演の最初の方。キムドンウク君楽しみ~。

 2008MBC演技大賞 レッドカーペット&観覧ツアー参加中
2008年12月30日 (火) | 編集 |
当日の連絡が来てないまま渡韓ですが~現地で電話確認しなきゃ;;
大丈夫かなあ、無事に開催されてるといいのですが。リアルタイム視聴またはKNTVでご確認ください!(爆)

20081228-19.jpg
公式サイトは(こちら)から

※ストライキの影響があるのかないのか、どっちにしても全力でレポします!(爆)

 キムチァンワンバンドニューアルバム発売記念スタンディングコンサート
2008年12月29日 (月) | 編集 |

幸せだからギムチァングワンです.


公演人 : ギムチァングワンベンドニューアルバム The Happiest 発売記念送年コンサート ‘ 幸せだからギムチァングワンです.’
日時 : 2008年 12月 27日(土) 午後7時 / 28日(日) 午後5時 / 29日(月) 午後8時
場所 : 弘益大ローリングホール
ティケッが : 全石スタンディング均一が辞書前売り 50,000ウォン(現場購買 55,000ウォン)
主催 : ㈱ライブプラス
公演お問い合わせ : 02-522-9933 /www.liveplus.co.kr
前売りお問い合わせ : 1544-1555 /www.interpark.com


[ 公演情報]

ラジオ DJ,ドラマ,CF など全方位的な領域で活動しているギムチァングワンがまた舞台に帰って来る.2006年こだま結成 30周年記念コンサート,こだま送年コンサートなど音楽的でも息忙しい日程を消化した ‘音楽である’ ギムチァングワンは 2007年に至って ‘音楽である’として自分のフィルモグラフに新道記念碑的な公演を始める.㈜ライブプラスが企てて今年 4回目に迎える “ギムチァングワンです”というタイトルのブランド公演が正しくそれだ.

ドラマ <白巨搭>,<コーヒープリンス1号店>,<イルジメ>と現在話題の中に放映中の <彼らが住む世の中>まで既存の持っていたイメージの外に魅力的な悪役など多様な姿を見せてくれたギムチァングワンはドラマ自らの話題性と前 にも後にもない名演という好評によっていつよりもマスコミの注目を引いている.作品性と話題性を同時に持っている多くの作品からしきりにラブコールを受け ている彼は長年の活動を一緒にした自分のバンドとともにライブ舞台活動でも倦まず弛まず大衆に会っている.

そんな彼がギムチァングワンベンドで作り出す初サウンドである [The Happiest]と言う(のは)タイトルの新しいアルバムを 11月 25日売り出して 12月一年を仕上げる日特別な公演を準備する.

ギムチァングワンだけの独特の唱法と賑やか賑やか楽しいように呼んでくれるギムチァングワン声,
柔軟に流れるギムチァングワンだけのその他サウンド,
目をつぶって聞くギムチァングワンだけが作り上げることができる演奏曲,

その昔 の独特と奇抜だったギムチァングワンの音楽を生きている姿そのままいかしてまた他の音楽世界を広げて見せる今度アルバムタイトルで分かるように私たち皆の 窮極的な目標値である ‘幸せ’という大きなテーマの下ギムチァングワンが作ってくれる幸福感によって幸せが与えるさまざまな価値たちを思うようにする 作業を広げる予定だ.

ギムチァングワ ンベンド送年コンサート “幸せだからギムチァングワンです.”は寒い冬の冷たい風に凍りついた心をギムチァングワンベンドの力強くて熱情的なコンサート でいっぱい満たして寂しくて寂しい年末ではない友達と仲間,全家族がもろともにもう一度騷然と遊んで見られる幸せな時間を作ってくれるでしょう.㈜ライブ プラスが企てるブランド公演 “ギムチァングワンです”の今年バージョンである今度送年コンサートはタイトルでも感じられるように特にも疲れてだるかった今年 の一年を送って多くも大変でつらかった去る日々を返り見る一年の最後の時と新年の書き起こしを幸福感だけでいっぱい満たしてまた他の新しい夢を見るように してくれるでしょう.

ネクタイを解いてヘドベンイングをして,友達と肩を抱きしめて地団太を踏んで,愛する人々と近付く明日に対する夢を叫ぶ,いつも幸せを夢見て最上の幸せのために走る…

幸せだからギムチァングワンで,私たちには夢があるから.. もう 2009年だ!

20081228-15.jpg 20081228-16.jpg

※どんなライブやら楽しみです。そして誰かさんたちが見に来てないかなあなんて期待*^^*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。