★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 1年ぶりカン・ホドン復帰、憂慮より歓迎される理由は…
2012年08月20日 (月) | 編集 |
放送人カン・ホドンがSMと手を握って放送に復帰する。 昨年9月脱税疑惑で物議をかもしたカン・ホドンは放送暫定中断宣言をして大きい波紋を起こした。 17日カン・ホドンの復帰の便りに物議をかもした芸能人の復帰時点に焦点が合わされている。

▲‘脱税疑惑’カン・ホドン、ぴったり1年

最近何年間カン・ホドンはそれこそ自身の年を送った。 ユ・ジェソクと共にツートップを成し遂げて芸能大物と呼ばれた。 彼はMBC ‘黄金漁場-膝打ち導師’、KBS 2TV ‘ハッピーサンデー-1泊2日’、SBS ‘強心臓’等のMCで活躍して放送3社でいわゆる話す最もうまく行くプログラムを代表した。 しかし昨年9月税金過小納付論議に包まれながらデビュー以後最初にブレーキがかかった。 常勝疾走してきたカン・ホドンは避けないで急ブレーキを踏んだ。 記者会見を自ら要望して放送で暫定引退を宣言して大きい波紋を起こした。

以後彼はちっ居生活をした。 対外活動を慎んだし、知人たちにも会わなかった。 それに対する世論が変わりながらカン・ホドンは20億相当の平昌土地を寄付して、各種慈善行事を通した社会還元作業をした。

休むということなしに駆け付けた過ぎた日を見て回って乱れた自身を揺り動かす姿が歴然に見えた。 約1年ぶりに放送復帰を宣言した彼を眺める大衆の視線は比較的柔順だ。 あるアンケート調査によればカン・ホドンの復帰を賛成するというネチズンは何と70%に達した。 自粛期間の間カン・ホドンの歩みは世論を意識した歩みでない、心より放送の大切さを悟って自身を見て回る真の時間になった計算だ。

ポータルサイト掲示板などに上がってくるコメントだけ見ても知ることが出来る。 カン・ホドンの復帰報せに接したネチズンは“1年休んだらもう飢える時もなっただろう。 熱心にして下さい(@kks******)" “カン・ホドン1年ぶりに放送復帰慶祝慶祝!!!(@lee*****)" “や本当に冗談でなく(便り聞いて)我が家降りて行く廊下で大声を出した(@Hee*****)" などの反応を見せた。 また、放送界でも彼の復帰を喜ぶ雰囲気だ。 現在の焦眉の関心は彼がどんな放送局のどんなプログラムに復帰をするのかに合わせている。 また、カン・ホドンの復帰でユ・ジェソク1人独走体制に変化があるのか成り行きが注目される。

▲チュ・ジフン、麻薬波紋踏んで4年ぶりにテレビ劇場復帰

チュ・ジフンは去る2009年4月麻薬投薬疑惑で不拘束起訴された。 当時チュ・ジフンは懲役6ヶ月執行猶予1年と社会奉仕命令を宣告された。 以後彼は2010年特戦司令部常勤予備役で入隊したし2011年11月除隊した。 除隊後彼はSBS ‘大風樹’出演に有望視されたが失敗に終わったことがある。 これで2012年8月SBS ‘五本の指’に出演確定になった彼は約4年ぶりにテレビ劇場に復帰するわけだ。

その間麻薬疑惑物議をかもした芸能人の平均復帰期間が20ヶ月であることに比較するとチュ・ジフンは多少長い自粛期間を持った。 しかし麻薬疑惑は打撃が大きい事案であるだけにネチズンは彼の復帰に賛否様相を浮かんでいる。 反対意見では“麻薬疑惑で社会的物議をかもした人が毎日TVに出てくるのが不便だ” “青少年も見る地上波ドラマに出演するのは時期尚早”等があったし賛成側では“より大きい物議をかもしても放送に堂々と復帰したよ” “4年なら他の芸能人よりはるかに長いのではないのか”等の意見を出した。

▲‘アイドル’は早い、Gドラゴン自粛期間0?

Gドラゴンは2011年10月大麻草を満ち足りている疑惑で検察から起訴猶予を受けた。 しかし彼は大麻草疑惑にもかかわらず当日広告撮影も予定通りに進めたし2ヶ月ぶりに放送に復帰して大衆の叱責を受けた。 彼は大麻草事件によりビッグバン カムバック時期に影響を及ぼしただけでなく日本活動に大きい支障を与えた。 当時ビッグバンは日本ですべての放送に出演が不可能なことは反面韓国では何ヶ月後である2012年2月芸能番組に出演した。 Gドラゴンは当時交通事故物議をかもしたメンバーテソンと共にSBS ‘ヒーリングキャンプ、うれしくないのか’に出演して大麻草事件に対して謝罪の立場を明らかにしたがテソンに比べて反省の態度が物足りないという指摘を受けた。 しかし以後ビッグバンは3月新しいアルバム‘アライブ(ALIVE)’を発表して活発な活動を広げたし現在のGドラゴンはソロ2集アルバム準備に真っ最中だ。

▲自粛期間1ヶ月で一生? ‘千差万別’

Gドラゴンだけでなくアイドル メンバーは多少復帰時期が早い方だ。 ビッグバンのテソンもやはり交通事故物議をかもした後6ヶ月ぶりにカムバックした。 最近グループ2PMニックンもやはり飲酒運転および交通事故で物議をかもしてそのまた達した復帰をするのかに対しても関心が集中している。

反面復帰時点が不透明な芸能人もある。 放送人シン・ジョンファンは2010年フィリピンで億台遠征賭博をした疑惑で懲役8ヶ月を宣告された。 彼は過去2度も賭博で処罰を受けたのにかかわらずまた、賭博事件に包まれて放送復帰に大きい困難があるものと見られる。

放送人キム・グラは過去インターネット放送で慰安婦発言をしたのが今一度論議を起こして放送暫定引退を宣言した。 彼は交通事故や麻薬疑惑とは違った社会的問題と関連して放送復帰が確実でない。 現在のキム・グラは放送復帰計画がないということを明らかにして奉仕活動をして忙しい毎日を送っていると分かった。

歌手コ・ヨンウクは最近性暴行疑惑に止めて大衆に大きい衝撃を抱かれた。 警察調査以後彼は性暴行証拠が不足して性暴行疑惑でない姦淫疑惑で検察に送検された。 しかし彼は性暴行関連事件にまきこまれたことだけでも途方もない打撃を受けたし大衆にも消されないイメージを植えたので未来の放送復帰も不透明なものと見られる。

[毎日経済 2012-08-19 10:07] 元記事はこちらから

20120819-5.jpg 20120819-6.jpg

※罪の重さは段違いだけどジフニは法律的に罪を償ったし十分時間をかけて自分を見つめ直しいよいよ再生する時が来たわけで、ファン以外の方々には好意的でないまでも先入観は置いておいてニュートラルな気持ちでジフニを見て欲しいなあ。
スポンサーサイト

 ‘皇太子’に帰ってきたチュ・ジフン“3年空白、言葉でみなどのように”
2012年08月12日 (日) | 編集 |
‘私は王である’でスクリーン復帰

皇太子チュンニョンと奴婢で1人2役
3年ぶりに初めてのコミック演技で挨拶
麻薬事件後“舞台懐かしかったです”
‘五指’で居間復帰も


俳優チュ・ジフン(30・写真)は去る30年の間コーヒーの味を分からなかった。 “使います。”長い足を組んで使ったエスプレッソを優雅に飲みそうな彼だが、この前一歩遅れて習ったコーヒーも水のように和らげるように他氷をいっぱい入れた後グルグルかき混ぜて飲む。 その他と自転車も“三十ができて”楽しむことになった。 演技者で常勝疾走して本人の“明白な誤り”という麻薬事件で非難された後、軍服務を終わって3年ぶりに大衆の前に帰ってきた彼だ。

彼に去る3年は前には追い立てようとしたことを習いながら人間として俳優として成熟さに“近付く時間”であり、再び舞台に戻ることができることを“待つ時間”だったという。 8日封切りした映画<私は王である>はその時間が産んだ最初の結果だ。

去る9日ソウル、三清洞にあるカフェで俳優にまた戻ったチュ・ジフンに会った。 朝鮮初期を背景にしたコミック史劇<私は王である>で彼は後ほど世宗になる皇太子チュンニョンと、チュンニョンにそっくり似た奴婢トクチルを1人2役で演技する。

王になりたくない柔弱なチュンニョンは宮廷脱出を敢行して、奴婢トクチルが不本意に宮廷に入ってきてチュンニョン役割をすることになる。 太宗役のパク・ヨンギュ、ファンヒ役のペク・ユンシク、チュンニョンの護衛武士であるキム・スロ・イム・ウォニなど出演陣綿々と派手だ。 “もう一度切実に感じたのが、上手にする方々と演技をすれば演技が上達します。 皆すごい方々でしょう。”

衣類モデルで活動したチュ・ジフンは2006年初めてのドラマ<宮>でスターダムに上がった。 以後ドラマ<魔王>(2007),映画<西洋骨董洋菓子店アンティーク>(2008)と<キッチン>(2009)で好評を受けたが2009年麻薬事件が起きた。 世間の叱責は鋭かった。 “私の誤りでしょう。 明らかな誤りであったし、反省をしながら人生を再び見て回る契機になりました。 熱心に生きなければならないと考えながら生きて。”

チュ・ジフンは“普段にはぴったり私の年齢同じ年頃男たちのように生きる”とした。 “友人会って、タバコも吸って、酒も飲んで。 大学路で公演も見て、明洞にもしばしば行って。”休む間、舞台はいつもなつかしい席であった。 “映画を見たり、公演会場に行けば時々恐ろしい時がありました。 俳優が扮装をして衣装を着飾ったことを見るが、そこで私が同じようにしている姿が鮮明に見えますよ。 とても懐かしかったです。 ずっとそうしました。”

彼の目標は“芸能人チュ・ジフンでなく作品の中キャラクターで記憶されること”だ。 <私は王である>以前までは1年に一編ずつ、ただあなた側の作品にだけ出演したが今はさらに活発に仕事をする計画といった。 彼の居間復帰作であるSBS週末劇<五本の指>は18日から放送される。 彼はミュージカル、演劇までジャンルを分けないで舞台に立ちたいという欲を表わした。

“3泊4日がかかるはずなのに…. 言葉で表現になりましょうか。 誤りをしたので叱責を受けるのが当然です。”麻薬事件以後軍服務まで続きながら人々の関心で遠ざかって過ごした時間に対する今の所感だ。 “そのまま、時間”だったとするが、詳しく聞いてみると少し特別に流れたようだ。

“時間は皆に違うように流れるでしょう。 友人が‘20分遅れる’でする時友人の20分と、いつくるかもしれないで待つ20分は他の時間ですね。”

彼が待った‘友人’は自身の演技を見る観客と視聴者である縁だ。 彼と‘友人’の3年ぶりの再会は<私は王である>の初めてのコミック演技挑戦の中で愉快になされる。

[ハンギョレ 2012-08-12 20:26] 元記事はこちらから

20120812-2.jpg 20120812-3.jpg 20120812-4.jpg

※先週末ご覧になった映画のご感想やいかに? 今週末この目で確認いたします!

 ‘私は王’チュ・ジフン“皆を満足させるのは理想に過ぎません”
2012年08月06日 (月) | 編集 |
私の方法のままに揺れることなく行く。 これがチュ・ジフンの方式だ。

- <私は王である>で奴婢トクチルと世子チュンニョン1人2役をするでしょう。 初めにトクチルが出てきた時は‘何であって、この子はバカか?’という気がしました。 事実トクチルがバカではないでしょう。

チャン・キュソン監督様があまりにも明快なのが好きです。 私は奴婢という単語にしばられないでキャラクターをした五個ぐらい準備して行きましたよ。 ところで監督様がこうしました。 “なぜ? そのまま奴婢のようにして。 私たちの頭の中にあるぴったりそのような作男のように。” ‘奥様~’というそのような作男いるでしょう。 チャン・キュソン監督様は観客にとても親切な監督です。 先入観という話が必ず悪いことではないでしょう。 <バケット リスト-死ぬ前に必ずやりたいものなど>(2008)を見れば自動車整備士モーガン・フリーマンが整備所で癌にかかったという電話を受けるが、その反応が非常に典型的です。 電話機をぷつんと落とす。 その時感じましたよ。 ア、典型的なのが必ず悪いのではないね。 それを上手にすれば皆の共感を得るという意だな。

20120806-3.jpg 20120806-4.jpg

[READ MORE...]
 [インタビュー]チュ・ジフン"緋文字一生耐えなければならない私の役割"
2012年08月06日 (月) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが帰ってきた。

チャ・スンウォン、カン・ドンウォンの後に続くトップモデル出身期待の主と指折り数えられてMBCドラマ'宮',KBS '魔王'と映画'西洋骨董品洋菓子店アンティーク'などに出演して常勝疾走した彼がかんばしくない事件にかかわった以後相次いだ軍服務など3年の芸能活動空白を終えて選んだ作品はコメディ演出に強いチャン・キュソン監督の'私は王である'だ。

朝鮮時代世宗大王即位以前を時代背景に年大きい兄ヤンニョン代わりに世子に冊封されたチュンニョンが宮を脱出して彼を必ず似ていた奴婢トクチルが偽世子役割をすることになりながら広がる騒動を描いた'私は王である'でチュ・ジフンはチュンニョンとトクチルの1人2役を演技した。

女心を刺激する洗練されてシャープなキャラクターを中心にお目見えしたチュ・ジフンは今回の作品で用便を見た後処理を尚宮にさせて本読むこと他には全く関心もなくて弱気な王子の姿から官奴に売られる主人の家お嬢さんを救うために宮に潜入するどこか未熟だったがお嬢さんに対する恋心一つで皇太子の帯域を忠実に広げて出すトクチルの姿をコミカルで人間味あふれるように演技した。

社会的に波紋を起こした事件にかかわったり物議をかもした芸能人が少しの間の休みの間を過ごした後謝罪記者会見一度なしで暗にカムバックすることが茶飯事であるこの頃傾向でチュ・ジフンは全く相反するところを選んだ。 30個余りに近い国内主な媒体らとインタビューを進めて3年前大麻草などと関連物議をかもした事件に対する率直な立場と痛い心境を表わした。

チュ・ジフンは3年の空白の間失ったのと得たことに対して"その時はとても幼いことではなかったが好奇心が多かった時だ。 非常に無知だったし無知なこと自体も罪であるようだ。 すべての責任は私が負けなければならない。 あたかも緋文字と同じだがどうするか。 私が負けて行かなければならない役割だ。 私の誤りなので私のからだに彫られたものでううん結ぶことはできない。 私が間違ったこととか耐えられなければならない"と話した。

引き続き"反面得たのがさらに多い。 私を愛する人々とさらに丈夫になったし私の人生を反すうすることになったし責任感もたくさんできた。 家族に対する愛情もできてファンたちともさらに固くなったようだ"とした。

自分のミスを率直に認めていかなる罵倒甘受するという覚悟で第2の演技人生を始めた彼は一番最初に作品に情熱を傾けることで第1歩を踏んだ。

まだチュ・ジフンに向かった大衆の冷たい視線が全部おさめられることはなかった。 だが、正攻法を選んだ彼が作品で観客らと疎通を繰り返すならば固く閉じられた大衆の心のかんぬきが少しずつ緩むこともできないだろうか。

20120806-1.jpg 20120806-2.jpg

[READ MORE...]
 [SSインタビュー] ‘私は王である’チュ・ジフン“事実とても‘粗末な男’なんです”
2012年08月06日 (月) | 編集 |
チュ・ジフン。 彼を話す時多くの人々は過去の失敗を思い出させる。 周辺の人々を今後永遠にだまして生きる自信がなかったというその。 悪い決心すれば玉虫色で過ぎて行くこともできる状況だったが彼は率直に自身の誤りを告白したし、多くの人々の指差しと失望混ざった叱責を受けなければならなかった。 しかし願望はなかった。

“認めるべきことは認めなければならなくないか。 瞬間の短い失敗でもとにかく私の誤りで私の責任”としながら当時のことを虚心坦壊に打ち明けたチュ・ジフンは見られなかった鳥より一層丈夫に熟して‘中が満杯になった男’の姿をしていた。

デビュー作‘宮’以後7年ぶりに世子に戻ったチュ・ジフン。 彼は‘私は王である’で柔弱で小心な跡継ぎチュンニョンと思ったよりからだが先んじる奴婢トクチル、1人2役を立派に消化した。

20120805-3.jpg 20120805-4.jpg 20120805-5.jpg 20120805-6.jpg

[READ MORE...]
 チュ・ジフンに気になる6種類キーワード
2012年08月06日 (月) | 編集 |
俳優チュ・ジフン(30)が映画<キッチン>以後3年ぶりに映画<私は王である>を持って帰ってきた。 その間ユン・ウネの心をとらえた王子様で(<宮>),変なケーキショプの社長(<アンティーク>),シン・ミナをときめくようにしたドゥレ(<キッチン>)に扮したチュ・ジフン。

その間作品中女主人公だけでなく多くの女性観客の心を盗んだチュ・ジフン. 彼が1人2役、王子と乞食を交代すれば演技をしなければならない<私は王である>で観客と久しぶりにまた会う。 以前にも安らかで安定した演技力に好評を受けたチュ・ジフンは久しぶりに帰ってきた作品でも女紫というように演技を気さくによくやり遂げた。 チュ・ジフンに気になる6種類キーワードを尋ねた。

20120805-7.jpg 20120805-8.jpg 20120805-9.jpg 20120805-10.jpg 

[READ MORE...]
 チュ・ジフン ケースで見た成功的復帰作の要件は?
2012年08月06日 (月) | 編集 |
一度挫折後再起するのは誰にでも容易なことでない。 特に芸能人にはより一層そうだ。 '上手く行った'芸能人がかんばしくない事件にまきこまれることになれば致命的な打撃を受ける。 イメージが生命である職業の特性上一度失墜したイメージを回復するのが容易でないため。

芸能人としての生活を継続するためには復帰作にすべての力を注ぐほかはない。 かなりの活躍にはならない。 はるかに良くなった姿、誠実な姿、がらりと変わった姿を見せなければならない。 それでこそ大衆の認識が変わる。

ある芸能関係者は"以前よりより良い演技を見せなければならないことが基本だ。 また、前に引き受けなかった新しい役割を消化して全く違う姿を見せるべきで、人間的にも周辺の人々に誠実な姿を見せるべきだ"と明らかにした。

そうした点でチュ・ジフンの復帰は成功的という評を聞いている。 去る2009年大麻草喫煙疑惑を認めたし、以後軍生活を経た。 8月8日封切りする映画'私は王である'が復帰作だ。 2009年封切りした'キッチン'以後約3年半ぶりの映画だ。

'私は王である'は最近言論試写会を通じて公開された。 チュンニョン大君が彼と同じような外見な奴婢に会いながら広がる話を描いた映画. チュ・ジフンはチュンニョン大君と奴婢役を担って1人2役を消化した。

チュ・ジフンの演技は印象的だった。 王になるのを嫌いな小心な世子チュンニョンと単純無知な奴婢トクチルを行き来した。 容貌だけでなく演技でも競争力を備えた俳優という事実を見せた。 特に真剣で寡黙な感じの彼がコミック演技に挑戦したという点が目についた。 非常にみすぼらしい容貌であたふたと食べ物を食べてしまうなど保身を図らなかった。

同僚俳優に誠実なことも認められた。 共に出演した先輩俳優ピョン・ヒボンは"今回役割を受け持って本当に熱心にするのを見た。 今後俳優としてどれくらい成長するかは分からないけれど今回の役割だけは本当に努力に努力を加えてとった作品だと考える。 練習の時先輩たちの話を受け入れる姿が真の印象的だった"と明らかにした。

また、チュ・ジフンと呼吸を合わせたイ・ハヌィは"とても深く考えて激しく演技をするなと思った。 演技で贖罪するという言葉一語とがどんな心でしたのか感じられたよ。 本当に熱心にしてそれが画面にあらわれたので多分映画を見に午時は割った方々が'やはりチュ・ジフンだな','代替不可能な俳優だね'と考えるようだ"とした。

1人2役であったため二人分量の窮屈な撮影日程を消化したチュ・ジフンは撮影中足が裂ける負傷を耐え抜くこともした。 歯をくいしばったチュ・ジフンが成功的な復帰のために必要な姿をあまねく見せたわけだ。

もちろんここに一つがより増さなければならない。 すぐに興行だ。 復帰作が興行に成功してその俳優の新しい代表作と言及されるべきだ。 '私は王である'という新鮮な設定とコミック要素を通じて興行の可能性を見せた。 また、チュ・ジフンとしては深く反省して誠実に生活しているという姿を持続的に見せなければならないという宿題が残った。 努力と誠実さがより増すならばまだ残っている大衆の否定的な視線をだんだん克服できるものと見られる。

[スポーツ朝鮮 2012-08-05 20:02] 元記事はこちらから

 チュ・ジフンの'贖罪演技',観客心開くことができるか
2012年08月06日 (月) | 編集 |
演技で贖罪するというチュ・ジフンのスクリーン復帰作'私は王である'が最近言論試写会を通じて公開された。

麻薬服用事件で社会に物議をかもして静かに軍に入隊した後年数で3年だけだ。 映画試写会後持つ懇談会で初めての所感で"永らく待ち望んだ瞬間"という言葉で手にあまった心を表現したチュ・ジフン。 果たして彼は'贖罪の演技'をやり遂げたのだろうか?

今回の映画で跡継ぎで冊封されたチュンニョンデグンと世子をちょうど似ていた奴婢'トクチル' 1人2役を演技したチュ・ジフンは惜しみなく壊れて笑いを与える。 初めての史劇にもかかわらず安定した発声と台詞トーンはこの俳優が持つ内面空白を垣間見られる。

世子と奴婢という身分の差と容貌を越えた二つのキャラクターを克明に見せるために多くの苦心をしたのが毎場面で感じられる。 特にその間貴族的で洗練されたイメージの役割をしてきたことと違いコメディ映画でも労を惜しむということなしに壊れる演技で意外な面白味を投げかける。

よどみない悪口と露出演技、多様な顔表情で同じ年頃のどんな俳優より円熟した演技力を持つ習えということを立証する。 無知でバカな奴婢トクチルと本以外には世の中のことに暗くて総てのこと事故を起こすチュンニョンデグンはチュ・ジフンのしらじらしい演技を通して活気渡す笑いを与える。

しかし社会的物議をかもした芸能人の時期尚早である復帰という冷たい視線と星群世宗役だとの点で反感を集めたことも拒否できない事実だ。 チュ・ジフンと関連したオンライン コメントには彼に向かった大衆の視線がきれいでないということを如実に見せる。

今回の映画を一緒にした同僚俳優はチュ・ジフンとの作業に対して"演技で贖罪するという言葉の意味を知るようになった"として"映画が公開されれば観客も代替不可能な俳優ということを感じるだろう"と話した。

来る8日封切りする'私は王である'でチュ・ジフンが観客の丈夫なかんぬきを開けるのか、凍りついた心を溶かせるか見守ることだ。

[ジョイニュース24 2012-08-02 09:51] 元記事はこちらから

20120805-1.jpg 20120805-2.jpg

赤コメ省略でできる限りアップ~

 チュ・ジフン、"もう'氷王子'はNO! '爆笑世子'で呼んで下さい"[インタビュー]
2012年08月03日 (金) | 編集 |
′私は王である'で王子と乞食1人2役挑戦"とてもぴりっとした"

たくさん痛かっただけにどんどん成長していた。

映画'私は王である'(監督チャン・キュソン、製作テイジエンラテインメント)の封切りを控えてソウル、汝矣島、アジアトゥデイ編集局を訪問した俳優チュ・ジフンは一段階を越えて全てのものに超越した感じだった。

社会的物議をかもした後軍に入隊して3年間自粛の時間を持った彼はいくら明るく笑ってもまだ顔に陰が垂れていた。 だが、より多くの感情と広い思考を持った31才男に新たに出ていた。

Atmosphere(雰囲気)=

映画封切りが残り少なくてまもなくSBS週末ドラマ'五本の指'(脚本キム・スンオク、演出チェ・ヨンフン)撮影がまもなく始まると胸がトグンドキドキします。 本当に久しぶりにファンたちに会うことじゃないの。 突然せわしくなるから率直にあっけにとられます。 事実私が以前にことをたくさんするスタイルではなかったのではないですか? もうちょっと違われようとします。 年を取ったからかもう少し豊かになって心が開かれたことのようです。

Comedy(コメディ)=

'私は王である'という世宗大王(セジョンデワン)が王に即位する前沖年大軍時期宮で逃亡出てきて顔が同じ奴婢トクチルと身分が変わりながら広がるハプニングを描くコメディです。 チャン・キュソン監督のデビュー作'先生キム・ポンドゥ'をとてもおもしろく見たがシナリオをくれてとてもうれしかったです。 内容もとてもおもしろくてキム・スロ・イム・ウォニ・パク・ヨンギュ・ピョン・ヒボンなどあまりにも立派な先輩が出演するといって感謝する気持ちで出演を決めました。

Delight(喜び)=

久しぶりに映画現場に出て行くとシステムが大いに変わりましたよ。 カメラもとても良くなって色々なバージョンを容易に撮影できました。 監督様が多様なアイディアを確かに受け取って下さったが映画がどのように出てきたかもとても気になります。 また、とても立派な先輩が重心を取られるから本当にたくさん依存できました。 撮影現場での楽しみが観客によく伝えられたらいいですね。

Esteem(尊敬)=

設定のためにイ・ビョンホン先輩の'鉱害、王になった男'と度々比較しているのに全く違う作品です。 度々対決構図で作って頂くのにとても恐縮なだけです。 イ・ビョンホン先輩をとても尊敬しますね。 演技をとても上手にしてハリウッドに行って韓国俳優の地位を知らせられる方と私をあえて比較して下さるならば感謝するだけです。

Fit(服に合わせる)=

韓服がよく似合いますって? 幸いですね。 モデル出身なのが役に立ったようにします。 モデルはどんな服が与えられても拒否感なしで消化しなければなりませんね。 自身に服を合わせるのでなく人が服に自身を合わせます。 私が拒否感がないから人が見る時も良いように見えることになります。 ポスターやスチール場面だけ見るからそうであって映画を見れば乞食になった時本当に太るがをして見せるでしょう。(笑い)

New agent(新しい所属会社)=

過去所属会社と関連してできた私に対する誤解をよく知っています。 その当時は感じ取ったがその程度で深刻かは知らなかった。 私の関心のほとんど演技しかなかったんですよ。 しかしもうもう少し広く眺めることになりました。 新しい所属会社とは緊密にしばしば連絡をします。 色々な提案を与えれば断らないで一回ずつは開けておいて考える余裕ができました。

Press(言論)=

映画広報のために本当に多くの記者様らと会っています。 記者様はいつも恐ろしいです。(笑い)今回インタビューしながら本当に真心をつくして率直にあらゆる事を申し上げれば参酌して使って頂けないかと思う気持ちで臨んだが…. 記事が私の心と違うように出て行ったといっても恋い慕いはしないです。 すでに出て行ったのが変わりはしないでしょう。 そんなことに執着すれば第数人だけ減ることのようです。

Success(成功)=

映画興行成績やドラマ視聴率で私が再起に成功したとかやめるよりは話が出てくるべきことは分かります。 しかしそんなことに負担感を感じないで演技に集中しようと努力します。 これあれみな気を遣うならば本当に何もできないことでしょう。心配するのに使うエネルギーを演技に注ぎ込みたいです。 私がすることができる限り広報には最善を尽くさなすぎては専門的にするマーケティング担当者にあらゆる事を任せたいです。

Wish(希望)=

これからもう少ししばしばファンたちに顔をお見せしたいです。 そして再び傷を差し上げることはないでしょう。 お約束します。 見守って下さい。

[アジアトゥデイ 2012-08-02 13:37] 元記事はこちらから

20120802-1.jpg 20120802-2.jpg 20120802-3.jpg

※ジフニ;; 見守ってるよ~

ヨベクで生じた誤解(爆)

 "歪曲恐ろしいが"・・・チュ・ジフン、想像それ以上の率直さ
2012年07月27日 (金) | 編集 |
‘格好良く謝ること’がなかなか容易ではない。 人が分からなければひとまず覆って見る。 感づいたかと思えば最大限ことを縮小して、完全に坦路が出たかと思えばその時認めて謝る。

チュ・ジフン(30)は違った。 避けたがそうでなかった。 2009年大麻草事件にかかわった時話だ。 彼は検察調査で音声判定が出てきたが自ら自身の罪を告白した。 大麻草に手をつけた時が検察調査1年6ヶ月前だ。 検査結果は彼も分かった。

皆がいぶかしく思った‘その時その事件’に対してチュ・ジフンは“それが事実だったからだよ!”と淡々と話した。

“数多くの考えが過ぎ去りました。 ここで否認をすれば一生嘘をつくべきなのに、誰よりあの自ら堂々としていなくてならなかったんですよ。 明確に誤った選択であったし罪を犯したら罰を受けるのが当然でしょう。”

それから3年が流れた。 軍隊に行ってきたし20台後半だった年齢もいつのまにか三十になった。 ふわりと成長していた。 延期(煙、演技)に対する意欲、人生に対する情熱もあふれた。

彼が復帰作で選択した作品は来月封切り予定の映画‘私は王である’(監督チャン・キュソン)だ。 チュンニョン大君が自身と同じような外見な奴婢に会いながら広がる話を描いた。 劇中でチュ・ジフンは世子チュンニョンと奴婢トクチル、1人2役を延期した。

トップモデルで活動した彼は2006年MBCドラマ‘宮’でスターダムに上がった。 新しい出発を知らせる初めての作品やはり背景が宮だ。

“どうしても前世に宮と縁が多かったか見ます。 宮を支えては木柱ぐらいなったでしょうか? 次の生には人に生まれてここで生きたくて望んだかも知れません。 宮にあれば変に心が安らかになります。 習熟するからであることでしょう?”

映画でチュ・ジフンはペク・ユンシク、パク・ヨンギュ、ピョン・ヒボン、キム・スロ、イム・ウォニなどと呼吸を合わせた。 チュ・ジフンは“金畑だった”と撮影現場を話した。

“キャスティングがちょっとビッグでなければならないですね。 全体131シーンの中で120シーンに私が出てきます。 立派な先輩おかげで延期するのが気楽でしたね。 リアクションを別に準備する必要がなかったんですよ。 笑えば自ずと幸せになり、怒ればそれ自体で恐ろしくなるからです。 一言で‘金畑’でした。 私はそのまま拾うことだけすればよかったんですよ。”

インタビュー中間彼は‘パバッ’にからまった話もした。 皮膚が思ったよりさらに黒いというとすぐに“幼い時ママと畑日をあまりにも通って、その時から真っ黒になるのではないかしたい”として幼い時思い出一つを取り出した。

幼いチュ・ジフンに最高のおやつは沸いているお湯にさっと湯がいたえぐられた。 仕事をして食事時になれば釜に水を注いで畑で直接ご飯を食べ物を作って食べたりした。 “その時長ネギを選んでグラグラ沸いているお湯に入れて十を数えた後取り出せばそれがそんなに甘くておいしいはずがありませんでした”裕福でなかった幼い時期。 パバッまん中ある時にも彼はこのように金持ちであった。

チュ・ジフンは淡泊だった。 華麗な修辞で自身を包装することよりはありのままの自身を見せたし、またそのように見るように願った。

チュ・ジフンはどんな人か尋ねた。 “恐れがない男、歪曲が恐ろしい芸能人”と自身をいった。 座右の銘は“私に最後に最後まで戦う容器と意志がありました”だ。 “多少は少なく儲けて、少しはあまり光栄でなく生きても私自身を守って生きたい”とした。

[イーデイリー2012-07-26 09:05] 元記事はこちらから

20120726-1.jpg

 チュ・ジフンの口で直接語る'その時その事件' (インタビュー②)
2012年07月27日 (金) | 編集 |
俳優チュ・ジフン(30)が大麻草事件以後大変だった心境に対して告白した。

チュ・ジフンは去る23日<スポーツソウルドットコム>と会った席で"罪を犯して生きられませんでした。 明らかになることはいつか明らかになることになると考えました。 私が間違っていたこととか罰を受けて後で反省して生きていくほうが良いと判断したことのようです"と話した。

チュ・ジフンは去る2009年同僚モデル イェ・ハギョンの家でエクスタシーとケタミンなどを投薬した疑惑で起訴されて当時執行猶予1年、社会奉仕120時間、追徴金36万ウォンを宣告された。 当時音声に出てきたがチュ・ジフンは疑惑を認めて法の審判を受けた。 なぜそのような選択をしたのかと尋ねるのはもしかしたら当然だが、彼に直接聞きたかった。

彼は"嘘をつきたくありませんでした。 一度嘘をつけばずっと嘘をつかなければなりませんから。 何より自分自身をだましたくなかったんですよ。 当然罰を受けなければならず反省するべきことだと考えました。 それでこそその後にもう少し自らに、あるいは大衆に堂々としていることができるからです"と話した。

また"からだに小さいトゲが一つが打ち込まれればとても障るでしょう。 気まずいですよ。 残った人生をそんなに生きたくなかったです"として"そして明らかになることはいつかは明らかになります。 残った人生をそんなに生きたくなかったです。 もしその時容認をしなかったとすれば…. 音例えば反省しないでさらに悪いことをした場合もあるでしょう。 人生はどうなるかも知れませんから。 人生はさらに長ければより大きい未来を見通しました"と付け加えた。

人生で非常に大きい事件だと話すチュ・ジフンにそれで失ったのと得たことに対して尋ねた。 インタビューする間最も深刻な表情だった。 チュ・ジフンは"失ったことはあえて話さなくても多くの方がご存知そうです。 私は得たことだけ見て失ったことは考えない方です"と淡々と話した。

それと共に"本当に当然だがある時はよく分からないでしょう。 家族と友人の大切だ。 彼らが私のそばにおいてどれくらい大切なのか悟りました。 そして習う自ら反すうする作業が必要だがその年齢に人生を見て回る機会が多くないでしょう。 だが、私はこの事件を通じて私自身をたくさん見て回ることになりました。 悪くない時間だったと考えます"と付け加えた。

3年ぶりに芸能界に本格復帰するチュ・ジフンは映画'私は王である'封切りとSBS '五本の指'撮影を控えている。

[スポーツソウル2012-07-26 09:10] 元記事はこちらから

20120726-6.jpg

 '鋼鉄心臓'チュ・ジフン? 何が彼を変わるようにしたのだろうか(インタビュー①)
2012年07月27日 (金) | 編集 |
一時は'皇太子',一時は'魔王'と呼ばれたこの男. 優れた容貌と計算されなかった純粋な演技力に同じ年頃男俳優の間で一時は上限値を打った。 だが、一瞬にして全てのものが変わったし、予期できなく3年という空白期を持つようになった。 映画'私は王である'とSBS新しい週末劇'五本の指'で今年の夏スクリーンとブラウン管を同時に狙う俳優チュ・ジフン(30)が再び伸びをし始めた。

去る23日<スポーツソウルドットコム>社内で会ったチュ・ジフンは冬よりものすごいという夏風邪に苦しめられていた。 猛暑にも長そでと長いズボンを履いて首にはスカーフを結んだ。 久しぶりにみたチュ・ジフンはなぜか気持ちに背ももう少し高くて、からだも乾いたように以前雑誌で見た'モデル フォース'が充満した。 実際に対話を始めるとすぐに図のようだったチュ・ジフンは消えたし、おしゃべりな30代青年だけ目前に迫った。

20120726-2.jpg 20120726-4.jpg 20120726-3.jpg 20120726-5.jpg

[READ MORE...]
 チュ・ジフン“あえてイ・ビョンホン先輩と演技対決? 話にならなくて”(インタビュー)
2012年07月27日 (金) | 編集 |
チュ・ジフンがイ・ビョンホン主演映画と比較されるのと関連して率直な考えを明らかにした。

チュ・ジフンは最近映画'私は王である'(監督チャン・キュソン)封切り前ニュースエンと行ったインタビューでイ・ビョンホンとの演技比較は話にもならないとし首を横に振った。

チュ・ジフンは初めての史劇作品'私は王である'で世子チュンニョンと奴婢トクチル1人2役を引き受けた。 カリスマあふれて落ち着いていた過去イメージとは違い美男容貌をあきらめてまともに壊れたチュ・ジフンのコミック演技が期待される作品だ。 初めての史劇、朝鮮時代背景、1人2役など9月封切り予定のイ・ビョンホン主演'鉱害、王になった男'と共通点が多くてしばしば比較される。 イ・ビョンホンやはりこの映画を通じてデビュー21年ぶりに初めての史劇に挑戦したし王、賎民1人2役を消化した。

"私があえてイ・ビョンホン先輩と演技対決ですか? お話になりません。 ジャンルが完全に違ってひとまず私たちの映画はコメディ性格が強いです。 戦争映画も同じ素材を有しているが違うように表現するでしょう。 そのように考えられれば良そうです。 演技は当然イ・ビョンホン先輩がもっと上手くやれば負担されることもないです。 イ・ビョンホン先輩は私が中学校時期俳優を夢見る前から作品を見ながら尊敬した先輩です。 比較自体だけで光栄です"

去る2006年デビューするやいなやスターダムに上がって旺盛に活動したチュ・ジフンは大麻草事件が起きた後軍に入隊したし昨年11月除隊した。 2009年映画'キッチン'以後3年ぶりにお目見えする復帰作でピョン・ヒボン、ペク・ユンシク、パク・ヨンギュ、イム・ウォニ、キム・スロなど大切で恩人のような先輩たちと作業した。 チュ・ジフン自ら大きい幸運を得たと説明した。

"現場の雰囲気がとても良かったしあの一つだけ上手にすれば良い所でした。 あまりにも演技力優れていられた先輩らと作業すればリアクションだけ熱心にしました。 以前に先生ディレクター様する言葉がみなそのとおりですよ。 演技は上手にする人としなければならなくて自然について行くとそうしましたよ。 今回切実に感じました。 イム・ウォニ兄と撮影する時間が多くて最も親しく過ごしました。 ウォンヒ兄もほとんど言葉がなかったし人見知りが激しくて序盤にはぎこちなかったがますます親しくなったし後日にはすべての俳優らと良く過ごしましたよ。 前漁色すれば言葉を慎むが親しい人々といる時は米主我を故主我をみな打ち明けます。"

映画予告篇だけ見てもチュ・ジフンが美男容貌をあきらめたという事実をすぐ知ることが出来る。 それだけ作品に愛情を注ぎ込んだし全体撮影分量90%を消化した。 その過程から負傷まで着た。

"前王見るという奴婢役にさらによく似合います。(笑い)奴婢トクチルを演技する時はメーキャップもしなかったし汚く見えるために顔に黒い七をたくさんしましたよ。 美しくて素敵な姿は当初からあきらめました。 初めての史劇にコミック ジャンルとはっきりと壊れたし私も結果がとても気になります。 撮影中足が裂けたりもしたが病院で4針程度縫った後現場に復帰しました。 ちょうどトクチルが家が粉々に砕けること出て裸足で逃げる場面を撮影したがその時は少し大変だったんですよ。 だが、私だけそのようにするのは違います。 大韓民国俳優は全部それだけ努力します。"

チュ・ジフンは'私は王である'封切りを控えている状況でSBS週末ドラマ'紳士の品格'後続である'五本の指'撮影も始めた。 チュ・ジフンを待ったファンたちには何よりうれしい便りだ。 デビューの時から今まで自身を応援したファンたちに向かって感謝の気持ちも忘れなかった。

"したい話はいつも同じです。 感謝の気持ちだけでしょう。 ファンたちは私の作品を見て好む方々が多くてその方考えれば作品選択する時さらに慎重になります。 時々私を見るために現場に訪ねてくるのに他の人配慮しながら礼儀にかなうように行動する姿譜面本当に満たされて誇らしいです。 私が報いることができる方法は演技を熱心にして良い作品お見せすること以外ないようです。"

歴史実録に出てこなかった世宗即位前3ヶ月を不らちな想像力で解いて出した'私は王である'という朝鮮時代を背景に王になりたくなくて月談を押し切った世子チュンニョンと思わずその場を横取りした奴婢トクチルのあきれた運命とその過程で跡継ぎチュンニョンが星群世宗大王に成長していく過程を描く。 8月9日封切りする。

[ニュースエン 2012-07-26 12:31:05] 元記事はこちらから

20120726-7.jpg 20120726-8.jpg 20120726-9.jpg

 ‘私は王’チュ・ジフン“安らかに受け入れるほど多いこと得て..”
2012年07月27日 (金) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが3年ぶりに跡継ぎになってスクリーンに復帰した。 彼は映画‘私は王である’(監督チャン・キュソン、以下私は王)で都市的でシックなイメージを投げ捨てて小心で柔弱な世子チュンニョンと奴婢トクチルで1人2役を消化して作品の中キャラクターに没頭した。

彼がお目見えする歴史上偉大な王で称賛受ける星群世宗大王の秘密話に観客の期待が集められている。

チュ・ジフンは最近江南のあるスタジオで本紙との出会いを持った。 彼は忙しい日程に紙行うほどなもののそのどの時より熱意を燃やしている。 彼はデビュー以来初めて史劇に挑戦する所感を伝えた。

“語り口も台本とは違ってある程度想像に依存して表現しなければならないので容易なことではありませんでした。 その上1人2役であったためキャラクター指向を捉えることも難しかったんですよ。 既に出演した作品より監督様を10倍以上さらに多く会ったことのようです。”

チュ・ジフンは今回の作品を通じて朝鮮版‘王子と乞食’を描き出した。 チュンニョンと奴婢トクチルの話は歴史の考証で扱われなかった三ヶ月間の姿を表わした。 彼はチュンニョンとトクチルのために一日にも数回ごと扮装と衣装を変えなければならなかった。

“あるキャラクターだったらそうでなかったはずなのに私は2人役割をしなければならないからほとんどすべての履く撮影しました。トクチル キャラクターが本能的であり表面に現れるキャラクターならばチュンニョンは意志も弱い悪漢人物です。 二人が同時に変わって行く過程なので中間地点に性格が似てくる部分があります。 二つのキャラクターが重なった時悩みをたくさんしましたね。”

彼の苦労はただキャラクターこれだけではなかった。 撮影が進行されたところはある地方の山の中だった。 彼は撮影中 負傷で裂けた自身の足を縫った糸屑を自ら解かなければならなかった状況に達した。

“撮影会場自体が山の中だと冬には寒くて夏には熱かったんですよ。 ここにひげまで付ければご飯もまともに食べられないほどなのに加え皮膚トラブルまでできました。 中間に足が裂けたのに、後ほどにはとても忙しくて病院行く時間がなかったです。 結局自ら糸屑を選ばなければならなかったんですよ。”

チュ・ジフンは演技において詰まる部分は監督をはじめとする一緒出演した先輩たちに諮問を求めることを躊躇しなかった。

“ピョン・ヒボン-ペク・ユンシク-パク・ヨンギュ先生それぞれ他の魅力を持っておられます。 私が撮影会場末っ子とその時その時状況は変わるが、この方に演技に対して多様に習うことができて良かった時間でした。”

俳優が既存のイメージを破って新しい変身をするということは容易な決定でない。 彼はコメディというジャンルに新しい挑戦をしながら自身のイメージ変身を試みた。

“俳優なのでシナリオが与えられればひとまず‘おもしろくてしたくて、することができるだろうか?’という考えを先にします。 もちろん笑わせなければならないという使命感があれば負担になると思います。 だが、私どもの映画は状況自体が笑わせるので自然な笑いを引き出すことができると思います。”

チュ・ジフンをはじめとする俳優は史劇経験がない場合が多い。 これらが広げる‘私は王’は観客に新鮮な感じを与えると予想される。 また、世宗大王という素材から来るなじみもまた‘私は王’の長所に選ばれる。

“全てのものを下ろしてキャラクターに陥って撮影をしました。 多分一度も体験できなかったチュ・ジフンの新しい魅力を感じることができるでしょう。 観客数ですか? それは私がどのようにすることができる部分ではないようです。 どうせなら多くの方々が見たらいいですね。”

最後に彼は‘私は王’を見ることになる観客に要請の挨拶を残した。

“私どもの映画は気楽な気持ちで見たらいいですね。 ジャンルもコメディで感動コードが存在します。 単純に笑いだけ与えるのではない他の感情も持っていくことができそうです。 もちろんそのようにとりました。 安らかに受け入れて下さるほどより多いものを持っていくことができるでしょう。”

チュ・ジフンはこれまでの空白を破って3年ぶりにスクリーン復帰に続きブラウン管カムバックを控えている。 彼はSBS週末ドラマ‘五本の指’で天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を持ったピアニスト役を担ってファンたちを探す予定だ。

彼が話した‘多いこと’らは来る8月9日封切りする映画‘私は王’を通じて確認することができる。

[ヘラルド経済 2012-07-26 15:46] 元記事はこちらから

20120726-10.jpg

赤コメント省略で時間の許す限りアップ~

 チュ・ジフン"遅く悟りましたよ俳優が私の天職であることを…"
2012年07月26日 (木) | 編集 |
3年ぶりにスクリーン復帰チュ・ジフン

俳優チュ・ジフン(30)は'美男'韓流スターであった。 トップモデル活動をしてドラマ'宮'と'魔王',映画'キッチン'などで見せてくれた魅力にささった女心が多かった。 だが、20台後半かんばしくない事件が起きて、彼は入隊した。 反省とたくさん考えた後ファンたちに帰ってきた。

スクリーン復帰作で来月9日封切り予定の史劇コメディ'私は王である'(監督チャン・キュソン)を選んで3年ぶりに観客と会う。 このジャンルに初めての挑戦する彼は"ドキドキしてときめく"と緊張感を表わした。 '私は王である'という王になりたくなくて月談を押し切った世子チュンニョンと思わずその場を占めることになった奴婢トクチルのあきれた運命を描いた作品。

チュ・ジフンが1人2役でチュンニョンとトクチルをかわるがわる演技した。 からだが一つとか1人2役が容易なはずがなかったはず。 "チュンニョン役割をしてすぐにまた、服を着替えてトクチル役割をしたが初めには一体に二人が埋めていましたよ。 ある人物を演技する時他の人物を追い落とすのが大変だったんですよ。"

久しぶりに復帰したがやはり俳優が天職であることを分かったといった。 "他のどんなものをする時より集中力が高かったし、何をしようが上手にすることができた"と回想した。 時間が流れて当たり前のようにチュンニョンとトクチルを自由自在に行き来した。 ファンたちが受け入れる劇中チュ・ジフンの姿が少しはなじみがうすくて見慣れないか分からないけれどまた他の魅力を見る面白味が大きいようだ。

チュ・ジフンは史劇に初めて挑戦する先輩イ・ビョンホン(42)とも比較される。 イ・ビョンホンが出演する映画'鉱害、王になった男'が9月封切りを控えていて比較されるほかはない。 負担はないだろうか。

"比較されなくてもかまいません(笑い). ひとまずジャンルが違いますね。 比較とみるより私はイ・ビョンホン先輩などを心より尊敬して先輩たち演技を見て感心しますね? 先輩たち作品が出てくれば時間内で必ず探してみます。 良い先輩を見ながら年齢をもう少し取りたいと考えます。 演技に年輪がにじみ出ますね。 他の先輩たち皆にもたくさん感じて学びます。"(笑い)

彼は5年ぶりにSBS TV週末ドラマ'五本の指'でテレビ劇場にも復帰してピアニストを演技する。 彼は"システムがどのように変わっているか恐ろしい"として"ギリギリなドラマ スケジュールのために体力的である面も悩み"と冗談を言った。

"年を取って心配になります。 もう少し実質的で現実的な悩みといいましょうか? ドラマは1週間に映画一本をとることじゃないの。 集中して演技するべきなのに目がきらきらしなければならない瞬間に眠気ぎっしり埋まった目つきではいけないでしょう。"(笑い)

映画とドラマ、ミュージカル、最近ではバンド活動も併行する。 用心深く'麻薬事件と関連して過去を忘れようと熱心に活動するか'で尋ねた。 "待って下さった方々がとてもありがとう"と話し始めた彼は"過去を忘れようと熱心に活動をすることではない"といった。 "一歳、一歳食べて見たらより多いもので見聞きして体験することになりましたよ。 以前には共感できなかったことが今は共感できるとより多くの作品ができて、多様に活動が可能になることのようです。"

彼がいない間芸能界にすばらしくてハンサムな俳優が多くなった。 代表的に同じ所属会社キム・スヒョン(24)が最高値を打っている。 チュ・ジフンは"スヒョンはうまくいくことができた"として"心より後輩中で良い演技者がたくさんできるというのは良いこと"と笑った。

危機感を感じはしないのかと尋ねると"私と別の魅力がある"として"それで私たちが全部暮らすことができること"となだめる。 "先輩にも習うが後輩にもたくさん習います。 刺激になります。 私は恐ろしくてできないことを私より幼い友人がやり遂げた時、'おもしろいだろう'とする考えにもなって。"

[毎日経済 2012-07-25 15:29] 元記事はこちらから

※ほとんどテキストさっきの記事と同じですが"俳優が天職"ってとこがいいなあ^^

 [インタビュー]チュ・ジフン“後輩キム・スヒョンに危機感? 刺激されます”
2012年07月26日 (木) | 編集 |
俳優チュ・ジフン(30)が帰ってきた。 美男韓流スターであった彼は男になった。 20代後半かんばしくない事件を体験したがすでに過ぎたことだ。 反省をたくさんしたし前を眺めて再びまた、疾走しようとする。 自身を待ったファンたちに感謝の気持ちと共に、演技で補償をする道しかない。

軍除隊後スクリーン復帰作で8月9日封切り予定の史劇コメディ‘私は王である’(監督チャン・キュソン)を選んで3年ぶりに観客を探す。 このジャンルに初めての挑戦するチュ・ジフンは“ドキドキしてときめく”と緊張感を表わした。 だが、もう少し安らかに映画に没入できて寄り添ってもかまわないといった。

“各捕えられていなかったものなど、もう少し人間的な本能に忠実な主人公の姿がおもしろかったです。 続くエピソードも十分に同感しましたよ。 映画の中で見られる自分の姿が自然だといわなければならないでしょうか?”(笑い)

‘私は王である’は王になりたくなくて月談を押し切った世子チュンニョンと思わずその場を占めることになった奴婢トクチルのあきれた運命を描いた作品だ。 チュ・ジフンが1人2役でチュンニョンとトクチルをかわるがわる演技した。

久しぶりにスクリーン演技に復帰するということだったが、初めて経験する1人2役が容易なはずがない。 “この役割をしてすぐにまた、服を着替えて他の役割をしました。 序盤にはある人物に二人が埋めていましたよ。 全て一人になるのが大変だったんですよ。”

だが、演技者は演技者だ。 時間が流れて彼は当たり前のようにチュンニョンとトクチルを自由自在に行き来した。 彼は“どんなものをする時より集中力が高かったし、何をしようが上手にすることができた”と回想した。 劇中少しはなじみがうすい彼の姿が見慣れないことも分からないけれど新しい姿を見る面白味が大きいようだ。

偶然にも9月封切り予定の史劇‘鉱害、王になった男’で史劇に初めて挑戦、また、1人2役を延期したイ・ビョンホンと比較される。 ドラマ‘根強い木’で世宗大王を演技したハン・ソッキュとも比較する視線もある。 負担はないだろうか。

“比較されなくても良いです(笑い). ひとまずジャンルが違いますね。 比較とみるより前ハン・ソッキュ、イ・ビョンホン先輩を真心を尊敬して先輩たち演技を見て感心しますね? 先輩たち作品が出てくれば時間内で必ず探してみます。 良い先輩を見ながら年齢をもう少し取りたい考えます。 演技に年輪がにじみ出ますね。 二人の先輩はもちろん、他の先輩たち皆にもたくさん感じて学びます。”(笑い)

チュ・ジフンはSBS TV週末劇‘五本の指’でピアニストで5年ぶりにテレビ劇場にも復帰する。 彼は“システムがどのように変わっているか恐ろしい”として“ギリギリなドラマ スケジュールも予定されているはずなのに体力的である面も悩み”と冗談を言った。

“年を取って心配になります。 もう少し実質的で現実的な悩みといいましょうか? ドラマは1週間に映画一本をとることじゃないの。 集中して演技するべきなのに目がきらきらしなければならない瞬間に眠気ぎっしり埋まった目つきではいけないでしょう。”(笑い)

映画とドラマ、ミュージカル、最近ではバンド活動も併行する。 除隊後あまりにも忙しい活動だ。 用心深く‘入隊前発生した麻薬事件と関連して過去を忘れようと熱心に活動するか’と尋ねると“待って下さった方々がとてもありがとう”と話し始める。 だが“過去を忘れようと熱心に活動をすることではない”といった。

“一歳一歳さらに食べて見たらより多いのを見聞きして経験するのが多かったんですよ。 以前には共感できなかったことが今は同感すればさらに多様に活動をすることができるようです。”

時間が流れて自然にファンたちとの関係も良くなった。 “人見知りが激しい方”という彼は“ファンたちが近くタガワも表現方法を知らなかったが今は豊かになった”として“私が豊かになればファンたちも気楽に対してくれたよ”と好んだ。

彼がいない間芸能界にすばらしくてハンサムな俳優が多くなった。 例えば同じ所属会社キム・スヒョンが最高値を打っている。 チュ・ジフンは“スヒョンはうまくいくことができた”として“心より後輩中で良い演技者がたくさんできるというのは良いこと”と笑った。

危機感を感じはしないのかと聞くと“私と別の魅力がある”として“それで私たちが全部暮らすことができること”となだめる。 “先輩にも習うが後輩にもたくさん習います。 刺激になります。 私は恐ろしくてできないことを私より幼い友人がやり遂げた時‘あれおもしろいね!’という考えにもなります。”

久しぶりに復帰する映画とか興行に対する期待感も大きくないだろうか。 チュ・ジフンは“興行は演技者の領域を抜け出すようだ”とした。

“本当に完璧に準備しても時代の流れと合わないで外面受けることもできます。 私は私がすることができることにすべての力を注ぐだけでしょう。 興行に気を遣うより熱心に演技して、熱心に広報するだけです。 ずっと作品活動をしたいことは一ケ所率直に興行にしばられたくはありません。 もちろん一寸の前も見られないのが人間とか後ほどにはしないこともあります。”(笑い)

[毎日経済 2012-07-25 08:16] 元記事はこちらから

20120725-3.jpg 20120725-4.jpg 20120725-5.jpg 20120725-6.jpg

※キーイーストファミリーの長兄として弟たちにいいトコ見せたいなあ(爆)。

PCモニター前にして寝てた・・・

 チュ・ジフン"大麻草事件後イェハギョンと連絡とっていない"
2012年07月26日 (木) | 編集 |
俳優チュ・ジフン(30)が2008年体験した大麻草事件に対して心境を吐露した。

チュ・ジフンは映画'私は王である'(チャン・キュソン監督、テイジエンタテインメント製作)のインタビュー日程で忙しい毎日を送っていた。 映画に関連した話より3年間の空白を持ってきた事件に対して質問が多くなされたし意外に淡々として謙虚に自身の誤りを認めた。

去る23日TVリポートと行ったインタビューでもチュ・ジフンは率直な内心を打ち明けた。 彼に緋文字になった事件に対して尋ねるとすぐに"調査を受けるその場で断片的に嘘をつきたくなかったということより、今後残った私の人生に対して一生嘘をつきたくなかっただけだ"と所信を明らかにした。

同僚モデル イェ・ハギョンの家でエクスタシーとケタミンなど向精神性医薬品を投薬した疑惑で起訴されたチュ・ジフンは疑惑を認めて2009年6月執行猶予1年、社会奉仕120時間、追徴金36万ウォンを宣告された。 チュ・ジフンは以後2010年2月、特戦司令部常勤予備役で服務したし去年11月に除隊した。

彼は"当時の私の姿はモザイクをしても分けることはできない。 すでに報道になった状態で誰か見ても明らかに私ということを皆知る。 それが現実ではないだろうか"として"私が隠そうとしても人々は私に尋ねるだろう。 私を好きな人はないことという確信を持って尋ねて、また、私を嫌う人は疑いのまなざしで尋ねるだろう。 私はそれでは両方すべてに嘘をつくことになるわけだ"と説明した。

毎度受けるあくどい質問に鍛練されることもある彼だが胸の深いところで押し寄せる苦々しいことは隠すことができなかったようだ。 彼は引き続き疑惑を認めた直接的な契機に対して"こういう考えをしてみた"として十分にかんだ。

"遠い将来老年の年齢に友人らとマッコリ一杯に色々な話をしながらおかずをみなしているでしょう。 ところで偶然にその事件に対して話が出てきて'その時本当に君ではないだろう?'と尋ねるならばどうかと思いました。 悲しいでしょう。 その年齢になっても嘘をつかなければならないというのが。 そのように生きていくこと、ぞっとするでしょう。"

過去同僚であり同じ傷で精神的苦労が激しいイェハギョンとの間を尋ねるとすぐにチュ・ジフンは"そのこと以後では全く連絡したことがない"として言葉を慎んだ。

最近自粛期間を終えてケーブルTV tvN 'コリアカットタレント2'を通じて4年ぶりの放送復帰をしたイェ・ハギョンにもしやと思う心にチュ・ジフンは用心深がる表情であった。

"今はさっさと振り払ってしまう程治癒になったか"という質問に"絶対さっさと振り払ってしまうことはできない。 私には傷のようなことだ。 もちろん他人による傷でない私が直接出した傷だが"としながら言葉を濁した。 引き続き"少し緩和されることができるだろうが傷跡はなくならない"と答えた。

チョ・ジヨン記者

[TVリポート 2012-07-25 07:39] 元記事はこちらから

20120725-2.jpg

※ジフニがハギョンのことを語ったのって初めてかも、いままで誰も聞かなかったのにかなり踏み込んだ取材が日々行われているようで新たな記事を見つけるたびドキドキです。それにしても事件が明らかになった当時どれほど絶望しているだろうと、もしやよからぬ考えを起こすのではないかと夜ごと怯えたわたしの心配をよそに、ジフニはこんなにも冷静に未来の自分を想像して罪を素直に認めたんだと知り驚きました。ジフニは決して自分を見失わず、俳優として、人間として、生きることを諦めてはいなかったとわかり嬉しかった。遠回りしたし傷は永遠に消えないけれど、むしろそれを勲章として人生の第二章を堂々と歩んで欲しいです。ジフニふぁいてぃーん^^

もしハギョンに対して一言コメント求められたらジフニはなんて答えるんだろう、、、

 チュ・ジフン"一日3度鎮痛剤飲んで訓練所1等"
2012年07月25日 (水) | 編集 |
チュ・ジフン(30)が帰ってきた。 映画'キッチン'(2009)以後3年ぶりだ。 その間軍隊も行ってきて'大変なこと'も払った。 軍入隊直前である去る2009年大麻草喫煙疑惑を認めた。 自粛の時間を経た彼は一層固くなった感じだった。

"準備もたくさんしたし勉強もたくさんしました。 そんなことがよく混ぜ合わせて映画やドラマでよく表現されたらいいですね。 誰かが文化生活を営みながら休めるようにする職業なのにさらに精進して上手にできるようにしなければならないですね。"

比較的遅れた年齢にしなければならなかった軍生活はどうだったのだろうか? 特典司令部所属で服務した彼は"上手にしたようだ"とした。 "幼い弟たちが何が好きなのかも聞けたし本来集団生活に適応が上手な方"というもの。 それと共に入隊初期激しく軍生活をした経験を打ち明けた。

"軍隊に行く前に椎間板内障症がありました。 それで鎮痛剤を5酒痔包んで行ったんですけれど。 毎日一日に三回ずつ食べました。 熱心に生活したおかげで訓練所全体1等をしたし休暇も受けましたよ。"

引き続き"軍隊で得たのが何か?"としたら"忍耐心"としながら笑った。

チュ・ジフンが復帰作で選択した映画は'私は王である'だ。 チュンニョン大君が彼と同じような外見な奴婢に会いながら広がる話を描いた映画だ。 チュ・ジフンは1人2役演技に挑戦する。 特に目につく点は普段落ち着いていて寡黙なイメージであらわれた彼がコミック演技を披露するということ。

"'西洋骨董洋菓子店アンティーク'で一緒に作業したミン・ギュドン監督様が'そういうのをしたか?'としながら驚かれましたよ。 本来私にそうである面があります。 大衆は分からないが、私の友人は当然だと考えますね。 代わりに今回の作品では'笑わせなくちゃ'という負担感はなかったです。 わざわざコミカルにしてはいないです。"

数え年で三十一つ. しばしば話す'結婚適齢期'だ。 理想を尋ねるとすぐに"猫のような人"といった。

"少し個人的で仕事に集中して話せる人です。 愛が利用手段になるのは好きではないですね。 もし私のガールフレンドが夜勤をするならば会いたくても我慢しなければならないと考えます。 職業というのは責任があるのに愛という名前であらゆる事を勝ち取ろうとすれば破壊であることのようです。"

"'チャドナム'スタイルであるようだ"という話には"誰かは退屈だとそして誰かは艶がないとそうですね"という返事が帰ってきた。

"事実女を本当に一つも分からないです。(笑い)私は女優もちょっと難しいです。 連絡先もやりとりしませんね。 (シン)ミナのような場合、二つの作品を共にしながら監督様がちょっと親しくなれと言ってやりとりしたことのようです。"

チュ・ジフンは'私は王である'の封切り(8月9日)に先立って8月4日初放送される予定のSBSドラマ'五本の指'を通じて顔を映す。 空白期を経ただけ休む開くことなく活動を継続する。 ドラマでは天性の才能を持つピアニスト役を担った。

彼は"常にシナリオを受けた後把握をとても上手にしてそれをそのまま表現したい欲があります。 一人でなく'私たち'が伝達したいことをよく伝達できたらいいですね"と付け加えた。

[スポーツ朝鮮 2012-07-24 17:42] 元記事はこちらから

20120724-20.jpg

※夜勤なんて普通例に出さない気がするけど女優さんは徹夜仕事も多いしねえ(にやにや)。

ミンギュドン監督さまとは交流続いてるようでなにより^^

 '私は王'チュ・ジフン"初めての史劇・コメディ、負担はなかったです" [インタビュー]
2012年07月25日 (水) | 編集 |
私たちの'美男皇太子イシン'はどこへ行ったのか。 映画'私は王である'を持って3年ぶりに私たちのそばを訪ねてきたチュ・ジフンは公開された予告篇で'凄惨に'壊れる。 服だけ謹厳で派手な王であるだけ、表情と行動は一言で'バカ'そのものだ。

チュ・ジフンが'コメディ'ジャンルを持ってカムバックするという事実は誰も推察できなかった。 その間の作品、ドラマ'宮'をはじめとして映画'西洋骨董洋菓子店アンティーク'などを通し見せてくれた美男の温かいイメージを構築してきたチュ・ジフンのため。

その上コメディだけでなくチュ・ジフンは今回の映画で'史劇'というジャンルと'1人2役'という演技挑戦に新しい変身をお目見えする予定。

このように復帰作で三つの挑戦を広げるチュ・ジフンは去る18日OSENと会ってそんなに大きい負担は入らなかったといった。 作品に対する信頼、監督に対する信頼、そして一緒にする俳優に対する信頼があったためだった。

"そんなに大きい負担を感じてはいないです。 監督様も良く知られた方だったし出演する先輩の話を聞きましたよ。 それで信頼がありました。 本も良かったが演出陣と出演陣が本当に良くて信頼がありました。"

負担はなかったというが初めてしてみる'史劇'ジャンルであるから所感も格別だったはず。 史劇演技をしてみた所感を尋ねると考えたことよりトンが飛び散る困難があったと伝えた。 これに対し監督と共に話していって次第に合わせていったで。

"私どもの映画は正統史劇トーンに行きはしないです。 ところで違うが違うか監督様も大丈夫だった場面が実際に朝鮮時代背景に朝鮮時代衣装を着てするから何か変なことがありますよ。 トーンが飛び散る困難がありましたよ。 それで現場でつかんでいきました。 監督様に'状況がこのように移るから大丈夫であることのようです'話しながらです。"

'チュ・ジフン'といえば浮び上がるイメージで'宮'を思い出させる人々が多いだろう。 それだけチュ・ジフンは初めての主演作だった'宮'で派手な宮廷中に孤独に育たなければならなかった皇太子イシン役を担って立派に消化したし数多くの女性ファンの心をときめくようにした。 抱いてあげたい母性本能を刺激する行動らと9頭身スタイルに温かい容貌まで兼ね備えたという話だ。 そのような彼が'私は王である'ではコミカルな表情もマダチしなくて見る人々に笑いをプレゼントする。 '美男'チュ・ジフンがこれを迷いはしなかったのだろうか。 初めから壊れることを目標にする映画ではないのでそのような心配はなかったといった。

"私どもの映画はコントではありません。 壊れることを目標に、笑いを目標に演技しはしません。 私どもは状況がおもしろい映画で真剣にキャラクターで延期すれば良い映画と心配しませんでした。 また、撮影ずっとコメディの代価である先輩らと共にすることができて本当におもしろかったです。 先輩にたくさん習いましたよ。 年齢もあったが情熱が本当にすごいです。 エネルギーがあふれられてよ。"

'私は王である'のメガホンを取ったチャン・キュソン監督は映画'イチャンとグンス','女の先生VS女弟子'等の作品で演出力を認められた有名監督. 撮影しながらチャン・キュソン監督と友人のような関係になったというチュ・ジフンは以後チャン・キュソン監督がまた、一度ラブコールを送れば快くするかは質問を投げるとすぐに作品を見るべきで俳優として真剣な返事を出した。

"監督様とは友人のような関係になりました。 あまりにもに権威的でなくて長い間撮影しながら楽になったりもしましたよ。 ところが監督様がまた、作品を共にしようといえば違うと答えるでしょう(笑い). それはマルチプレーが可能な方々だけできる返事であることのようです。 演技経歴20年越えられた方々あるでしょう。 劇というジャンルの中から出るほどのキャラクターを全一回ぐらいは経験してみた方々です。 なぜ台本を見なければならないかといえば私はとても良いが私がキャラクター設定が理解できなかったが作品をすることになれば観客方々にご迷惑をかけることじゃないの。 観客方々にも良くなくて作品としても良くないことであることでしょう。"

キャラクターに対する共感が重要だというチュ・ジフンに今回のキャラクターのある点に共感したのか尋ねた。 '私は王である'で小心な世子チュンニョンと突然ワン・ヨンギをしなければならない奴婢トクチル、1人2役のキャラクターをむかえることになったチュ・ジフンは人間の本能を見せるキャラクターに共感したと明らかにした。

"人間の姿を最大化していて共感できました。 人には色々な姿があるでしょう。 あののような場合だけでもインタビューする時は真剣にならざるをえません。 それで真剣なイメージができるが私にはそうではない姿もありますね。 世子が宮を出ながら本能に忠実な姿を見せる姿が共感を起こしました。"

映画が終わった後チュ・ジフンはブラウン管でまた、一度大衆に会う予定だ。 SBS新しいドラマ'五本の指'に合流することになったこと。 一緒に作品に出演するガールグループ ティアラのウンジョンに対して尋ねたところチュ・ジフンは事実ガールグループをよく分からないと話した。 だが、ティアラ メンバーという事実は知っていたとし俳優の感じが出たと賞賛を惜しまなかった。

"良かったです。 ところで事実私が歌も知ってティアラも分かるがTVをよく取りまとめてみはしません。 それでウンジョン氏の歩みをよく分からなくて(笑い). それでも歌手という話を聞いて行ってみたがマスクも良くて俳優の感じも出て良かったです。"

その間俳優生活をしてきて多様な作品に出演したチュ・ジフンはいかなる監督と目つきだけ見てもお互いの意中を分かる間になりしたいとし小さい希望を表わした。 監督のペルソナになりたいということ。

"監督様と俳優が長引いたりどんな俳優が呼吸がよく合うように多くの作品に出てきたりするなどの関係がうらやましいです。 監督のペルソナがあるでしょう。 そのような関係がうらやましいです。 現場ですることが考えが違うから考えを合わせるのに時間を多く使うのに目つきだけ見ても互いに分かる仲が良いと思います。"

8月、コメディに訪ねてくるチュ・ジフンは絶対に虚しくないという覚悟を伝えた。 熱い夏、蒸し暑さを飛ばしてしまった気がせいせいしたコメディになることだと。

"楽しかったらいいですね。 熱くていらいらするのにおもしろく見ることができる映画でここで話す面白味はコメディに近い面白みを感じられるんです。 絶対虚しい映画ではないことです。 演技したもので虚しくなりはしないでしょう。 8月に気がせいせいされることができられるはずです。"

[OSEN 2012-07-24 15:18] 元記事はこちらから

20120724-17.jpg 20120724-18.jpg 20120724-19.jpg

※宮の話題がでて嬉しい^^ 熱い夏、みんなに大笑いしてもらえるといいなあ~。

 チュ・ジフン“演技する時はつぎはぎ服が気楽です”
2012年07月25日 (水) | 編集 |
朝鮮版王子と乞食…1人2役挑戦
イ・ハヌィとメロー“非常にプラトニックです”
3年空白待った‘セジョンジュ’ファンありがとう


187cmの大きい身長にくすんで浅黒い皮膚。 俳優チュ・ジフンの第一印象だ。 一瞬近付くのが難しいそうだけど、実際には男らしくて冗談も上手な性格だ。 以前よりはるかに豊かになったという話に彼は“もう年を取るからであること”としながら笑った。

チュ・ジフンが長い間の空白を破って新しい出発線に立った。 彼は来る8月9日封切りする映画‘私は王である’(監督チャン・キュソン)を通じて3年ぶりにスクリーンに復帰する。 ‘朝鮮版王と乞食’ということができるこの映画でチュ・ジフンは世宗大王(セジョンデワン)の幼い時期であるチュンニョンと奴婢トクチル役を担って1人2役に挑戦した。 王と奴婢を交替しながら演技した彼は“確かに演技をする時はつぎはぎ服が気楽だ”として笑いを見せた。

‘私は王である’は世子冊封に不満を抱いたチュンニョンが宮を脱出した後、護衛武士が似ていた奴婢トクチルをチュンニョンで勘違いして宮に連れていきながら広がる話だ。 チュ・ジフンは劇中でペク・ユンシク、パク・ヨンギュ、ピョン・ヒボン、キム・スロ、イム・ウォニ、イ・ハヌィなどと呼吸を合わせる。

彼は“単純に笑わせるばかりのコメディではない”として“ドラマが強いヒューマン コメディだと見れば良い”と説明した。 イ・ハヌィとラブ ストーリーも登場する予定。彼は“メロラインが登場するが非常にプラトニックだ”といった。

事実彼は昨年11月除隊以後我を忘れてスケジュールを消化した。 除隊直後ミュージカル舞台に上がったし、映画‘私は王である’を撮影したし、新しいドラマも準備しなければならなかった。

“除隊以後本当にただ一日も自由を満喫できなくて生きました。 この前ぴったり一日スケジュールない日ができたが、すぐに予備軍訓練街は日でした(笑い)。 1時間早く帰宅させるという言葉に本当に熱心に訓練に参加することになりましたよ。”

チュ・ジフンは最近知人たちと共にバンドを結成した。 チーム内で彼はボーカルとギターを受け持っていて、作詞も直接する。 彼は“会社で私を防がない限り、近い将来私たちのバンドの舞台を見ることができる”として笑った。 演技と音楽の他にも、いつも何かを作り出すことに関心が多い。

“バンドでは私が歌詞を担当するからいつも歌詞が浮び上がれば書き留めます。 シナリオも小さい短編下や程度はいつも頭の中にあってよ。 お買いになるつもりより俳優人生が退屈です(笑い)。それでも私が次の作品や活動をあらかじめ定めて活動するタイプでもないので…。”

チュ・ジフンのファンクラブの名前はセジョンジュだ。 ‘世界を征服する俳優チュ・ジフン’という意だ。 ファンクラブの名前に対して“そうなれるように努力しなければならないですね”として微笑を浮かべた。 去る2009年広がったかんばしくない事件と直ちに続いた軍服務…. 3年という短くない空白があったが、今でも5万人を越えるファンたちが依然として彼を応援している。

“長く待って下さって本当に感謝します。 私は私のファンたちに対して自負する部分があります。 情熱は科しながらも、いつも守らなければならない線を守る方々でしょう。 とても素晴らしいです。”

[フォーカス新聞社 2012-07-23 23:55:40] 元記事はこちらから

20120724-14.jpg 20120724-15.jpg 20120724-16.jpg

※わあ、セジョンジュの方は嬉しいですねえ。でもファンクラブはチュゲルだってあるしファンはもっともっと大勢いるし、ジフニの感謝のコメントはセジョンジュに限らずみんなに対して話したことじゃないかなあ。'除隊直後ミュージカル舞台に上がった'なんて書く記事は信用ならん(-_-;

ジフニのバンド熱はきっと事務所も止められないんだろうなあ(爆)。

 '私は王'チュ・ジフン、"燃え尽きた、真っ白な灰に"(インタビュー)
2012年07月25日 (水) | 編集 |
俳優チュ・ジフンが軍除隊後3年ぶりに映画'私は王である'に帰ってきた。

チュ・ジフンは来月9日開封される'私は王である'で奴婢トクチルと世子チュンニョン役を担って1人2役演技に挑戦した。 ダイナミックな変身のために毎撮影ごとに他の扮装と姿をお目見えしたし、3日間15番ほど扮装と衣装を変えるなど強行軍を軽く消化して先後輩演技者の驚きをかもし出した。

それだけ映画撮影中難しいことも多かった。 足が裂けて縫ったが病院に行くことができなくて山の頂上で直接糸屑を選ぶこともした。

チュ・ジフンは"どうしてもシーンが多くて、野原で山で飛び回って見たらそのようだ。 同じ期間に普通映画2編分量を撮った。 131シーン中120シーンに出てくる"として"燃え尽きた、真っ白な灰に"とある漫画の名セリフを引用した。

このような姿は映画撮影移転や後全部大きく異ならない。 現場でからだを燃やしたチュ・ジフンは風邪との死闘(?) 中でもリンゲルを打ちながら広報日程を消化している。 冗談半分で話そうとするなら'点滴闘魂'を発揮中だ。

だが、からだ状態が良くなくても気力が出るほかはないこと。 映画試写専任にも'映画がよく出てきた'という好評がもれて、久しぶりのスクリーン復帰作に同僚俳優の称賛が続いている。

彼は"よく出てきたという話が聞こえるほど不安だ。 すでにとっておいたが、人々期待値が高まる"と茶目っ気幼い話を伝えた。

引き続き自身より他の俳優を褒め称えて球を周辺の人々に回した。 彼は"今回の作品ではアクションよりリアクションがさらに多い。 アクションをあたえる人々がいてこそリアクションが出てくるのに皆途方もない俳優だけで私は良く従っていった"と謙虚な話を残した。

彼の話を単純なリップサービスに受け入れることができないのは作られたより率直なのを表わすことを願うチュ・ジフンの性格のためだ。 実際の去る2009年かんばしくないことで調査を受けた時も自ら疑惑を認めたことがある。

チュ・ジフンはこれと関連して"嘘をつきたくなかった"と明らかにした。 音声判定が出た状況で否認したい考えになっただろうし、多くの人々がその道を選ぶことが明らかだが"色々岐路に立つことになるが、そうしてはいけないこと"という所信を伝えた。

また"私の誤りなのに当然耐えて受け入れなければならない持分だ。 誤りをしたら罰を受けて反省しながら生きていかなければなければならないと考える"と付け加えた。

チュ・ジフンはこれまでの空白を破って3年ぶりのスクリーン復帰に続き5年ぶりのブラウン管カムバックも控えている。 彼はSBS週末ドラマ'五本の指'で天性の才能を持ったが悲運の家庭事情を持ったピアニスト役に扮し8月スクリーンとブラウン管を行き来する予定だ。

[マイデイリー 2012-07-24 13:12] 元記事はこちらから

20120724-11.jpg 20120724-12.jpg 20120724-13.jpg

※やっぱこれ'あしたのジョー'の引用っぽいなあ、ジフニったら^^

 [スターインタビュー] '私は王である'チュ・ジフン"自ら光を放つ本物の星になります"
2012年07月25日 (水) | 編集 |
奈落から3年ぶりに演技復帰
ああ、私がこうしたところで仕事をしていたんだな…
人気よりは作品の中で光ること


わずか3年前だけでもチュ・ジフンは忠武路と汝矣島が同時に熱狂した俳優であった。 出演交渉が殺到したし、次世代韓流スターと呼ばれる程アジア圏人気もすごかった。 だが、ある瞬間のミスでかんばしくないことにまきこまれて奈落に落ちた。

そして3年が流れた。 切歯腐心後今一度翼を広げようとするチュ・ジフンに多くの人々が手を差し出した。 依然として刺すような視線もあるが毅然と耐えている。 自身の誤りを痛感して'俳優'という名前で再び立つために体験しなければならない過程であるためだ。

"一人でご飯を食べている時に年配の方1人が'頑張れ'とおっしゃいました。 '私の人生に大変な日がある時あなたの作品を見て力を得た'でしたでしょう。 気立て良い年配の方が私を慰労しようとされたお言葉であったが、私がすることが誰かに力になることもできるという事実に力を得ました。"

3年の空白を持つチュ・ジフンが選択した作品は映画'私は王である'(監督チャン・キュソン・製作テイジエンタテインメント)。 劇中チュ・ジフンは奴婢トクチルと王になりたくなくて宮を離れたチュンニョン大君など1人2役を引き受ける。 その間貴公子のようでスタイリッシュなチュ・ジフンの姿を記憶するファンたちにコミック映画'私は王である'中の姿は多少粗野に感じられそうだ。

"あえてジャンルを分けはしないです。 シナリオを見て'良い話'と考えました。 映画の基本構造が硬くて状況がいかにも強情そうでなく流れましたよ。 その上観客に感動を与えることができそうでした。"

再びカメラ前に立つとすぐに感慨が新しかった。 去る3年間チュ・ジフンは人気を失ったが、軍服務を終わったし俳優を越えて人間的に成熟したし30代になった。 外見はそのままでだけ内面はより一層ヨングン、チュ・ジフンに撮影会場は単純な仕事場以上の意味で近づいた。

"テスト撮影に行った時カメラが近づくのを見て'私がこうしたところで仕事をしていたんだな'と思ったんですよ。 多いならば多くて、少ないならば少ない時間が流れました。 'その事件'がある前には(演技を)上手になりたいが思いのままにならなくて非常に大変だったんですよ。 それでさらに周辺を見ることができなかったことのようです。 今や私がどこでどんなことをしているのか悟ることになった行きます。"

チュ・ジフンは'私は王である'封切りに合わせてSBS週末劇'五本の指'(脚本キム・スンオク・演出チェ・ヨンフン)を始める。 彼がブラウン管に復帰するのは2007年'魔王'以後何と5年ぶりだ。 その間作品数が多くなかったチュ・ジフンはスクリーンとブラウン管を同時に攻略してより大衆的な俳優で一歩近付くために支度を備えている。

"これからは作品数がさらに多くなるでしょう。 世の中を生きて共感するのが多くなりましたよ。 (笑って)年を取れば差し出がましくなるというでしょう。 自然な手順だと考えます。 私がしたいことを精進するならばご飯は飢えないことのようです。"

チュ・ジフンは今再び'スター'になって行く過程に立っている。 数年前までは五本の指中に挙げられる韓流スターにゴウゴウ飛んだが今は我慢比べに入った自身を日の当る場所に引き上げるところだ。 この頃チュ・ジフンは自身をスターであり俳優で作った'魔王'のパク・チャノンPDの助言を再確認している。

"ある日監督様が'星が何か'で尋ねたでしょう。 'よく分からない'で答えたところ'自ら光を出す恒星が星で、他人の光を受ければ惑星'としながら'君は星になれ'と言いました。 自ら光を出せとの意味でしたよ。 単純に人気を得るのを越えて作品の中で光ることができる俳優になるでしょう。"

アン・ジンヨン記者

[スポーツ韓国 2012-07-24 07:06] 元記事はこちらから

20120724-10.jpg

※本当の星に、、、ジフニ~;;

 ‘スクリーン復帰’チュ・ジフン、1人2役コミック演技で麻薬波紋洗うか
2012年07月24日 (火) | 編集 |
チュ・ジフンが麻薬波紋以後3年ぶりにスクリーンに帰ってくる。

彼が復帰作で選択したことは映画‘私は王である’で劇中チュ・ジフンは世宗の幼い時期チュンニョンと奴婢トクチルで1人2役演技に挑戦する。

チュ・ジフンが初めての挑戦するコメディ映画‘私は王である’という王になりたくなくて月談を押し切った世子チュンニョンと思わずその場を横取りした奴婢トクチルのあきれた運命を描いた作品。

これに伴い‘私は王である’が俳優チュ・ジフンにあたえる意味は格別に見える。 これは2009年映画‘キッチン’以後3年ぶりのスクリーン復帰作なのに加え初めて試みるコミック演技、史劇演技であるためだ。

その上去る2009年大麻草喫煙疑惑を認めて軍に入隊したチュ・ジフンがミュージカル‘ドクトルジバゴ’出演を固辞して選んだうえにビジュアルでない演技発展に重点を置いたのでより一層関心が集まっている。

これに伴い、モデル出身でその間演技力よりはハンサムな容貌でさらに注目されたチュ・ジフンが果たして1人2役をまともに消化したかも観客らにコミック演技に対する拒否感を与えはしないのか耳目が集中している。

これはチュ・ジフンは去る2006年出演したMBCドラマ‘宮’で皇太子イシン役に名前を知らせた後ドラマ‘魔王’、映画‘西洋骨董洋菓子店アンティーク’、‘キッチン’等に出演したが演技力に大きく注目されていられなかったためだ。

これに配給会社ロッテエンターテインメントのある関係者は"チュ・ジフンが1人2役の演技をよく消化できようかと思う恐れがあったことは事実だ“ミョ“だが、かえってそうした点が新鮮に作用することができると考える。 モデル マスクの彼がコミック演技をすればどうか気になった”とキャスティング背景を説明した。

その他にもかんばしくない事件にまきこまれた彼の生半可な復帰ではないのかという否定的な視線に対して“本人もたくさん反省していて観客らの評価を受け入れるという立場だ”として“負担感がないわけではなくなっているだろうが演技で見せると明らかにした。 今回の映画を通じて演技と評価されようと思う欲が強い”と伝えた。

だが、チュ・ジフンのコミック演技変身が新鮮なことで近づくことができるのかまた、その間の空白を色あせさせることができるかは観客らの選択を見守らなければならないものと見られる。

一方‘私は王である’という来る8月9日封切りする。

[ファイナンシャルニュース 2012-07-24 01:21] 元記事はこちらから

※あれ、ジフニ‘ドクトルジバゴ’は喉を痛めたから下車したわけで、映画のために出演を固辞したんじゃないよね、ただ単に記者さんが無知なだけ?それともホントにそんな、、、わけないか。

 チュ・ジフン、イ・ビョンホン-ハン・ソッキュと比較"なぜそうしますか"[インタビュー]
2012年07月24日 (火) | 編集 |
俳優チュ・ジフン(30)が史劇に戻った。 その上コミック演技だ。 すっきりしていてとうとうたる、時々は艶がなく見えたこの男が映画'私は王である'(監督チャン・キュソン、製作テイジエンタテインメント)を通じてまともに壊れた。

チュ・ジフンが来月9日封切りを控えている映画'私は王である'で3年ぶりにカメラ前に立った。 大衆の前に姿を見せなかった3年の間チュ・ジフンは30代になったし、軍隊も行ってきた。

去る2005年六寸ドラマ'昔の恋愛'でデビューしたチュ・ジフンは以後ドラマ'宮' '魔王',映画'西洋骨董洋菓子店アンティーク' 'キッチン'などを通じてスターダムに上がった。 だが、彼は2009年大麻草喫煙疑惑で不拘束起訴されたし懲役6ヶ月と執行猶予1年、社会奉仕命令を宣告された。 以後チュ・ジフンは2010年2月入隊したし、特戦司令部常勤予備役で服務して昨年11月転役した。

大変な時間ぐらいさらに成熟して帰ってきたチュ・ジフンは俳優として、人間としてもう少し固くなったように見えた。 そして豊かになった。

20120724-5.jpg 20120724-6.jpg 20120724-7.jpg

[READ MORE...]
 初めての露出・初めてのアクション・初めての史劇、私は‘チュ・ジフン’である
2012年07月23日 (月) | 編集 |
チュ・ジフン、映画‘私は王である’世子&奴婢1人2役でスクリーン カムバック

かんばしくない事件・軍入隊で3年余り空白
演技の新しい出発であり大衆評価される試験台
キム・スロなどすごい先輩たちと演技夢のようで


“雨が降れば癇癪を起こす人が多いが私はそのままそのとおりですよ。 雨が冷たくないことではありません。 雨に降られて寒いならばさらに早く歩けば良いでしょう。”

演技者チュ・ジフン(30)に長い間の空白を踏んでまた演技を始める気持ちを尋ねたところ帰ってきた返事だ。 “負担は当然ある”としつつも“大きい心配は置いて生きていく方”と話した。 “道を誤って入って他の道を歩くといっても帰りながら新しい道を見ることにならないか”ともした。

チュ・ジフンは2009年から軍服務を終えて帰ってきた2011年末まで3年の間大衆のそばを離れていた。 かんばしくない事件にまきこまれたし直ちに軍に入隊してファンたちと距離をおいた。 除隊直後ミュージカルで舞台に上がったがさらに多い大衆に会うまで何ヶ月の時間がもっとかかった。 その間あるドラマに出演が有力だったが放送会社で彼を断ったという声も聞こえた。 それで8月9日封切りする‘私は王である’(監督チャン・キュソン)はチュ・ジフンに格別な意味にならざるをえない。 もしかしたら演技を再び始める出発線であり、大衆の評価の前に立ち向かう試験台だ。

● “幼い年齢にいつまた、すごい俳優らと演技してみようか”

チュ・ジフンは華麗な修辞を取り出して自身の考えを整えなかった。 淡泊な話法を駆使した。 皮膚がとりわけ黒く焼けた理由を尋ねるとすぐに“幼い時ママと畑である通う時から真っ黒になるのではないかしたい”と話した。

虚構と歴史が入り乱れた‘私は王である’でチュ・ジフンは1人2役を消化する。 世宗大王の幼い時期のチュンニョンと通りの奴婢トクチル. チュンニョンは突然世子冊封に不満を抱いて宮を脱出して自身と似ていたトクチルを代わりに宮に押し込む。

チュ・ジフンは映画でペク・ユンシク・パク・ヨンギュ・ピョン・ヒボン・キム・スロ・イム・ウォニと呼吸を合わせる。 ひとまず“わだかまりなしに読まれる”シナリオに心を奪われたし、共に出演する俳優名簿を見た後には“信じて行く”と決心した。

“この年にいつまた、このようにすごい俳優ら隙に挟まって演技するか。 キム・スロ、イム・ウォニ先輩のようにリーダーシップ強い俳優が多くて信頼度積んだ。”

チュ・ジフンに‘私は王である’という多様な初めての経験を抱かれた作品. 最初の史劇、初めてのアクション演技、最初の露出演技まで。 もちろん露出は入浴場面に出てくる上半身が全部。 “浴場お湯に10時間ぐらいからだを漬けて撮影する時はそのままからだが溶けるものと思った。 ハハ! 正統史劇だったらちょっと負担になったがコメディでいかにも強情そうに笑わせながら話を導くことでもない。 彼らが処した状況が笑いを作る。”

チュ・ジフンは2006年ドラマ‘宮’で一躍スターダムに上がった。 以後ドラマ‘魔王’を経て2008年映画‘西洋骨董洋菓子店アンティーク’でスクリーンにデビューして翌年‘キッチン’をとった。 デビューして7年だが出演作はせいぜい4作。

チュ・ジフンは映画封切りとかみ合わさってテレビ劇場に戻る。 8月4日放送するSBS週末ドラマ‘五本の指’を通じてだ。 ‘きつい設定’で有名なキム・スンオク作家の新作で、悲劇的な過去を持った男女の運命的な愛を描いた。 チュ・ジフンはピアニスト役だ。

“役割に対する意見を出せば作家様がクールに受け入れる。 役割が私と合って似合うならばしなければならないのが合う。 シンプルですっきりしている服を着る役割も久しぶりなのに。(笑い)人々が考える私イメージと合う役割は初めてであるようだ。 ますますおもしろくなっている。”

チュ・ジフンはグンで会った友人らとバンドを結成して共に音楽活動をしている。 “決まったことには興味を感じることができない”という彼は演技を抜いて、できる多様な活動に対するアイディアも直接出した。 この前には直接構想した3個のプロジェクトを所属会社に提案したという。 “簡単に自分ひとりだけ苦労すれば良いプロジェクトだ。 ドラマが終わった後から始める計画だ。 楽しむことができる人が努力する人よりよくないか。”

[スポーツ東亜 2012-07-23 07:00:00] 元記事はこちらから

20120723-3.jpg

※除隊直後ミュージカルで舞台に上がってないないない・・・。

直接事務所に3つ提案かあ、ひとつはバンド活動だったらあと2つは?ミュージカルリベンジお願いしたいなあ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。