★人気漫画&ドラマ「宮」関連情報(+α )を、只今公務中な皇太子シン役チュ・ジフン(朱智勲)のお留守を守る管理人piroringoがお届けします★ほぼ毎日更新中!
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ク・ヘソン演出チョ・スンウ主演'桃の木',10月31日封切り
2012年09月16日 (日) | 編集 |
チョ・スンウ、OSTにも直接参加して注目

俳優であり美術、音楽、映画監督まで多方面で頭角を表わしているク・ヘソンが演出を引き受けた感性メロ'桃の木'が10月31日開封される。

桃の木は世の中で最も特別な兄弟と彼らに偶然に現れた彼女との話を扱った作品。 チョ・スンウ、リュ・ドクファン、ナム・サンミなど人気と演技力を兼ね備えた俳優がク・ヘソン監督と一緒にした。

劇中チョ・スンウはすべての不幸を自分のせいにだけ考える双子中兄であるサンヒョンを演技した。 冷静で老練味あふれる彼の感性メロ演技は見る人々まで切なくさせるという後聞。 また、チョ・スンウはOSTにも直接参加した。

ク・ヘソン監督が作詞、作曲を引き受けたメイン タイトル曲桃の木は悲しいながら弱々しい雰囲気の童謡のようなメロディとチョ・スンウの物静かな声が交わって感性を刺激するという評価だ。

双子兄弟中弟ドンヒョン役はリュ・ドクファンが熱演した。 2人の俳優は全く違う性格を持った双子兄弟で分解観客をスクリーンに引き込む予定だ。 双子兄弟に希望をプレゼントするさわやか溌刺としたスンア役ではナム・サンミが加勢してハーモニーを成し遂げた。

[ノーカットニュース 2012-09-16 15:47] 元記事はこちらから

20120916-1.jpg

※去年の釜山国際映画祭で初お目見えのところ上映中断、返金処理がされたとか記事がありましたが結局フルで上映されたかは謎(こちら)'馬医'でお忙しいチョスン氏ですが映画のプロモーションには参加されるのかな?ドクファンくんとのツーショット見てみたい^^
スポンサーサイト

 '神クイ3'アン・ネサン・リュ・ドクファン、この男男カップルが期待される
2012年05月16日 (水) | 編集 |
硬いストーリーと俳優らの好演でケーブル ドラマ症候群を起こしたOCN '神のクイズ'が三回目シーズンに戻る。 韓国対法医官事務所を背景に主人公ハン・ジンウ(リュ・ドクファン扮)をはじめとして以前シーズンの人物が多数登場するがベテラン刑事ペデシク(アン・ネサン扮)と新参刑事イラン(パクヒボン扮)が合流して新鮮度を高めた。

'神のクイズ3'の観戦ポイントは断然侮れない演技内面空白で愛されてきた俳優アン・ネサンの投入だ。 彼は天才法医官ハンジヌを演じてドラマの人気を牽引してきたリュ・ドクファンと呼吸を合わせて劇を導く。 常時仲たがいして激しい二人の間のエピソードはシーズン1・2のユン・ジュヒとリュ・ドクファンのラブラインを代えて新しい面白味を減る展望だ。

去る15日ソウル、上岩洞CGVで開かれたOCN '神のクイズ3'製作発表会に参加したアン・ネサンは始終一貫明るい顔で雰囲気を盛り上げた。 続いてきたシーズン制ドラマに一歩遅れて合流した俳優というには存在感が相当した。 彼は始終一貫ウィットとセンスを失わなくて相手俳優リュ・ドクファンと製作スタッフを口が乾くようにほめた。

この日公開されたハイライト映像ではアン・ネサンとリュ・ドクァンの尋常でない呼吸をあらかじめのぞくことができた。 三シーズン続けてハン・ジヌを引き受けてきたリュ・ドクファンの演技はぴったりな服を着たように安らかに見えた。 しらじらしくてコミカルだが職業意識だけは格別な胚胎式はあたかも初めからアン・ネサンのために作られたキャラクターであるようだった。

アン・ジンウ監督は"アン・ネサンの生活がキャラクターと似ていること"としながら"酒をしばしば飲んでヘアースタイルにも気を遣わないアン・ネサンはリアリティーを持ってドラマを安着させる人物"と笑って説明した。

以前シーズン美貌の女刑事が40代老いた未婚男性キャラクターで相手役が変わったリュ・ドクファンは"相手が変わったという消息を聞いて酒を飲んだ"とふざけて口を開いた。 彼は"キャラクター説明を聞くとすぐにアン・ネサン先輩と非常によく合うと考えた"ながらも"気に押さえられるかと思って心配して熱心に努力中"とも話した。

劇中ハン・ジヌは英明な頭脳と自信あふれる態度が核心の人物。年齢に比べて長い間の演技経歴を積んだリュ・ドクファンだが内面空白が相当なアン・ネサンとツートップ演技をするだけに心配が入ることもした。

しかしこの日アン・ネサンの話によればリュ・ドクファンの悩みは取越苦労に過ぎなかった。 アン・ネサンは"リュ・ドクファンの作品をほとんどみな見たが演技スタイルが独特でどこかに溶け合っているようだと考えた"として"呼吸を合わせてみると演技内面空白がチェ・ブラム級だったよ"と絶賛した。

引き続き彼は"ペデシクとハンジヌ友情争いを愛戦いで作って見せる"と豪語大言壮語して2人の俳優のシナジーをキデケ作った。 アン・ネサンは"暗記が滞貨した演技をする。 朝頑固が出てきても遠視はワンカットに行ったよ"としてリュ・ドクファンの才能を好評することもした。

どうのこうの二人の男のエピソードで劇を導く'神のクイズ3'は演技力に定評があった2人の俳優の出会いだけでも期待を集めている。 甘いラブラインボだより一層ぴりっとするアン・ネサンとリュ・ドクファンの呼吸がドラマの引き続いた成功を導くが注目するに値する。

'神のクイズ3'とは'韓国対法医官事務所'のエリート医者たちが迷宮に陥った疑問の死を追跡して稀貴病にからまったミステリーを解いていく過程を描く。 12部作で来る20日夜11時初回放送される。

[ジョイニュース24 2012-05-16 16:03]

20120516-1.jpg 20120516-2.jpg

※シーズン3もいずれ日本版DVDが出ると思えば待つのも平気。男男カップル楽しみだあ。予告編を下にしまいます~。

[READ MORE...]
 'シンクィ3'リュ・ドクファン"男パートナーアン・ネサンの便り聞いて酒を飲んだ"
2012年05月15日 (火) | 編集 |
俳優リュ・ドクファンが'神のクイズ3'でアン・ネサンと呼吸を合わせることになった所感を知らせた。

15日ソウル、上岩洞CGVで開かれたOCN '神のクイズ3'製作発表会に参加した俳優リュ・ドクファンはドラマ初めてのシーズンから劇中エリート医師ハン・ジヌを演技してきた。 彼は昨シーズン俳優ユン・ジュヒに続きシーズン3で刑事ペデシクを演じる俳優アン・ネサンと呼吸を合わせる。

リュ・ドクファンはこの日パートナーが美貌の女刑事から40代老いた未婚男性に変わった所感を聞くとすぐに"消息を聞いて酒を飲んだ"と口を開いて現場を笑い海で作った。 引き続き彼は"アン・ネサン先輩が入ってくるという話を聞いてドラマがどのように変わるのか気になった"として"新しく投入されるペデシクキャラクターに対して聞いたらアン・ネサン先輩と非常によく合うという気がした"と話した。

しかし新しいパートナーを迎えたリュ・ドクファンの気持ちがひたすら気楽なものではなかった。 彼は"アン・ネサン先輩と呼吸を合わせて気に押さえられるか心配になった"として"劇中ハンジヌは気に押さえられてはいけない。 押さえられないために熱心に悩んだ"と告白した。

その一方で"すでに女演技者ともしてみなかったベッドシーンをアン・ネサン先輩と撮影した"とふざけてまた笑いを与えた。 引き続き"シーズン1・2でメロラインのせいで女に多くの気を遣ったが今回のシーズンでは事件に集中できることになった"と才覚があるように話した

リュ・ドクファンは'神のクイズ'の人気要因を尋ねた質問には"私が上手で"とふざけて笑いと拍手を同時にかもし出すこともした。 引き続き彼は"事実作家様がよく書かれたうえに呼吸がよく合った・文に人気を得たと考える"と答えた。

'神のクイズ3'とは'韓国対法衣官事務所'のエリート医者たちが迷宮に陥った疑問の死を追跡して稀貴病にからまったミステリーを解いていく過程を描いた'神のクイズ'の三回目シーズンだ。 12部作で来る20日夜11時初回放送される。

[ジョイニュース24 2012-05-15 12:09] 元記事はこちらから

※ネサンとドクファンくん、いいコンビになりそうだ^^

 '神クイ3'アン・ネサン"リュ・ドクファン演技内面空白、チェ・ブラム級"
2012年05月15日 (火) | 編集 |
俳優アン・ネサンが'神のクイズ3'でリュ・ドクファンと演技をした所感を明らかにした。

15日ソウル、上岩洞CGVで開かれたOCN '神のクイズ3'製作発表会に参加したアン・ネサンは"'神のクイズ'シリーズの大ファンだった"として"キャスティング消息を聞いて非常に気分が良かった"と口を開いた。 彼は"以前シーズンに出演したユン・ジュヒとパートナーと知ってほほえましくOKしたがリュ・ドクファンだけいたよ"と付け加えて現場に笑い花を咲かせた。

アン・ネサンは"リュ・ドクファンが出演した作品をほとんどみな見た"として"演技スタイルが独特でどこかに溶け合っているようだと考えた"と話した。 引き続き"呼吸を合わせてみると内面空白がチェ・ブラム水準だったよ"として"演技の瞬発力が優れたことを見ると私がパートナー福がある。 ユン・ジュヒよりましだ"とも話した。

アン・ネサンとリュ・ドクファンは劇中各々ベテラン刑事ペデシクとエリート医師ハンジヌを演じて始終一貫どうのこうのする演技をする。 アン・ネサンは"ユン・ジュヒに周慮抱いた愛情を全部リュ・ドクファンに与えること"としながら"どうのこうのを愛戦いで作るとみられる。 デシクとジヌの間をラブラインで作る"と豪語大言壮語してまた爆笑を抱かれた。 引き続き"'神のクイズ3'作業が非常におもしろい。 違うものは見つめることも嫌いな程最高"と話して格別な自信を表わした。

'神のクイズ3'とは'韓国対法衣観事務所'のエリート医者たちが迷宮に陥った疑問の死を追跡して稀貴病にからまったミステリーを解いていく過程を描いた'神のクイズ'の三回目シーズンだ。 12部作で来る20日夜11時初回放送される。

[ジョイニュース24 2012-05-15 12:18] 元記事はこちらから

※アンネサン氏、ドクファンくんのこと超ベタ褒め~。
チェブラム氏は宮の故皇帝役をされた大俳優で(こちら)、その演技姿勢や(こちら)後輩達へ父親のような厳しくも温かい眼差しから(こちら)全俳優の尊敬の的。ドクファンくんがそんな大先輩に例えられるなんてすごいことだ!


 '神クイ3'リュ・ドクファン"時になれば入隊すること…シーズン奪われるか心配"
2012年05月15日 (火) | 編集 |
俳優リュ・ドクファンが軍問題を言及した。

15日ソウル、上岩洞CGVで開かれたOCN '神のクイズ3'製作発表会に参加したリュ・ドクファンは劇中シーズン1・2と同じように天才法医官ハン・ジヌを演技する。 彼はシーズン3に新しく合流する刑事キャラクターペデシクを引き受けたアン・ネサンと呼吸を合わせる。

この日アン・ネサンは"'神のクイズ'シリーズのファンであっただけにキャスティングの便りがうれしかった"として"リュ・ドクファンが軍隊に行けばシーズン4・5・6は私が引き受けることとか期待してくれ"という話で現場を笑い海で作った。 これにリュ・ドクファンは"軍入隊と関連した計画は常にしている"として"次のシーズンを奪われるようで言葉を慎む"と才覚があるように答えた。

1987年生まれのリュ・ドクファンは軍問題から自由になれない年齢になった。 彼は"本来軍問題に対して考えないでいたが実際に近づくとストレスを受けたりもする"として"とても深かったり軽いと考えなくする。 時になれば行く。 作品が入ってこなければ…"といたずらに話した。

'神のクイズ3'とは'韓国対法衣観事務所'のエリート医者たちが迷宮に陥った疑問の死を追跡して稀貴病にからまったミステリーを解いていく過程を描いた'神のクイズ'の三回目シーズンだ。 12部作で来る20日夜11時初回放送される。

[ジョイニュース24 2012-05-15 13:54]

※ドクファンくん忘れたふりしてるかもしれんが3年前の記事で(こちら)すぐ入隊するみたく言ってたよね(爆)。お仕事順調だとどんどん欲が出ますよね、そういえば2008年のNHKアジアフィルムフェス以降来日してくてないし。2009年に舞台エクウス観た時日本に必ず行きますって言ってくれた約束(こちら)守るまでまだ入隊しちゃアンデヨ~。

 '神クイ3',結局'話の力'という基本に忠実なドラマ
2012年05月15日 (火) | 編集 |
アン・ネサンがカメラの前であらゆるポーズを取るとすぐに歓声が起こった。 これに負けないようにリュ・ドクファンも'後テ'をお目見えした。 続いたカップル撮影でも二人は手を伸ばすとみられたりハート模様を作った。 取材陣も、司会をした主宰側も、現場を探した'神クイ廃人'らも共に笑い出すほかはない現場だった。

2010年韓国'最初'のメディカル犯罪捜査物を標ぼうして製作されたOCN <神のクイズ>(以下<神クイ>)シリーズはシーズン3を通じて'最長寿'シーズン制ドラマで登板した。 それと共に出演陣はいつのまにか'家族'になっていきつつあるようだった。 3年目一緒にしてきた俳優パク・ジュンミョンのためにリュ・ドクファンはエスコートを自ら要望したし、新しい家族のアン・ネサンとパクヒボン、ハンソジンも大笑いを作った。

<神クイ3>の製作発表会が15日ソウル、麻浦区、城山洞、上岩CGVで開かれた。 この席には新しくメガホンを取ったアン・ジンウ監督とシーズン3まで台本を執筆しているパク・ジェボム作家、そして主要出演陣のリュ・ドクファン、アン・ネサン、パク・ジュンミョン、キム・テジン、パクヒボン、ハンソジンが位置した。

20120515-1.jpg 20120515-2.jpg 20120515-6.jpg
アンネサン氏おちゃめ~^^

[READ MORE...]
 リュ・ドクファン‘神のクイズ3’でカムバック、新しいパートナーアン・ネサンと呼吸‘期待↑’
2012年04月27日 (金) | 編集 |
リュ・ドクファンが‘神のクイズ3’に帰ってくる。

来る5月20日初放送される予定のケーブルチャンネルOCNの‘神のクイズ3’の撮影が始まった。

‘神のクイズ3’は国内最初メディカル犯罪捜査劇を標ぼうしてエリート医者たちが迷宮に陥った疑問の死を追跡して稀貴病にからまったミステリーを解いていく過程を描き出したドラマで独特の素材と硬いストーリーでマニア層を作った。

特に自らを天才と呼ぶ生意気な変わり者天才医師ハンジヌ役のリュ・ドクファンは韓国の‘ハウス博士’と呼ばれて韓国ドラマに以前になかったキャラクターを誕生させた。

何より今回のシーズンにはリュ・ドクファンの新しいパートナーでアン・ネサンが合流して事件解決にあって動物的感覚を持った警察庁特殊捜査界ベテラン刑事ペテシク役を担って変化を予告している。

これに‘神のクイズ3’のカン・ヒジュンPDは“昨年8月シーズン2放映終了以後すぐに企画に入った‘神のクイズ2’が製作を始めた”として“撮影初日からリュ・ドクファン、アン・ネサンは珠玉のようなアドリブで撮影会場を受け付けてブラウン管出撃準備の信号弾を成功的に打ち上げた。 強烈なキャラクター胚胎式の登場でバーディームービーの新しい基準を提示する‘神のクイズ3’に多くの期待お願いする”として期待感を増幅させた。

一方‘神のクイズ3’は来る5月20日初放送を始め毎週日曜日午後11時電波に乗る予定だ。

[ファイナンシャルニュース 2012-04-19 15:06] 元記事はこちらから

20120426-6.jpg

※おおもう来月放送ですか! ちょっとドクファンくん大人っぽくなった?ますますチョスンウ氏化が進んだ感じ(爆)。アンネサン氏とのコンビもお似合いで萌え~。

セカンドシーズンのDVDが届く前にファースト観なきゃ(>_<)

 “観客が気楽に私の手を握ることを試み中” リュ・ドクファン
2012年03月04日 (日) | 編集 |
デビュー20年目の25才中堅(?) 俳優。 子供たちの‘イット プログラム’であるポポポを始めてドラマ‘田園日記’のポクキルが弟スンギリ、ヒョン ビッグバンのGドラゴンと共にキッズ グループ‘シティ オブ エンジェル’のメンバーまで。 縦横無尽活躍で双葉から調べてみたリュ・ドクファンが今‘なる性呼んだ木’に成長している姿はもしかしたらあまりにも当然なのではないだろうか。

4才に<裸の王様>’でデビューして今まで着実に舞台に上がっている彼が現在<下手な人々>の下手な泥棒トクペ役に立つ姿も俳優リュ・ドクファンをより一層注目しなければならない理由だ。

20120304-1.jpg 20120304-3.jpg 20120304-2.jpg 

[READ MORE...]
 リュ・ドクァンにシン・ハギュンは? "尊敬を分かるようにした人"親しい認証ショット
2012年01月07日 (土) | 編集 |
俳優リュ・ドクファンがシン・ハギュンに対して書いた文が話題だ。

最近あるオンライン コミュニティを通じて昨年6月リュ・ドクファンが自身のブログに普段懇意にしていたシン・ハギュンに対して書いた文と共に取った写真を上げたのが一歩遅れて関心を受けている。

リュ・ドクァンとシン・ハギュンは映画‘ウェルカム・トゥ・トンマッコル’で演技呼吸を合わせて縁を結んだ。

ケーブルチャンネルtvN ‘タクシー’に出演したリュ・ドクファンは小さい背丈のために俳優をやめると悩みを打ち明けるとすぐにシン・ハギュンが“君が俳優を継続するならば私がタバコをやめる”と話した後今までタバコを吸わなかったと明らかにすることもした。

以後感謝するということを表わしたリュ・ドクファンにシン・ハギュンが“私がそのような話をしたか?”と話して本来本人は記憶できない姿を見せたと。

このようにシン・ハギュンと懇意な間で有名なリュ・ドクファンは自身のブログに“生涯を生きても多分この人の心遣いと人格を持つことはできないことだ”として“私は年齢が取って多くの弟ができればこの人と同じ配慮をしたい。 そしてこの人と同じ考えを見せてあげたい。 それが兄の心で先輩の心であるようだ”とシン・ハギュンに対する考えを明らかにした。

引き続き“シン・ハギュンという人は私に尊敬というものを分かるようにした。 私がシン・ハギュンになることはできないがお兄さんが持っている心を持つことができる兄になりたい。 そのために私はこの人の背中を見て育っている。 背中を眺めるのに胸がはるかに広いことという考えで私の目標と期待感も大きくなるようだ”と少なかった。

リュ・ドクファンはまた“このように兄様の背中を眺めて広い胸を想像して生きていくならば誰かも私の背中を眺めて広い心を夢見ないだろうか?”と付け加えた。

これを見たインターネットユーザーは“二人とも完全内スタイル” “演技上手くする人同士付いて歩くのか?” “シン・ハギュンの実際の姿がどうか感じられる文だ” “リュ・ドクファン氏‘神のクイズ シーズン3’はいつ頃?” “ハギュン神リュヌニム栄えろ”等の意見を残している。

一方リュ・ドクファンは去る8月放映終了したケーブルチャンネルOCNドラマ‘神のクイズ シーズン2’で天才医師ハン・ジヌ博士で出演して好評を受けたことがある。 シン・ハギュンもまた、現在KBS2月火ドラマ‘ブレイン’で神経外科医イ・ガンフン役に視聴率1位を記録して最高人気を享受している。

[TVデイリー 2011-12-27 18:16] 元記事はこちらから

20120107-6.jpg

※わ~ステキ写真! ますますシンハギュン高感度アップ(爆)。
ジフニはドクファンくんに背中追ってもらえてるのかなあ、ドクファンくんいろんな先輩にかわいがってもらってて、彼の交友関係に仲間入りさせてもらえてるといいのになあ^^


リュ・ドクファンくんも出演してるMBC創社特別企画‘コイカの夢’4回目の話‘スリランカ、青い茶畑に植えた夢’ 2部が明日8日午前9時25分に放送されるそうです~。明日は仕事でもう出かけてるため見られず残念(>_<) 元旦知ってたらあっちで見たのになあ、って根深い木見てた時間か(爆)。

 '請願運動'終わりに'神のクイズ'シーズン3製作確定
2011年11月23日 (水) | 編集 |
自体最高視聴率2.86%(AGBニールセンメディアリサーチ提供、ケーブルオイル価格区基準)を記録して去る8月成功裏にシーズン2を終えたOCNメディカル犯罪捜査劇<神のクイズ>がシーズン3に戻る。

23日午前11時30分ソウル江南区、新寺洞CGV清淡シネシティで開かれた'CJドラマ ビジョン発表記者懇談会'でOCNは<神のクイズ>シーズン3を放送すると明らかにした。 編成は2012年2四半期になる展望だ。

国内最初メディカル犯罪捜査劇という名の下始まった<神のクイズ>は稀貴病を素材にした事件を解いていく過程を描いて大きな愛を受けた。 シーズン1が終わるとすぐに視聴者たちの自発的なシーズン2請願運動が起きたし、これはシーズン2放映終了後'シーズン3請願運動'まで続いた。

リュ・ドクファン、ユン・ジュヒ、パク・ジュンミョン、キム・テジン、チェ・ジョンウなど主助演俳優らやはり一人も抜けなくてシーズン1から2まで出演を繰り返して呼吸を合わせてきた。 これに伴い、シーズン3でもこれらの顔をそのまま見ることができるのかにも関心が集まっている。 また、その間シーズン1,2台本を書いたパク・ジェボム作家がもう一度執筆を引き受けてドラマの完成度を高めるという計画だ。

[オーマイニュース 2011-11-23 11:16] 元記事はこちらから

20111123-10.jpg

※おお、ファンの請願運動の末に制作決定ですか、素晴らしい!
主助演ひとりも欠けずに続編製作されるなんて宮2への後押しにもなるなあ、ドクファンくんもまだまだ兵役おあずけで良い作品を残して欲しいです。


SPOさまシーズン2に3も引き続きよろしく~。


 ク・ヘソン演出作、BIFF上映中領事事故"焦れったい"
2011年10月16日 (日) | 編集 |
'監督'ク・ヘソンが頭を下げた。 想像しない領事事故で観客に直接了解を求める不祥事が広がったこと。

7日午後4時30分釜山、海雲台CGVセンタムシティ スタリウメソン第16回釜山国際映画祭招請作'桃の木'が上映される予定だった。 しかし予期できなかった領事事故で上映が中断される、あきれたことが広がった。 この日は'桃の木'監督および俳優らのGV(Guest Visit:観客との対話)まで予定されていた。

こらえられないク・ヘソンは直接出てきて観客らに了解を求めたし4時50分頃再上映が試みられたがやはり同じ場面でまた再び画面が切れた。

これに釜山国際映画祭側は正常な上映が不可能だと判断、観客らに全額返済措置すると明らかにしたが不満は引き続き出てきた。

この日ク・ヘソンは7時30分海雲台ビーフヴィレッジで野外舞台挨拶も予定されていた。 '桃の木'の主演俳優ナム・サンミとともに舞台に上がったク・ヘソンは"突然の事故でとても焦れったかったがこのように多くの方がきて下さって感謝する"と謝って挨拶した。

'桃の木'はシャム双子兄弟が体験する話を扱った作品でファンタジー的な性格が加味された長編独立映画だ。 ク・ヘソンが演出を引き受けたしナム・サンミをはじめとしてチョ・スンウ、リュ・ドクファンなどが出演した。

一方この日事故と関連釜山国際映画祭組織委員会側は"'桃の木'は映画をデジタル化して高画質のバージョンで上映するDCP上映作"としながら"'映画の殿堂'など試験上映では問題がなかったがこういうかんばしくないことができて当惑する。 CGVシステムと互換に問題があったものとみられるのにより正確な事故原因は現在の把握中にある"と明らかにした。

[イーデイリーSPN 2011-10-07 20:53] 元記事はこちらから

※わたしも観に行きたかった作品、楽しみにしていたファン方々は残念でした(>_<)
ドクファンくんとチョスンウ氏が双子を演じる注目作、マスコミ試写(?)はOKだったみたいですが仕上がり気になるなあ。


たまたまMnetドクファンくんが出てるBrown eyed girlsのMVがやったんで下にしまいます~。

[READ MORE...]
 チョ・スンウ-リュ・ドクファン、ク・ヘソン演出作でシャム双生児演技
2011年09月22日 (木) | 編集 |
俳優チョ・スンウとリュ・ドクファンがシャム双生児兄弟で風変わりな演技に挑戦した。

二人はク・ヘソンが演出した2番目長編映画'桃の木'でシャム双生児兄弟役を担った。

普段容貌が似ていたという評を聞いてきたチョ・スンウとリュ・ドクファンは今回の映画を通じてシャム双生児役を担って演技呼吸をお目見えする予定だ。 映画'桃の木'は今年釜山国際映画祭ビジョン部門に招請されて初めての上映される。

釜山映画祭側は"デビュー作'妖術'で半分の成功に終わったスターク・ヘソンの本当に監督宣言作. 劇中童話的に繰り広げられるシャム双生児ドラマが濃厚なインパクトをプレゼントする。 チョ・スンウとリュ・ドクファンが分限双子キャラクターやナレーティブ構造、劇的呼吸なども目を引いてナム・サンミは'発見の演技'を誇る"と選定理由を明らかにした。

チョ・スンウとリュ・ドクファンのシャム双生児演技が期待を集める映画'桃の木'は10月7日と10日、13日に上映される予定だ。

[ジョイニュース24 2011-09-16 12:19] 元記事はこちらから

20110921-10.jpg

※おおどっちがどっち?(爆) 上がチョスンウ氏で下がドクファンくんかなあ。
いち早くご覧になりたい方は渡韓日程合わせてみては! ジフニ観にくるかもね~^^


 キム・ギドク'アーメン'・ク・ヘソン'桃の木',BIFFでお目見え
2011年09月14日 (水) | 編集 |
キム・ギドク監督の'アーメン'とク・ヘソン監督の'桃の木'が第16回釜山(プサン)国際映画祭を通じて国内で初めてデビューする。

8日午後4時釜山国際映画祭組織委員会はソウル、小公洞ロッテホテルで記者会見を行って来月6日から9日間開かれる第16回釜山国際映画祭全貌を公開した。

これによれば今年釜山国際映画祭ではキム・ギドク監督の'アーメン'と俳優ク・ヘソンが演出した'桃の木'が初めてデビューする。'アーメン'は韓国映画の今日中パノラマ部門で、'桃の木'はビジョン部門で招請された。

'アーメン'はキム・ギドク監督がカンヌに招請された以後ヨーロッパ各地でとった映画.ボーイフレンドを探そうとする韓国少女のミステリーある旅行記を入れた。16日開かれる山勢バースチャングク題詠話題競争部門に招請されたし、釜山国際映画祭を通じてアジア プレミアで上映される。

'桃の木'は持続的な映画製作作業のためにク・ヘソンが直接設立したク・ヘソン フィルムの創立作品.ク・ヘソンの二番目長編演出作でありシャム双子の童話的なファンタジーを入れた。チョ・スンウとリュ・ドクファン、ナム・サンミが主役を演じた。

また、ク・ヘソンの初めての長編映画'妖術'の主人公だった任地キュ、ソ・ヒョンジンとKBSドラマ'受賞した三兄弟'で三番目の息子で愛されたイ・ジュニョクMBCシチュエーションコメディ'屋根突き抜けてハイキック'のチェ・ダニエルなど若い演技者が大挙友情出演を決めた。

第16回釜山国際映画祭は10月6日から14日まで開催される。

[スターニュース 2011-09-08 16:53]  元記事はこちらから

20110913-4.jpg

※えっ、もう撮り終わってたの?というかもう映画祭でお目見えですか(>_<)
ドクファンくんとチョスンウ氏の双子演技、ぜひ映画祭行かれる日本の業界関係者方々お見逃しなく~。


 放映終了 「神のクイズ2」 アン・ヨンジュン、"また生かして下さって感謝"
2011年08月27日 (土) | 編集 |
[<シンクィ2> 放映終了②] <オーマイスター>に所感伝えた製作スタッフと俳優ら

26日放映終了したOCN <神のクイズ2>(以下<シンクィ2>では去る2010年放送したシーズン1に続き大部分の配役がまた姿を表わした。また、シーズン1末にカメオようにしばらく登場したアン・ヨンジュン(チョン・ハユン役)は好評を得てシーズン2では固定出演することになった。これらやはり26日放映終了に合わせて<オブレザースター>に二年行った一緒にした作品を送る所感を伝えた。

[アン・ヨンジュン-チョン・ハユン役] "また生かして下さって感謝する"

シーズン1で強烈な演技でシーズン2から固定出演したアン・ヨンジュンも感慨が格別そうに見えた。 アン・ヨンジュンは"毎シーンごとに感情を捉えなければならなくて常に撮影会場隈に立っていなければならなかったこと記憶に残る"として言い出した。 共に'つくシーン'が唯一多かったリュ・ドクファンに対しても"撮影前は(感情を捉えるのに)一言もしなかった"として"リュ・ドクファンが手をケガした扮装をした時は撮影が終わっていたずらでふうふう吹いてくれることもした"と笑った。

また、アン・ヨンジュンは"画面後から苦労したスタッフらにも感謝して、また助けられたのも感謝する"としてスタッフに感謝するということを表示するのも忘れなかった。引き続き"<シンクィ2>を撮影する終始チョン・ハユンで生きたしチョン・ハユンで死んだ時間だった"として"<シンクィ2>は俳優としての新しい覚悟と確約を持ってきたターニングポイントのような作品"と格別な意味を伝えた。

[パク・ジュンミョン-チョ・ヨンシル所長役] "撮影会場に'ご飯差'呼んだが…"

パク・ジュンミョンは特別に<オブレザースター>に撮影してあった印象深かったエピソードを公開した。すぐに撮影9回のため時共に苦労するスタッフらと俳優たちのために'ご飯差'を呼んだとのこと。ところで反転があった。

パク・ジュンミョンは"キム・ソンド研究官役の代診が(キム・テジン)と肩に力をいっぱい与えてご飯差を呼んだが、次の撮影の日ドクファンが(リュ・ドクァン)ファンクラブ会員たちが出張式バイキングを呼んで現場を訪問した"として"もちろん味がよく食べたが心が縮んだ"と笑った。 だが、まもなく冗談という意味で"ドクファン女神様にとてもよく食べた、感謝すると言いたい"と付け加えた。

引き続きパク・ジュンミョンは"<シンクィ2>が終わるとほっとする一方名残惜しい"として"シーズン2はファンたちのおかげで無事に終わったという考えだ、シーズン3,4,5までさっと行ったら良いだろう"という風を伝えた。

[キム・テジン-キム・ソンド研究官役] "シーズン3出てくるならばまた再び一緒にしたら"

キム・テジンは放映終了所感を聞く質問に一言で"まだ終わっていない気持ちだ"と話した。 引き続き"シーズン3が出てくるならば共に出演した俳優がみな共にすれば良いだろう"として"ファンとしてもシーズン3を期待している"と話した。

キム・テジンは'雨'のために撮影会場であった小さい事件もびっくり公開した。 スタッフは豪雨によって湿気が多いセット場を"一週間に一回ずつ家大掃除するように"整えておかなければならないことはもちろんでリュ・ドクファンが撮影途中すべりやすい底に倒れる事故も起きたとのこと。 キム・テジンは"幸い大きいカバンを持っていて大きくケガしてはいない"と説明した。

最後にキム・テジンは'シンクィ マニア'を自任してシーズン3請願運動を行うなど惜しまない声援を送ったファンたちにも感謝した心を伝えるのを忘れなかった。 彼は"シーズン1,2をたどりながら私どもよりファンたちの見識がさらに高まったようだ"として"粗雑に見えてはファンたちにひどい目にあうようで熱心にした"として"とても感謝する"と話した。

[チュ・スンウク-パク・トジュン刑事役] "<神のクイズ>は初恋のようなドラマ"

チュ・スンウクは"最初、最高同じ単語が好きなのに最初のメディカル捜査ドラマであり同時間帯最高の視聴率を争う作品で演技できて所感が格別だ"と話した。7年間俳優で演技してきたが、チュ・スンウクは<シンクィ>で多くの人々に知らされることになった。それだけ<神のクイズ>に対する愛情も格別だった。 チュ・スンウクは"<シンクィ>は初恋のようなドラマ"として"男は初恋を胸に刻まれるという話のように、長い間の時間が過ぎても忘れられないドラマ"と所感を伝えた。

シーズン2放送ずっと'ピピーっとさく烈する'アドリブでも多くの愛を受けたチュ・スンウクは"事実そのアドリブは即興的に出てくるのではなくあらかじめ6~7ヶずつ準備したこと"としながら秘訣を公開することもした。 合わせてファンたちにも"初めての出来事だとちょっとぎこちないが、今は楽しんでいる"として今後も'俳優チュ・スンウク'を見守ってもらうを頼んだ。

[オーマイニュース 2011-08-27 17:20] 元記事はこちらから

20110827-10.jpg 20110827-12.jpg

※同じキャストでのシーズン制かあ、、、いいドラマチームだったんだな、羨ましい!

 リュ・ドクファン、"「シンクィ2」、残すことなく遊んでみた感じだ"
2011年08月27日 (土) | 編集 |
[<シンクィ2>放映終了①] <オーマイスター>に所感伝えた製作スタッフと俳優ら

'韓国型シーズン制捜査物'の可能性を見せたOCN <神のクイズ2>(脚本パク・ジェボム演出道しるべ、以下<シンクィ2>).最高視聴率2.59%(7月15日6回<マニアック>、AGBメディアニールセンリサーチ ケーブルオイル価格区基準),ファンたちの自発的な'シーズン3請願運動'など<シンクィ2>は数多くの話題を起こした。

26日で最後の放送をむかえた<シンクィ2>を作ったこれらに放映終了所感を尋ねた。"残すことなく遊んでみた"という話から"初恋のような作品だ"という話まで、主演俳優および製作スタッフは<オブレザースター>に自分たちの心の中言葉を取り出してくれた。

[イジョンピョPD] "前にシーズン3行くならば…"

イジョンピョPDはシーズン2に初めて<シンクィ>メガホンを取った。このPDは"<シンクィ2>ではキャラクターを得た"として"シーズン1でつくせなかったキャラクターの構築をシーズン2ですると話したが、ある程度はキャラクターが捕えられたと考える"と口を開いた。だが、このPDは"終盤に時間に追われて見たらさらに派手にさせることができないことは惜しい"と付け加えた。

現場の雰囲気を尋ねた質問には"あまりにも和やかだったし、通常のドラマより家族のようにお互いを取りまとめた"として共にした製作スタッフと俳優らに感謝の気持ちを表わした。 引き続き"後半では俳優らどうし知らず知らず善意の競争もあって見守る演出家ではだいぶおもしろかった"として"前にシーズン3を製作するならばシーズン制が定着する最初のドラマにならないだろうか期待される"と話した。

[パク・ジェボム作家] "マニアら違ったとすればこんなにまで犯すことができなかったこと"

パク・ジェボム作家は"一番重要なことは視聴者方々に、<シンクィ>マニアらに感謝申し上げるようだ"として"その方が違ったとこのようにまで犯すことができなかったことだ"と大きく笑った。

パク・ジェボム作家はシーズン1から一緒にしてきた俳優らにもしたかった話を伝えた。 先に主演のリュ・ドクァンには短くて太く"ドクファンが苦労多かった"という話を、ユン・ジュヒには"消化しにくい配役だったこともあるのにとてもよくした"として"本来も良い俳優だったが今回のドラマでより一層成長した姿を見ることができた"という激励を惜しまなかった。

また、パク・ジュンミョンには"役割も所長(訴状,小腸)だったが、常に撮影会場の中心だった"として"演技は言うまでもなくて、常に意志になる人"と全面的な信頼を、キム・テジン‧チュ・スンウクには"が友人はあまりにも永くしてきたのでそのまま本当に気楽な弟(妹)のようだ"として愛情を表わした。

[リュ・ドクファン-ハン・ジヌ博士役] "残すことなく遊んでみた感じ"

リュ・ドクファンは<シンクィ2>撮影が終わった後家族らと共にしばらく旅行してきた後、現在休息を取るところだ。リュ・ドクファンは"(スタッフと俳優ら)皆とても苦労したし、有難いと言いたい"として"昨日鐘方椽(26日)にも研究所家族ら何人と最後まで残って共にした"と温かかった(?)鐘方椽の雰囲気を伝えた。 合わせて鐘方椽でリュ・ドクァンのファンたちが特別にケーキを作って放映終了を祝ってくれたし、チュ・スンウクのファンたちは<シンクィ>カレンダーを製作してきてすべてのスタッフらにプレゼントしたという後聞を聞かせることもした。

シーズン1と2で主人公を引き受けて縦横無尽活躍像を広げたリュ・ドクファンは"ドラマ作業をしながら映画とは違ったことを感じた"として"楽しい作業であったし、演技しながら残すことなく遊んでみた感じだった"と<シンクィ2>まで終えた所感を明らかにした。

引き続き"映画はすべての作業を終わらせて出てきて(ファンたちの)フィードバックを受けるが、ドラマは演技をしながら放送になるとリアルタイムで反応がくるのがおもしろかった"として"こういう部分は<シンクィ>マニアやファンたちがいたので可能なことだった、おかげでドラマ作業の魅力を発見することができた"と持続的に<シンクィ>を見守ったファンたちにも有り難みを表わした。

[ユン・ジュヒ-カン・ギョンヒ刑事役] "共に撮影する俳優らおかげ、おもしろく撮った"

ユン・ジュヒは"撮影が大変だったが共に撮影する俳優がいたのでよく合わせておもしろくとることができた"と話した。シーズン1時から大部分の出演陣が共にしてきた<シンクィ>だけの格別なチームワークをのぞけるような項目だった。

引き続きユン・ジュヒは"一度はファンクラブ会員たちが撮影会場を訪問して下さった"として"苦労すると応援もしてくれてスタッフらと共に食べられるようにバーベキューパーティをしてあげましたが、それが本当に有難かった"としてファンたちに感謝するという言葉を必ず伝えたいといった。

ユン・ジュヒは現在KBS週末ドラマ<烏鵲橋兄弟ら>を撮影している。固定ではないが、友情出演の形式でしばらく顔を映すこと。ユン・ジュヒは"前にどんな作品をするのか準備している"として"常に話すことだが演技が上手な俳優になりたい"という抱負を表わした。

[オーマイニュース 2011-08-27 17:21] 元記事はこちらから

20110827-7.jpg 20110827-8.jpg 20110827-9.jpg

※もしかして正劇初のシーズンドラマ? ドクファンくんの代表作になりますね^^

 '神のクイズ2'リュ・ドクファン、ユン・ジュヒといよいよキスシーン撮って'歓呼'
2011年08月27日 (土) | 編集 |
'神のクイズ2'でリュ・ドクファンがいよいよキスシーンに対する恨みをはらした。

OCNメディカル犯罪捜査劇'神のクイズ2'最後の災いでリュ・ドクファンはユン・ジュヒとのキスする場面を撮って話題だ。

その間リュ・ドクファンは忠武路の演技天才と呼ばれるところに反してキスシーンとは唯一距離が遠い俳優に選ばれた。

リュ・ドクファンは最近映画'リンク'でもキスシーン分量が編集されて劇中キスが不発になったりもしたと。

'神のクイズ'ではシーズン1から早目にリュ・ドクファンとユン・ジュヒのラブモードが形成されたが、手を握ったり抱擁するなど軽いスキンシップが前付与物足りなさを買うこともした。

これにリュ・ドクァンは'神のクイズ'シーズン2製作発表会で"監督様にキスシーンを必ず入れてくれと強力に要請した"とびっくり発言して目を引くこともした。

結局26日放送された'神のクイズ2'最終話でリュ・ドクァンとユン・ジュヒは美しいながらも切ないキス シーンで視聴者たちの心をとらえた。

特に、ユン・ジュヒは感情に没頭したあげく、冷静な刑事のイメージを脱いで涙腺が爆発したという後日談。

一方、'神のクイズ'でリュ・ドクファンは天才外科医ハン・ジヌ博士役を担って鋭利な推理と天才的な医学知識で稀貴病と迷宮に陥った強力犯罪を解いていく役割を受け持ったし彼のパートナーユン・ジュヒは知性と美貌を整えた美女女刑事'カン・ギョンヒ刑事'で活躍している。

[エクスポーツニュース 2011-08-27 01:53] 元記事はこちらから

20110826-5.jpg

※こんなネタバレならいいよね、ドクファンくんチュッカヘヨ~^^

 'シンクィ2',息が詰まる反転'破格エンディング'..シーズン3暗示
2011年08月27日 (土) | 編集 |
OCNメディカル犯罪捜査劇'神のクイズ2'(脚本パク・ジェボム演出道しるべ)が息が詰まる反転をプレゼントして破格的な結末を結んだ。

26日放送された'神のクイズ2'最終話'最後の聖戦2部'では殺人寃罪をこうむって追撃されるリュ・ドクファン(ハン・ジヌ役)とアン・ヨンジュン(チョン・ハユン役)の最後の対決が描かれた。

20110826-4.jpg

※以下最終話超ネタバレですのでご注意を~↓

[READ MORE...]
 OCN ‘神のクイズ’、シーズン3請願デモ?
2011年08月26日 (金) | 編集 |
OCNのメディカル犯罪捜査ドラマ<神のクイズ2>が来る26日夜12時最後の12話放送を控えているなかで、インターネット上で‘シーズン3’署名運動が繰り広げられて話題を産んでいる。 <神のクイズ>ドラマ ファンたち、別名‘シンクィ マニア’らが製作スタッフと俳優らを相手にシーズン3放送製作を要求する署名運動を広げていること。

現在ダウム、アゴラ(http://agora.media.daum.net/petition/view?id=109989)で自発的に繰り広げられている署名運動は2400人を越えるネチズンが参加、目標にした2000人を遥かに越えた状況だ。

コメントには“シーズン3が製作される時まで無条件待つでしょう”、“もう最後とはとても惜しい。 シーズン3必ず始まります”、“神のクイズこのまま送りたくありません”、“ミドゥのようにシーズン制でまっすぐ行ったら良いだろう”などの意見が提示されている。

<神のクイズ>はシーズン1放映終了当時にもシーズン2製作請願運動が繰り広げられて、国内ドラマ最初に自発的なファンたちの請願運動に力づけられてシーズン2が誕生して話題を産んだ。 それだけでなく、ツイッターではリュ・ドクファン(ハン・ジヌ博士役),ユン・ジュヒ(カン・ギョンヒ刑事役),パク・ジュンミョン(チュヨンシル法衣観役),キム・テジン(キム・ソンド研究官役)はもちろん助演キャラクターに至るまでファンたちが直接‘トゥウィッポッ’を作って運営するなど話題追求をしている。

<神のクイズ>製作スタッフ側は“シーズン1に続きシーズン2でも変わりない視聴者たちの多くの愛に身を置くところを分からない”として“まだシーズン3製作に対しては議論前段階だが、決定されればファンたちに一番最初にお知らせすること”と明らかにした。

一方、来る26日夜12時には最終化‘最後の聖戦2部’が放送される予定だ。 殺人寃罪をこうむって逃亡者になったリュ・ドクファン(ハン・ジヌ博士)は決定的な瞬間にサイコパス アン・ヨンジュン(チョン・ハユン役)の助けで劇的に命を救うことになる。 だが、ますますアン・ヨンジュンは見た姿を表わして最後の対決を広げる。 果たして隠されたプレンテクの陰謀と真実は何か、リュ・ドクファンは命をかけた対決と追撃戦で生き残れるか手に汗握る興味深いストーリーと想像できない反転が視聴者たちを待っている。

<神のクイズ>(脚本パク・ジェボム演出道しるべ)は‘韓国対法衣観事務所’のエリート医者たちが迷宮に陥った疑問の死を追跡して、事件の秘密を明らかにして捜査する過程を入れた国内最初メディカル犯罪捜査劇で、シーズン2では事件だけでなくスケール、CG,アクションなどが一層アップグレードされて帰ってきたし最高視聴率2%を突破して話題を産んでいる。

[ヘラルド経済 2011-08-25 10:41] 元記事はこちらから

※明日最終回かぁ、、、日本放送の吉報を心からお待ちしています~;;

20110825-3.jpg

別の記事から写真だけ~。最後の聖戦、その結末やいかに?してシーズン3は!?

 アン・ヨンジュン、"サイコ?私の限界が気になる"[インタビュー]
2011年08月20日 (土) | 編集 |
子役イメージが固まっていた俳優アン・ヨンジュン(24). ケーブルチャンネルOCNドラマ‘神のクイズ’を通じて成人演技者で位置づけたアン・ヨンジュンは‘神のクイズ2’でサイコ パス チョン・ハユン役を担って神がかりになったような演技で視聴者たちの感心をかもし出している。

アン・ヨンジュンが引き受けたキャラクターはシーズン1で強い印象を残して死を迎えた。 視聴者たちの呼応の中に始めたシーズン2で驚くべきことにアン・ヨンジュンは復活した。 アン・ヨンジュンの復活は予告されたのではなかった。 ものさびしくアン・ヨンジュン、彼の力で勝ち取った成果だ。 ニュースの中ヘッドラインだけで接するだけ周囲で簡単に接するのが難しいサイコ パスを演技するということ、難しくなかったのだろうか。

“事実シーズン1の時は台本を受けて二日後から撮影でした。 現場で相手方が与えるエネルギーを信じて撮影しましたよ。 だが、シーズン2は死んで生き返ったキャラクターなので負担が大きかったです。 シーズン1の時反応もあまりにも良かったんですって。 よくするつもりだという負担はあったがキャラクターはおもしろくて気楽でした。 私が本来感情起伏がある性格だとその部分をもう少し極大化させれば良かったです。 誰でも胸中にサイコ パスのような面を内包して生きるでしょう。”(笑い)

インタビューずっと冗談をやり取りする時は子供のような微笑を見せた彼だったが演技に対する情熱と欲だけはすごく見えた。

今年の初め封切りした映画‘逮捕王’中での姿が印象的だったと話すとすぐにアン・ヨンジュンはびっくりして自身のキャラクターを記憶するかと問い直した。

“ほとんど初めて私の年齢に合う役割をしたので負担感がありました。 だが、現場で先輩が本当に良く持て成されました。 先にきて冗談も歩いて下さったので先輩らとの作業なので難しい点は全くなかったです。 イ・ハンウィ先輩のおかげで本当に愉快に撮影しました。”(笑い)

欲張りな俳優アン・ヨンジュン. インタビュー前アン・ヨンジュンという名前をポータルサイトに検索した時とりわけたくさん見えた‘演技を上手くする俳優’という修飾語に対して本人はどう思っているのか気になった。 彼は笑いを見せて恥ずかしいとしながらも自身の考えを物静かに打ち明けて相手を妙に引き寄せる力を持っている俳優であった。

“私は常に‘私の終わりはどこか’という考えを持って演技に臨みます。 私がとても難しくなるキャラクターが良いです。 私の限界を試験してみたいことでしょう。 20代なので挑戦可能な役割らをたくさんしてみたいです。 20代だから大変な役割も持ちこたえることができるということだと考えます。”

1987年に生まれたアン・ヨンジュンは今年数え年で25才だ。 同じ年頃友人らのように愛と恋愛にも真っ最中関心が多いナイイルテンも惜しくも(?) 彼は‘戦友’、‘神のクイズ’、‘ヘアーショー’等主に俳優らと撮影をたくさんした。 美しい女優らとの撮影に欲が出ないかと尋ねるとすぐにアン・ヨンジュンは待っていたというばかりに答える。

“あのロマンチック コメディが本当に好きです。 ‘猟奇的な彼女’でキョヌの役割はいつになっても必ずしてみたいです。 その映画が大韓民国ロマンチック コメディの教科書のような作品だと考えますね。 チョン・ジヒョン氏が‘キョヌ、ごめんね’という場面ではまだ涙が出ます。”(笑い)

楽しくなってチョン・ジヒョンをまねるアン・ヨンジュンの姿で同じ年頃男の子(?) 特有のいたずらっ子のような姿が伺えた。 ふとアン・ヨンジュンの家族関係が気がかりだった。 彼は“お父さんは70才を越えられたし、大きい姉は40を越えました。 完全末っ子です”という返事を出す。 愛をたくさん受けて育ったという話をするとすぐに彼は首を左右に振る。

“厳しく育ちました。 末っ子なので無作法だという声聞くかと思ってさらに厳しく対したでしょう。 演技をするといった時も反対がものすごく激しかったです。 大人たちはまだ芸能人を‘考えによって’で見るから説得しやすいことはありませんでした。”

年の差が多い兄弟と育つならば同じ年頃に比べて鉄が早く持って考えが早熟なものだ。昔の歌が好きかと尋ねるとすぐにアン・ヨンジュンはくやしいように“事実以前にカラオケを行けば友人は全部H.O.Tの歌を歌ったが私一人でノイズ歌を歌いました”と答える。 この同じ話に共に席にあった他の人々は全部笑い出したが彼は知ることしなくて話を繋いでいった。

彼は“事実この頃流行する歌らがよく分からないです。 マネジャーとともに車に乗って行く時聞く音楽が全部です”と話した。 この時意地悪く少女時代が何人なのか知っているかという質問を投げるとすぐにアン・ヨンジュンはひとまず笑いで危機をまぬがれた。

“音楽を聞けば誰の歌というくらいは分かります。 ところで何人なのかは... 何人でしょうか?”(笑い)

[毎日経済 2011-08-08 08:19:17] 元記事はこちらから

20110820-2.jpg 20110820-3.jpg

※こうしてるとイスンギくんみたいでかわいいのにドラマじゃどんなだろ!「ヘアショー」にも出てるんだ?録ってるだけで見てないんで今度チェックしてみよう^^

 '神クィ'最終回、2週特別放送"映画凌駕すること"
2011年08月20日 (土) | 編集 |
最終回を残したOCNメディカル犯罪捜査劇'神のクイズ2'が最終回を1・2部で分けて2週間特集放映する。 これに伴い'神のクイズ2'最終話は来る19日と26日2週にかけて視聴者を探す。

去る9話が死んだと思った宿敵アン・ヨンジュン(チョン・ハユン役)とリュ・ドクファン(ハン・ジヌ博士役)が初めての対面しながら幕を下ろした'神のクイズ2'とは'最後の聖戦'という最後の回を通じてブロックバスター映画劣らないスケールとアクション、破格的な展開をお目見えするという計画だ。

この日放送ではベールに包まれた疑問の医学研究所プレンテクとリュ・ドクファンの間に最後の先日が繰り広げられる。 お父さんのような存在であったチャン・キュテ教授(チェ・ジョンウの方)がリュ・ドクファンをだましたまま、プレンテクと断ることはできない取り引きをしながらリュ・ドクァンは最高の試練をむかえることになる。

だけでなく、プレンテクの実験で無気力なことはようだったアン・ヨンジュンは突然病院を脱出をして、反対にますます狂気を増すリュ・ドクファンはついに殺人容疑者で指定されるなど隠された陰謀もあらわれる。 ベテラン俳優チョンムソンはプレンテクのあくらつなボスを演じる。

'神のクイズ2'製作スタッフは"シーズン1でリュ・ドクファンとアン・ヨンジュンの対決を凌駕する最後のストーリーを準備した"として"視聴者たちの想像を超越する興味深い見どころを期待しても良いだろう"と付け加えた。

[マネーツディ スターニュース 2011-08-19 10:49] 元記事はこちらから

20110820-1.jpg

※朝つぶやいた記事。最後の聖戦か~、壮絶そう(>_<)

 '神クイ2',リュ・ドクァンVSアン・ヨンジュン出会い'鳥肌立つエンディング'
2011年08月15日 (月) | 編集 |
OCNメディカル犯罪捜査劇'神のクイズ2'が'聞くな殺人'を素材で、私たちの社会の恥部を赤裸々に光を当てて視聴者たちの目を引いた。

去る12日夜12時放送された'神のクイズ2' 10話'モンスター'編ではストレス解消のために何のためらう事なく暴力と殺人を犯す社会問題を正面から扱って視聴者たちの好評を受けた。

この日放送では路上の路上生活者が疑問の死体で発見されて、死んだ老人の手中に疑問の金属装置が発見されながら捜査が始まった。

だが、電気装置が作られたところは思いのほか英才を育てる科学高校内部であった。 結局天才的な頭脳を自慢する模範生が自身のストレスを解消するために金属装置を利用、ためらう事なく暴行と殺人を犯したことが明らかになって視聴者たちを憤怒させた。

一方医学研究所プレンテクの陰謀でますます悪人に変わっていくリュ・ドクァンの二重的な姿があらわれて視聴者たちの気がかりなことを増幅させた。あたかも'ジキルとハイド'を見るように、善と悪を行き来するリュ・ドクファンの名品演技が絶頂に達して視聴者たちの目と耳が集中した。

特に最後の場面ではシーズン1で死んだと思った宿敵アン・ヨンジュン(チョン・ハユン役)と彼の存在を知ることになったリュ・ドクァンの初めての対面が描かれて鳥肌出るエンディングをプレゼントした。

これを見守った視聴者たちは"前に2話だけ残ったとのことが非常に惜しい","リュ・ドクファンとアン・ヨンジュンの対面場面では本当に全身に鳥肌が出るほどであった"等の意見を上げて好評した。

製作スタッフは"もう最後の最終2話だけを残している。途方もない反転と共に想像を超越する興味深いストーリーでシーズン2を終わらせるだろう"と伝えた。

[スターニュース 2011-08-14 10:16] 元記事はこちらから

20110815-5.jpg


[READ MORE...]
 アン・ヨンジュン、"サイコパス演技難しいかと?興奮します"
2011年08月15日 (月) | 編集 |
ケーブルチャンネルOCNメディカル犯罪捜査劇‘神のクイズ’シーズン1で鳥肌出るサイコパス演技を披露して、ブラウン管を熱い雰囲気にしたアン・ヨンジュンが復活した。シーズン1最後の会で死んだと思ったアン・ヨンジュンがシーズン2を通じて復活するとすぐに視聴者たちは全部熱い反応を見せている。

つま先から髪の毛あるオールあるオールまで死の神‘タナトス’チョン・ハユンと見えたいというアン・ヨンジュンはシーズン2で復活する所感が格別だ。すでに24才の堂々としている青年だが自身に依然として残っている青少年ドラマ‘四捨五入’の幼いティーを脱ぎたい欲もあるが、それより今は演技が‘狂ったように’おもしろいためだ。

狂ったように演技がおもしろくて、現場にある自体があまりにも幸せで、一日中現場で生きても物足りなさが残って一人で時々シナリオ作業までしている、欲多くの24才の青年アン・ヨンジュンに会った。

20110815-2.jpg 20110815-3.jpg 20110815-4.jpg

[READ MORE...]
 "社会'にらむ'ドラマも一つくらいなければ"
2011年08月15日 (月) | 編集 |
ケーブル チャネルOCNの'神のクイズ'は野心満満なドラマだ。

稀貴病という侮れない素材に科学捜査物の表皮を加えて法衣観事務所の医者たちが稀貴病と関連になった疑問の死を追跡、事件の秘密を明らかにする過程を描く。

米国ドラマとすれば'CSI'と'ハウス'を合わせたわけだ。

無謀な試みまで見えるこのドラマは昨年10月初めて顔見せした後'期待以上'という評価とともにマニア層をかき集めた。シーズン1は視聴率3%に肉迫する人気を呼んだし視聴者たちの関心は去る6月始まったシーズン2まで続いている。

来る26日放映終了を控えたシーズン2は私たちの社会の不条理に焦点を合わせて刃が鋭くなったメッセージを伝える。

作家パク・ジェボム(40)はシーズン1,2にかけて野心に充ちた作業を単独で受け継いできている。

最近広壮洞(クァンジャンドン)作業室近所で会った彼は気さくな隣の家おじさんに近かった。しかし"シーズン2の主題は一言で'にらもう'であった"として目を輝かせる時は作家として欲が感じられた。

"シーズン1が稀貴病で代弁される少数者に関する話だったらシーズン2は社会批判的なメッセージを扱います。ハン・ジヌという明るくて明るい主人公が人間と社会の肺を刺した時感じがどうか見たかったです。"

作家の意図は主人公の天才医師ハン・ジヌ(リュ・ドクファン)の口を通じて伝えられる。 ハン・ジヌは事件解決を主導して社会の不条理に向かった批判をよどみなく吐きだす。 このような点でメッセージをとても直接的に伝達するのにならないかとの指摘もある。

パク・ジェボム作家は"直接的なメッセージが悪いとは考えない"と話した。

"がドラマはこういうジャンルを初めて接する方々を考えて使うのです。思ったより小中等生ファンが多かったんですよ。それで簡単にばらし書きしなければならないと考えました。社会的なメッセージを得たい方たちもいると考えます。人々を笑わせるロマンチック コメディや生活劇でなくとも私たちの同じドラマ一つあると非難される理由がありましょうか。"

彼は"青少年がたくさん見たら良いだろう"として"先導次元でなくこのようにするということに考えてみるとすぐにという大人たちもいるとのことを見せてあげたい"と強調した。

稀貴病と科学捜査二人とも容易ではない素材という言い出すとすぐに彼は"肝が腫れた。今でも大変だ"として笑った。

"欲を出して始めるのです。本来純粋メディカル物であったのに刑事物が追加になりました。血を吐いてもしてみるとすぐにという心情でしました。しているから次第おもしろかったんですよ。"

事前調査から侮れなかった。彼の表現を借りれば'屑拾いのように資料を席巻する'過程が続いた。補助作家と二人で各種専門資料を検索して専門医の助けも受けた。彼は解剖検査も何度も参観した。

"稀貴病一つを見ればその併科関連になった病気が3~4種類があります。探さなければならない資料もそれだけ増えます。インターネット資料は効果がありません。医学紙、稀貴病関連協会資料を検索します。実際診断が難しければドラマにもそのまま反映します。医者たちの診断難易度と劇中プゴムィドゥルの診断難易度が共に行く計算でしょう。"

'神のクイズ'が米ドラマにたびたび比較されたりするが彼は1970~80年代人気ドラマ'捜査班長'が'神のクイズ'にさらに近いといった。

"'CSI'はとても冷たくてテクニック中心です。反面私たちは感情を重要視します。我が国視聴者たちが情が多くて移入が上手です。ドラマもそこに合うようにグリル必要があります。そうした点で'捜査班長'が私たちと近いです。'捜査班長'の班長様は冷静な刑事でなくお隣りおじさんのようでしょう。犯罪者らもそれぞれ理由があって人間的です。"

'神のクイズ'の面白味は興味深い素材他にもハンジヌのキャラクターでも探すことができる。 稀貴病を病むハン・ジヌはウィットがあふれて人間的だが内面には世の中に対する怒りと傷を隠している。

パク・ジェボム作家はハン・ジヌに対して'祝福が呪いを呼んだキャラクター'と説明した。

"才能と人を消す魔力があるのにそれのために大変なことでしょう。初めには日外敵の分野は面倒がる30代男だったがリュ・ドクァン氏がどうなのかという話を聞いてはその友人に合うようにキャラクターを変えてみたが大丈夫だったんですよ。事実ジヌの語り口に私の語り口も入っています。'エヘ~なぜこうするか'これは私の語り口です。"

俳優リュ・ドクファンに対する称賛が続いた。

"撮影に入れば最初から血液が変わってしまうようです。それでNGがそのまま放送される場合も多いです。キャラクターを自分化してよく作り出しています。私がめちゃくちゃに出す注文に'分かりました、してみます'とあらまし話すのに放送を見れば正確に表現やり遂げます。"

彼は最も愛着がある人物ではシーズン1初回に登場した'吸血鬼病'ポルフィリン症患者在席(キム・テウ)を挙げた。

彼は"孤独で断絶した人物という点で私自身がたくさん移入された"として"人々と近づきたいが病気のために人々の誤解を生じて意図でない状況に追い込まれる姿が私たちの人生同じだった"と説明した。

KBS脚本公募展に当選しながらドラマ作家の道に入った彼は幼かったときから恐怖映画ファンだった。 'イブをデッド' 'エクソシスト' '悪魔の種'のような恐怖映画を見て話屋になりたいという夢を育てたしその夢は相変らず有効だ。すでにシーズン4までエピソードを確保したという彼はシーズン3をするならば人間内面の根源的な悪を扱いたいといった。

"尊属殺害や近親相姦のように最悪の事件を通じて私たちがよく分からない人間の姿を触ってみたいです。多分さらに過激になることができるでしょう。本来そのような事件の関連者はそれがどれくらい悪い問題かわからない場合も多いがそんなことがどれくらい悪かったことか描きたいです。"

'神のクイズ'がマニア層の熱烈な支持を受ける点に対しては自負心を表わした。

"マニアを持つことだけに幸せなことがどこありますか。その方らに餅配りたい心です。1年にドラマ何十編が出てくるのにそのまま流さないドラマを作っているというのが気持ち良いです。初めから最後まで見守る人々がいるという事実が途方もない刺激剤になります。"

[聯合ニュース 2011-08-14 07:10] 元記事はこちらから

20110814-13.jpg 20110814-12.jpg 20110814-14.jpg

※すごい、シーズン3や4の構想もあるんだ! ドクファンくんチョスンウ氏との映画もあるし忙しい~。入隊はまだ当分先かな?

 '神のクイズ2'リュ・ドクファン、名品演技炸裂'ジキルとハイド'
2011年08月13日 (土) | 編集 |
俳優リュ・ドクファンがあたかも‘ジキルとハイド’にビングのよいような爆発的な演技力をお目見えする。

最近ケーブルチャンネルOCNで放送される‘神のクイズ2’でリュ・ドクファンは変わり者天才外科医ハン・ジヌ博士役を担って人気を独占している。

現在この放送が最終3回だけを残しているなかで来る12日10話‘モンスター’編でリュ・ドクファンは鳥肌出る二つの顔を演技して‘狂った存在感’を発散する予定だ。

この日放送でリュ・ドクファンは自身も知らないうちに悪漢本性を表わして破格的な表情と行動で視聴者たちを恐怖のるつぼに追い詰めると。

あたかも‘ジキルとハイド’になったように善人で悪人で180度急変するリュ・ドクファンの表情演技が圧巻だと伝えた製作スタッフは薬を投与受けたリュ・ドクファンのからだにおかしな変化が進行しているということを極端に見せる場面になることだと耳打ちした。

一緒に今後残った11,12話でリュ・ドクファンはシーズン1で死んだと思った宿敵‘チョン・ハユン’が生きているという事実を悟って自身を囲んだミステリーを掘るために命をかけた冒険を広げる予定だ。

OCN側は“今回の10話はシーズン2結末のため巨大な伏線のように興味深いストーリーが構成されること”としながら“リュ・ドクファンの名品演技が視聴者たちをひきつけると確信する”と明らかにした。

一方‘神のクイズ’は‘韓国対法衣観事務所’のエリート医者たちが迷宮に陥った疑問の死を追跡して事件の秘密を明らかにして捜査する過程を入れた国内最初メディカル犯罪捜査劇で最高視聴率2%台を突破して話題を産んでいる。

[ファイナンシャルニュース 2011-08-12 15:26] 元記事はこちらから

20110813-2.jpg

※クライマックス近し、ドクファンくんの演技にも熱が入ってるようで!
さすがリトルチョスンウ(過去記事はこちら)、もう似てるのは顔だけとは言わせない実力派だ^^


いきなりDVD化でいいからどうか日本リリースお願いしますっ(>_<)

 'リュフォース'リュ・ドクファン、2040女性視聴層ぎゅっと捉えた
2011年08月07日 (日) | 編集 |
OCNメディカル犯罪捜査劇'神のクイズ2'が現在までただ3話だけを残しておいているなかで、リュ・ドクファンの活躍に力づけられて2040女性視聴層で視聴率1位を記録した。

後半部に行くほどより一層興味深い事件があふれて視聴者たちをTVの前でかき集めていること。

5日夜12時放送された9話'ブラッド セール'方が25~49才女性視聴層で同時間帯視聴率1位(最高視聴率1.57%)を記録して女心をひきつけた。 家具視聴率もまた、平均視聴率1.87%、最高視聴率は2.48%まで沸き上がってケドゥの自尊心を守った。 (AGBニールセンメディア リサーチ基準)

この日放送では史上初の貴重血液売買事件を扱って序盤から視聴者たちを緊張させた。 'ボディーバーボディーバー兄'という貴重血液を持った者が手首が引かれたまま疑問の事故に遭って、ベールに包まれた犯人がこの事実を自ら情報提供しながら興味深い捜査が繰り広げられたこと、

特に、変わり者天才'リュ・ドクファン'(ハン・ジヌ博士扮)が探偵にびっくり変身、火花散る活躍で女性視聴者らをひきつけた。

別名'リュ・ドクファン特集'で呼んでも良い程、猛活躍を広げて一時も目を離すのが難しい名場面が続いたと。 カリスマありながらもふっくらと飛ぶユーモアコードまで自由自在に駆使する'かわいいリュフォース'リュ・ドクファンに女性視聴者が熱狂しているということが製作スタッフの話に気がそそられる。

特に、この過程でリュ・ドクファン-ユン・ジュヒ(カン・ギョンヒ刑事役)の'手の甲キス'など、あれやこれやロマンスも開くを加えて、女心を刺激した。 だけでなく、息つまるように流れた事件は'犯人の自作劇'という予想できない途方もない反転をプレゼントして最後まで最高の見どころをプレゼントしたという評価を受けることもした。

視聴者掲示板と公式ツイッターアカウントでは"もう3話しか残っていなかったということがとても惜しい。 必ずシーズン3が製作されたら良いだろう" "リュ・ドクファンの素敵な活躍とユン・ジュヒとの手の甲キスがとても可愛かった" "今日も間違いなく最高のエピソードだ。 1週間をどのように待つのか心配だ"等の意見が上がってきて好評を受けた。

一方、OCNメディカル犯罪捜査劇'神のクイズ2' 9話'ブラッド セール'編は来る7日(日)夜11時再放送される。

[OSEN 2011-08-06 10:52] 元記事はこちらから

20110806-5.jpg

※すごいなあ、ドクファンくん活躍だ^^

見たいなあ~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。